本日 46 人 - 昨日 182 人 - 累計 115915 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

足首を捻ってしまったら

2017年09月03日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は足首を捻ってしまったらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、
体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。
左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。
画像
・捻挫はなぜ起こるのか?

捻挫は動く範囲を超えた際に起きる、
関節や靱帯・建・関節包など骨と骨の
繋ぎ目の役割をしている部分が傷つくことです。
他の怪我に比べ、放っておくことが多く、
適切な処置やその後のケアを怠ったために
再発の多い怪我でもあります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、
処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、
同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。

筋肉を伸ばしたという軽度のものから
重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって
治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、
炎症をとるためのアイシング、
関節を動かさないよう安静に保つために
症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、
伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために
逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので
筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の
慢性化した痛みの原因にもなります。
そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?
画像
足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。
画像
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足のむくみについて

2017年08月12日
こんにちは。
大倉山 婦人科対応鍼灸院
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

お盆期間は栗原が通常診療しています。
院長佐々木は8月11日金~17日木までお休みになります。



今回は足のむくみについてのお話し。


むくみとは

足に溜まった血液が心臓に戻れずに、滞っている状態

です。
画像
足の血液はふくらはぎの筋肉が収縮することで
心臓に戻っていきます。

重力に反して血液を上へ押し上げなくてはいけないので、
それ相応の筋力が必要になります。

そのため、ふくらはぎの筋肉が重力に負けてしまうと
むくみになってしまいます。


また足の血管はいくつもの隔たりを超えてないと
心臓に戻ることができません。

この隔たりはカラダのあちこちにあるのですが、
中でも
股関節周りの筋肉の硬さが大きな隔たり
となってしまいます。


このような状態を作ってしまうのは

・長時間の立ちっぱなし、座りっぱなし
・運動不足
・塩分、糖分の過剰摂取
・冷え
・筋力低下
・各種病気による症状
  

などなど


そしてむくみを解消するには

滞った血液を心臓に返すこと。

それには

・ふくらはぎを動かす
・隔たりとなる筋肉をほぐす


ここでむくみを解消するストレッチと運動をご紹介。
画像

がっせき
画像


殿筋ストレッチ
画像


つま先立ち
画像

日々のケアがむくみ解消の近道になります。

それでもなかなか改善しないときは、足以外にも原因が考えられるので、一度当院にご相談ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山 捻挫をしたら

2017年07月26日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は捻挫をしたらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。


その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫の治りが悪い理由
画像
捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。
筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

画像

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、炎症をとるためのアイシング、関節を動かさないよう安静に保つために症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。
画像
特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 足の付けのが痛む

2017年07月14日
こんにちは。
大倉山 股関節痛ケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木です。

今回は足の付けのが痛むのお話。

足の付け根やももの外側にだるさがある場合は、

おしりまわりの筋肉が原因のことが多いです。

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、
動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。


画像

×のマークが原因で赤い場所が痛みやだるさを感じる場所です。

・おしりの筋肉が原因の症状の特徴は??

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。

これを、「初動作痛」「始動痛」ともいいます。
画像
動き始めてしまうと痛みが薄らぐため、
「あれ。。気のせいかな?」とスルーしがちですが、だんだんに痛みを感じるタイミングが増え、痛みが続くようになります。

痛みやだるさが足に限定されないのも、おしりの筋肉が原因の症状初期にはよくあります。

膝や太ももに鈍痛を感じ、腰痛もあるので、坐骨神経痛と間違うことも少なくありません。症状の進行とともに、足やももに痛みが集中してきます。

・おしりの筋肉が原因の症状が疑われる症状は?


腰痛や膝の痛み、股関節・下肢のむくみと冷えなど、足やもも以外の不調と重なるケースがあります。

痛みの感じ方でいえば、左右どちらかの足に体重をかけた時、歩き始めや立ち上がり、階段の上り下りが強く痛みます。

知らず知らずのうちに片足を引きずって歩く、立ち姿勢が傾いているのも、おしりの筋肉が原因かもしれません。
画像

放置すると痛みやだるさで腰をかばい、余計に股関節の可動域が狭く、固まってしまいます。

近くに専門機関がなくお困りの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
画像
当院は足のだるさがカラダ全体の不調につながることあるので根本の原因に対して、しっかり手当てします。

帰り道にカラダが軽く、歩くことが楽になることがわかります!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 足のむくみ

