本日 94 人 - 昨日 149 人 - 累計 127190 人 サイトマップ

花粉やアレルギー

  1. HOME >
  2. 花粉やアレルギー
このようなお悩みありませんか?

・芽や鼻の症状で勉強や仕事の集中力できない
・マスクとメガネがないと外出できない
・薬を使うと眠気がでて運転するのがつらい
・混雑した耳鼻科で待つのは嫌だ
・毎年その場しのぎで根本的に治す方法を探している
・妊娠中なので薬が飲めない


毎年繰り返し、日常生活に必要な集中力・判断力・作業能率(パフォーマンス)に支障をきたすことも少なくありません。
画像

・今年こそは花粉症を軽減させたい!!
・耳鼻科に頼らず治したい!!
・マスクとメガネにサヨナラしたい!
  

花粉を気にしない快適な春をむかえませんか?

花粉と仲良くする関係を作るだけで症状は軽減しますので、仲良くする方法は施術中に教えます。


花粉症のメカニズム

私たちのカラダは、外部から異物が侵入すると、それが必要なものか排除すべきものかを判断します。

花粉がカラダに入り、花粉からアレルゲンが溶け出して、鼻や目の粘膜に付着すると、アレルゲンを排除するために人間のカラダはIgE抗体という物質を作り出します。

このIgE抗体が鼻や目の粘膜にある肥満細胞と結び付き、活性化されることで、ヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が分泌されます。

この化学伝達物質が、鼻や目の神経・血管などを刺激することから、花粉症の症状である鼻水やくしゃみ、目のかゆみとなって私たちを苦しめる事となるのです。

画像

花粉症の症状

1 くしゃみ

花粉症のくしゃみは、カラダがアレルゲンとして反応する為に止まらなくなります。花粉を追い出そうとするため、鼻腔が痛むくらいにくしゃみを連発するのが特徴的です。
風邪の場合は、くしゃみが数回で終わり、その後に寒気や熱が上がる事もありますが、花粉症が原因のくしゃみは延々とくしゃみが続き、私たちを苦しめます。

2 鼻水

花粉症が原因の鼻水は、水のようにサラサラした鼻水で、かんでもかんでもタラーっと垂れてくるのが特徴的です。数年前まで院長の佐々木もティッシュを鼻に入れてマスクをして仕事していました。
反対に風邪の初期症状でも鼻水が見られますが、風邪が原因の鼻水には細菌が混入するので、鼻水が黄色く粘り気があります。

3 鼻づまり

花粉が服鼻腔に入り込み、服鼻腔が炎症を起こすことで、空気の通り道が塞がれてしまい、鼻づまりとして症状が現れます。
風邪の場合は、数日間で鼻づまりが解消されますが、花粉症が原因の場合は数か月間にわたって鼻づまりが続きます。

4 目のかゆみ

目の粘膜に花粉が付着すると、目の血管が拡張するため目の充血が起こります。そして、ヒスタミン等が知覚神経を刺激する事により、目がかゆくなってきます。
充血とかゆみが同時に起こるのは、花粉を追い出す化学物質が神経や血管に刺激を与えるからです。

5 頭痛

花粉症が原因でおこる頭痛は、服鼻腔が炎症を起こすために酸素を鼻から取り込めなくなり、神経が圧迫されることで起こります。

6 のどの痛み

花粉症が原因で起こるのどの痛みは、鼻が詰まり口呼吸をすることが多くなるためのどが渇いてしまい、のどを痛めてしまい免疫が低下することで起こります。

7 咳、たん

花粉症の症状として出てきた鼻水をすすると、鼻水が喉にの花粉を巻き込んで痰になります。また、花粉症が原因の咳は、長引くと咳喘息などになる可能性もありますので、早めの対処が必要です。

8 倦怠感、だるさ、熱っぽさ

鼻水やくしゃみもそうですが、カラダが正常に働かなくなると代謝機能自体が低下するので、カラダが重くなり、倦怠感やだるさ、かったるさになって現れるのです。これは風邪にも見られる症状が多いので、花粉症だということがわかりにくい症状です。

