本日 94 人 - 昨日 149 人 - 累計 127190 人 サイトマップ

産後のトラブル

  1. HOME >
  2. 産後のトラブル
産後のトラブルで多い症状

・腱鞘炎
赤ちゃんを抱き続けたりする、お風呂など常に手首に負担がかかり腱鞘炎になります。放っておくと、痛みが強くなり、家事や育児など生活に支障が出やすいです。

・風邪
夜の授乳など生活のリズムが安定しづらいので、寝不足や休養不足・疲れなどで体力が落ち風邪を
ひいてしまうことがよくあります。
夜の授乳などはなるべくカラダを冷やさないように気をつけましょう。
バランスの良い食事で体力や免疫力をつけることも大切です。

・マタニティーブルー
産後数日ほど過ぎたころから、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーです。
ホルモンの減少が原因とされていて、数日から数週間程度で自然に消失していきます。
この状態が長期間続くと「産後うつ」を疑います。

・産後うつ
産後、数週間から数か月続くうつ病。
気分が落ち込む、不安になる、眠れないなどの状態が続き、気力がなくなり、集中力や思考力が低下していきます。家族や子どもに愛情を感じられなくなり、赤ちゃんが泣いていても無関心になってしまうことがあります。

・不眠・寝不足・疲労感
昼となく、夜となく赤ちゃんのお世話が続き、眠りたくても眠れない場合あります。頭がボーっとして、やる気が起きなかったり、イライラの原因になっていきます。

・甲状腺機能低下症
産後は女性ホルモンとともに免疫系統のバランスも急速に崩れてしまうため、もともと、体質的に甲状腺の疾患を持っていた方が一時的に機能が不安定になることがあります。
寒がりになったり、肌がカサカサしたり、疲れやすい、だるいなどの症状が出ます。

・腰痛、背中の痛み、肩こり、腕の痺れ、膝の痛み
抱っこに、おむつ替え、など中途半端な姿勢や丸まった姿勢が多くなるため筋肉や関節を痛めます。
部分の痛みからカラダ全体に痛い場所が広がりやすいです。


また産後は、「頭痛、めまい、貧血、動悸、腰痛など」の一般的な症状から、
「生理不順、冷えなど」の婦人科疾患、 「倦怠感、イライラ、ウツなど」の精神的な面まで、様々なカラダの不調を引き起こします。
画像
育児疲れがよくなった患者さんの声です。
・頭痛と冷え
・めまいと高血圧
・腰痛と膀胱炎

などのように、
2つ以上のカラダの不調を同時にでてくることも多く、どの病院で受診をするべきか悩んでいる方も多いと聞きます。

このような症状は、頭痛薬を飲んだり、血圧を抑制する施しをしても、一時的な解決にしかならず、再発の可能性も高いです。問題のなかったカラダの別の場所に新たな異常が生じることもあります。

このような産後の不調の根本の原因を探ると、体力の低下、 すなわち「免疫力の低下」にあります。
免疫力が低下することにより、カラダのいたるところに様々な異常が生じるようになるのです。

西洋医学が「悪いところを切る」「薬物療法」を得意とすることに対し、
東洋医学は「カラダを内側からよくする」「病気を未然に防ぐ」 ことを得意としています。

「病気ではなく、人を診る」

目の前に現れている症状にとらわれず、その方の体質や状態・反応をみて
ココロとカラダを総合的に探していきます。
なので、
同じ首や肩こりという症状があったとしても、その施術の手順や使うツボは人によって違います。

病気になる一歩手前の段階で、手当てすると早くよくなりますし、
その一歩手前を見つけることが私たちの仕事です。
スタイル鍼灸整骨院は、
あなたの持つ「自然治癒力」を高め、未病のうちにメンテナンスし、健康で幸せに過ごすお手伝いをしたいと考えています。
お子様連れOKです。ご予約の時にお子様連れを伝えてください。
ママが治療に集中できる環境を用意します。


画像 画像 画像

やりたいことが出来る・やらなければいけないことが出来る・やっていることを続けられる
お手伝いを全力サでポートします。

産後のトラブルでお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。
産後のトラブルから解放され、新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
画像LINEで予約できます

パソコンの場合・・・上の画像をクリックするとQRコードが表示されますのでお使いのスマホ等でQRコードを読み込み友達追加をしてください。

スマホの場合・・・上の画像をタップしていただき友達追加をしてください。

メッセージにお名前とご希望の予約時間を記入して送信してください。
施術中・営業時間外は返信が遅れますが24時間対応しています。

お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金