2017年06月28日
こんにちは。
大倉山 婦人科対応鍼灸院
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は足のむくみについてのお話し。


むくみとは

足に溜まった血液が心臓に戻れずに、滞っている状態

です。

画像

足の血液はふくらはぎの筋肉が収縮することで
心臓に戻っていきます。

重力に反して血液を上へ押し上げなくてはいけないので、
それ相応の筋力が必要になります。

そのため、ふくらはぎの筋肉が重力に負けてしまうと
むくみになってしまいます。


また足の血管はいくつもの隔たりを超えてないと
心臓に戻ることができません。

この隔たりはカラダのあちこちにあるのですが、
中でも
股関節周りの筋肉の硬さが大きな隔たり
となってしまいます。


このような状態を作ってしまうのは

・長時間の立ちっぱなし、座りっぱなし
・運動不足
・塩分、糖分の過剰摂取
・冷え
・筋力低下
・各種病気による症状
  

などなど

画像
そしてむくみを解消するには

滞った血液を心臓に返すこと。

それには

・ふくらはぎを動かす
・隔たりとなる筋肉をほぐす


ここでむくみを解消するストレッチと運動をご紹介。


がっせき
画像


殿筋ストレッチ
画像


つま先立ち
画像

日々のケアがむくみ解消の近道になります。

それでもなかなか改善しないときは、足以外にも原因が考えられるので、一度当院にご相談ください。
画像
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 足底筋膜炎について

2017年06月19日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は足底筋膜炎についてのお話し。

まずは一般的に足底筋膜炎になってしまうと
どんな症状が出るのかを見てみましょう。

1.初動作(動きはじめの一歩目)が痛い
2.歩行・走行時に足の裏やかかとが痛くなってくる
3.足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
4.立ちっぱなしでいると痛くなってくる
5.しびれてくる感じがする
6.足の裏や指の付け根に違和感がある
7.足の裏を押すと痛い



先日、バスケをしている高校生が
足底筋膜炎(左人差し指の下)の症状で来院されました。

練習がハードだったらしく、バスケの動きだけでなく、
つま先立ちや歩行でも痛みもあり、患部を押すと痛みがありました。

先ほどの項目に当てはまる症状がいくつかみられます。


足底筋膜炎の主な原因は
筋肉の硬化
です。


走ったり、ジャンプしたり、急にストップしたり…。

動きがハードだと足の筋肉にはかなりの疲労が蓄積され、
筋肉も硬化します。

足底筋膜炎は筋肉の硬化によって腱が引っ張られて、
骨を引きはがすような力がかかることにより痛みが出ます。


であれば、硬化した筋肉をほぐせば痛みは軽減するのですが、
また練習すると痛みがぶり返してしまいます。

つまりは、
ほぐしても痛めている筋肉は回復していない、
ということです。


足底筋膜炎になりやすい人の共通点であり、もう一つの原因は長時間の肉体疲労による免疫低下です。


まずは
低下した免疫力を上げること
が大事。


先ほどの高校生の患者さんも免疫の治療が主で、自宅ではゴルフボールを踏んでもらい、足裏の筋肉を緩めてもらうようにしました。

3回施術し、ハードに練習してもほとんど良くなったようです。


肉体的な疲労は筋肉の硬化を招くだけでなく、
カラダ全体の免疫力を低下させ、様々な症状が出るようになります。

足底だけ治療しても良くならない、という方は一度当院にご相談下さい。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足の裏の痛み

2017年05月16日
こんにちは。
大倉山 足の裏の痛み対応
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で立ったり歩いたりする時に痛みます。
足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に傷つきやすくなっています。

痛みの特徴として、
起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、少し固くなっている状態になります。それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ


年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。
外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。
傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 肉離れ

2017年04月28日
こんにちは。
大倉山 肉離れ早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は肉離れのお話

この春先は、肉離れが多くなります。

今週、アップもそこそこに急にフットサルをして
肉離れの一歩手前の方が来院されました。

肉離れとは、

スポーツなどで筋肉が急激に伸ばされた際に断裂

してしまうことです。

多くの場合、筋肉が伸ばされながら力を発揮する
伸張性収縮(遠心性収縮)のときに起こります。

原因は様々で、
・筋力不足
・筋肉の疲労状態
・ウォーミングアップ不足
・気温の低い時など筋肉の柔軟性が低下していたり
血流の悪さが原因となります。

最も典型的な例として、

・大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)
・ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)