9 その他症状

花粉は体のあらゆる場所に付着してしまい、様々な症状を引き起こします。耳の中がかゆくなったり、肌荒れを起こしたり、肌のかゆみを引き起こす事もあります。

このような症状があると、集中力の低下や不眠など、全身にさまざまな不快感が出てきてしまいます。

鍼灸の効果

花粉症の鍼灸の効果については、体質改善のためのカラダまるごと根本解決していきます。
免疫力を向上させ、血行をよくし、カラダ全体を調整することによって、クシャミ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状がよくなります。

鍼灸は花粉症の時期が終わっても続けることが最大の秘訣です。
定期的にメンテナンスを続けると体質がかわり、花粉症だけでなく風邪をひきにくくなったり体質を変えていくができます。
効果の表れ方は個人差があります。

当院ではこのように施術します

施術は脈を診て、まずお腹や首を緩めるところから始めます。
アレルギーや気候の変化によるカラダのトラブルは脈とお腹に現れます。
必要に応じて腰や肩などに刺激をし、一人ひとりに合わせてオーダーメイドで施術します。
鼻や目のお悩みでも、いきなり目や鼻に鍼をすることはあまりありませんのでご安心ください。

当院では、カラダの不調は脈やお腹に現れ、その不調が取れると症状が楽になる
「カラダまるごと根本解決」を行っています。

鍼灸に効果的な時期

初期治療は「花粉が飛び始める4週間前から」始めるのがいいと言われています。
花粉は2~3月に飛ぶと思われていますが、実際はわずかながら冬のあいだに飛び始めています。
12月~1月に治療を開始し、あらかじめからだの免疫力を向上させIgE抗体の生産を抑制するのが効果的です。

シーズン前の早い段階で鍼灸をうけておくと、花粉シーズン時に症状が軽いことを実感できます。

症状が強い方や毎年繰り返しているひどいアレルギー性鼻炎はよくなるまでに期間がかかりますが、症状が軽くなっていく時間が実感できるます。週に2回の通院が必要なことがあります。

花粉症を含めアレルギー症状を抱える方全般の傾向として冷え性、胃腸の弱さや月経トラブルなどの体質的な症状を抱えていることが多くあります。

東洋医学ではこのような体質を「虚証」と呼んでいます。花粉症特有の症状を抑えながら、この虚証を改善する治療を行うことでアレルギー症状を起こしにくくすることができます。
花粉症もアレルギー疾患のひとつなので単に部分的な症状として考えるのではなく、カラダまるごと変化していくことが必要です。

花粉症がよくなった患者さんの声です
画像

画像

花粉症がひどくなり、薬の副作用の眠気が仕事に支障をきたしたり、アレルギー症状が強く日常がかなり不快になる前に手当しましょう。

東洋医学において、
「病気ではなく、人を診る」
という考えがあります。
目の前に現れている症状にとらわれず、その方の体質や状態・反応をみて
ココロとカラダを総合的に探していきます。
なので、
同じ花粉症という症状があったとしても、その施術の手順や使うツボは人によって違います。

病気になる一歩手前の段階で、手当てすると早くよくなりますし、
その一歩手前を見つけることが私たちの仕事です。
スタイル鍼灸整骨院は、
あなたの持つ「自然治癒力」を高め、未病のうちにメンテナンスし、健康で幸せに過ごすお手伝いをしたいと考えています。

花粉症でお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。
画像
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
画像LINEで予約できます

パソコンの場合・・・上の画像をクリックするとQRコードが表示されますのでお使いのスマホ等でQRコードを読み込み友達追加をしてください。

スマホの場合・・・上の画像をタップしていただき友達追加をしてください。

メッセージにお名前とご希望の予約時間を記入して送信してください。
施術中・営業時間外は返信が遅れますが24時間対応しています。


お電話でご予約ください。

スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金