大腿四頭筋の筋力に負けてしまい、前後のバランスが崩れてハムストリングに負荷が大きく加わり肉離れを起こします。

ハムストリングスを充分鍛えても、疲労などで大腿四頭筋とのバランスが悪ければ肉離れの原因となります。

肉離れがよくならない理由

受傷してすぐの処置を怠ったり、処置を間違えると治りが遅くなります。

また、筋肉が完全に修復してないのにも関わらず運動を始めてしまうと、傷口がふさがるどころか筋肉を伸ばすことによって傷口が広がり悪化してしまいます。

さらに、治療をせず放置すると筋組織が炎症や内出血によって固まり(瘢痕化といいます)慢性的な痛みや再発の原因にもなります。

横浜市港北区大倉山スタイル鍼灸整骨院の「肉離れ」の施術は?

まず大事になってくるのは、できるだけ早期に患部の炎症を抑えることです。

内出血や腫れを抑える為に、アイシングや圧迫固定を行います。
肉離れでは特に早期の圧迫が大切です。
炎症が治まった後は瘢痕化しないように筋肉に対して治療していきます。

肉離れの患部は、血流も悪く柔軟性が低下した状態ですので、血流を良くし柔軟性を取り戻します。

過度のマッサージや無理なストレッチは悪化させる原因となりますので適切な治療を受けることが早期回復の一歩となります。

当院では、肉離れを特殊なお灸によって施術することが多いです。

血行の流れや筋肉を柔らかくするツボを使うことにより早く回復させていきます。セルフのお灸やストレッチを加えると治りは早いです。
また

・マッサージやストレッチで回復が遅い方
・試合が近いから早くよくしたい方
・なかなか通院する時間がない方


は鍼灸をおすすめします。

当院では肉離れをよくしつつ、カラダまるごと根本解決の施術を行います。

たとえば、ももに痛みがあると、カバーしようとして首や腰に緊張やコリが出てくることがあります。

カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしても、すぐに不調の症状が戻ってしまします。
 
ももに直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけで肉離れのケアをすることができます。

今まで、もんだり・押したり・ボキッとしたりしてもまた、繰り返す慢性化・長期化した症状でお困りの方、施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 足首をひねったら

2017年04月21日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は足首をひねったらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、

同じ思いをあなたにしてほしくありません。

自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。

筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷が
みられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって
治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。
腫れ・熱感・発赤を見て、それに適した治療をします。

関節や靱帯を痛めているものに対しては、
炎症をとるためのアイシング、
関節を動かさないよう安静に保つために
症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、
伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴
伸張反射と言いますがあるので
筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず
捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。
そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて
早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセに
しないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 肉離れをしたら

2017年04月07日
こんにちは。
大倉山 肉離れ早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は肉離れをしたらのお話

春はアップ不足による肉離れが多くなります。
気温が温かくても、筋肉の温度はすぐに温まりません。

汗をしっかりかくくらいのアップが必要です。

肉離れとは、

スポーツなどで筋肉が急激に伸ばされた際に断裂

してしまうことです。

多くの場合、筋肉が伸ばされながら力を
発揮する伸張性収縮(遠心性収縮)のときに起こります。

原因は様々で、
・筋力不足
・筋肉の疲労状態
・ウォーミングアップ不足
・気温の低い時など筋肉の柔軟性が低下
していたり
血流の悪さが原因となります。

最も典型的な例として、

・大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)
・ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)

大腿四頭筋の筋力に負けてしまい、前後のバランスが崩れてハムストリングに負荷が大きく加わり肉離れを起こします。

ハムストリングスを充分鍛えても、
疲労などで大腿四頭筋とのバランスが悪ければ肉離れの原因となります。

肉離れがよくならない理由

受傷してすぐの処置を怠ったり、処置を間違えると治りが遅くなります。

また、筋肉が完全に修復してないのにも関わらず運動を
始めてしまうと、傷口がふさがるどころか筋肉を
伸ばすことによって傷口が広がり悪化してしまいます。

さらに、治療をせず放置すると筋組織が炎症や内出血に
よって固まり(瘢痕化といいます)慢性的な痛みや
再発の原因にもなります。

横浜市港北区大倉山スタイル鍼灸整骨院の「肉離れ」の施術は?

まず大事になってくるのは、

できるだけ早期に患部の炎症を抑えることです。

内出血や腫れを抑える為に、アイシングや圧迫固定を行います。
肉離れでは特に早期の圧迫が大切です。
炎症が治まった後は瘢痕化しないように筋肉に対して治療していきます。

肉離れの患部は、血流も悪く柔軟性が低下した状態ですので、血流を良くし柔軟性を取り戻します。

過度のマッサージや無理なストレッチは悪化させる原因となりますので適切な治療を受けることが早期回復の一歩となります。

当院では、肉離れを特殊なお灸によって施術することが多いです。

血行の流れや筋肉を柔らかくするツボを使うことにより早く回復させていきます。セルフのお灸やストレッチを加えると治りは早いです。
また

・マッサージやストレッチで回復が遅い方
・試合が近いから早くよくしたい方
・なかなか通院する時間がない方


は鍼灸をおすすめします。

当院では肉離れをよくしつつ、
カラダまるごと根本解決の施術を行います。


たとえば、ももに痛みがあると、カバーしようとして首や腰に緊張やコリが出てくることがあります。

カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしても、
すぐに不調の症状が戻ってしまします。
 
ももに直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、
腰・背中に手当するだけで肉離れのケアをすることができます。

今まで、
・もんだり
・押したり
・ボキッとしたりしても

繰り返す慢性化、長期化した

症状でお困りの方、施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

画像

メッセージをありがとうございました。


Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

空手でももうらをいためた。

Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

もものいたみはなくなった


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

けがをしたら佐々木先生に直してもらうといいですよ。
佐々木先生はおもしろくてやさしいです。


たみーさん 男性 9歳 空手道一直線 港北区大倉山

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。


毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 足の裏の痛み

2017年03月26日
こんにちは。
大倉山 足の痛み対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で立ったり歩いたりする時に痛みます。
足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に傷つきやすくなっています。

痛みの特徴として、
起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、少し固くなっている状態になります。それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ


年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。
外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。
傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 足の裏の痛み

2017年02月27日
こんにちは。
大倉山 足の痛み対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。
今回は足底腱膜炎についてお話します。

足底腱膜炎とは、
足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気です。

立ったり歩いたりする時に痛みます。

足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、
かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に
傷つきやすくなっています。

痛みの特徴として、

起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の
歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、
歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。

寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、
少し固くなっている状態になります。
それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ

年齢は中高年以上、
特に50~60代の女性がなりやすいです。

外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。

傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、
その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。

ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。


踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 捻挫をしたら

2017年02月13日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は捻挫をしたらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。
筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、炎症をとるためのアイシング、関節を動かさないよう安静に保つために症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜  足がつる

2017年01月28日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は運転中に足がつったらのお話。

運転中に足が
グキッ・・・とつる
ということ経験ありませんか?

運転中、足がつる。これはつらいです。
私も経験があります。

大体足がつるのは、
ふくらはぎの部分が多いのですが、
時にスネの筋肉がつる人もいます。

『なぜ足がつるのか?』

①NaやKなどの電解質の不足

寝ている間に汗をかき、電解質が体内から出る。そして朝一で伸びをした時につるなど。

②血流不足

血液の流れが悪く、循環不足により不随意的に筋収縮が起こる。

③その他の基礎疾患によるもの

むくみが出る基礎疾患などがあると足がつる。

色々と原因があります。

ふくらはぎは色々な人がつりますが、スネの部分がつる人は結構特徴があります。

①長距離の運転をしている人

②外側の体重をのせる人



割と女性はスネの部分がつると言う方はあまりいませんね。

つったときの対応法

・ストレッチをする
すねの筋肉とアキレス腱伸ばし。急にグッとリズムよくやらないで
時間をかけてゆっくりやりましょう。

・お風呂でよくもむ
つった筋肉をよくもみましょう

・冷たいシャワーと温かいシャワーを交互にかける
30秒冷やし、1分温め、くり返し5セットやりましょう

・足の裏をもむ

・内側に体重をのせるように運転する

簡単なのでぜひお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 足底筋膜炎の隠れた原因

2017年01月24日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は足底筋膜炎についてのお話し。

まずは一般的に足底筋膜炎になってしまうと
どんな症状が出るのかを見てみましょう。

1.初動作(動きはじめの一歩目)が痛い
2.歩行・走行時に足の裏やかかとが痛くなってくる
3.足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
4.立ちっぱなしでいると痛くなってくる
5.しびれてくる感じがする
6.足の裏や指の付け根に違和感がある
7.足の裏を押すと痛い



先日、バスケをしている高校生が
足底筋膜炎(左人差し指の下)の症状で来院されました。

練習がハードだったらしく、バスケの動きだけでなく、
つま先立ちや歩行でも痛みもあり、患部を押すと痛みがありました。

先ほどの項目に当てはまる症状がいくつかみられます。


足底筋膜炎の主な原因は
筋肉の硬化
です。


走ったり、ジャンプしたり、急にストップしたり…。

動きがハードだと足の筋肉にはかなりの疲労が蓄積され、
筋肉も硬化します。

足底筋膜炎は筋肉の硬化によって腱が引っ張られて、
骨を引きはがすような力がかかることにより痛みが出ます。


であれば、硬化した筋肉をほぐせば痛みは軽減するのですが、
また練習すると痛みがぶり返してしまいます。

つまりは、
ほぐしても痛めている筋肉は回復していない、
ということです。


足底筋膜炎になりやすい人の共通点であり、もう一つの原因は長時間の肉体疲労による免疫低下です。


まずは
低下した免疫力を上げること
が大事。


先ほどの高校生の患者さんも免疫の治療が主で、自宅ではゴルフボールを踏んでもらい、足裏の筋肉を緩めてもらうようにしました。

3回施術し、ハードに練習してもほとんど良くなったようです。


肉体的な疲労は筋肉の硬化を招くだけでなく、
カラダ全体の免疫力を低下させ、様々な症状が出るようになります。

足底だけ治療しても良くならない、という方は一度当院にご相談下さい。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

運転中に足がつったら

2016年12月24日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は運転中に足がつったらのお話。

運転中に足が
グキッ・・・とつる
ということ経験ありませんか?

運転中、足がつる。これはつらいです。
私も経験があります。

大体足がつるのは、
ふくらはぎの部分が多いのですが、
時にスネの筋肉がつる人もいます。

『なぜ足がつるのか?』

①NaやKなどの電解質の不足

寝ている間に汗をかき、電解質が体内から出る。そして朝一で伸びをした時につるなど。

②血流不足

血液の流れが悪く、循環不足により不随意的に筋収縮が起こる。

③その他の基礎疾患によるもの

むくみが出る基礎疾患などがあると足がつる。

色々と原因があります。

ふくらはぎは色々な人がつりますが、スネの部分がつる人は結構特徴があります。

①長距離の運転をしている人

②外側の体重をのせる人



割と女性はスネの部分がつると言う方はあまりいませんね。

つったときの対応法

・ストレッチをする
すねの筋肉とアキレス腱伸ばし。急にグッとリズムよくやらないで
時間をかけてゆっくりやりましょう。

・お風呂でよくもむ
つった筋肉をよくもみましょう

・冷たいシャワーと温かいシャワーを交互にかける
30秒冷やし、1分温め、くり返し5セットやりましょう

・足の裏をもむ

・内側に体重をのせるように運転する

簡単なのでぜひお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山大豆戸 足首の捻挫が治らない

2016年12月20日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

12月22日㈭は通常診療しています。
年末は12月29日午前まで診療しています。年始は1月6日より通常診療しています


今回は、足首の捻挫が治らない・・・というお話。


足首の捻挫が治らない・・・

という方が結構いらっしゃいます。

スポーツや階段を踏み外して足首を捻挫する場合、
大半は内反捻挫(ないはんねんざ)と呼ばれる捻挫をします。
足の甲が内側へ曲がる捻挫です。
その時に足の外側の踝(くるぶし)から下の方へ伸びている靱帯が伸ばされ過ぎて、
部分断裂を起こしたりします。

治療のポイントは以下のとおりです。

急性期
1 炎症を早く抑えること。
2 固定すること。
3 関節の接合面が正常かどうか、つまり骨がずれていないかどうかです。

慢性期
1 関節が緩すぎないか?
2 患部付近の骨のズレがないか?
3 甘いものを食べすぎていないか?
4 胃腸の状態

急性期の治療

鍼灸でできること
1 炎症のある患部を通るラインのかたさ・痛みを確認。
炎症を抑えるツボを治療、
その場で熱感と腫れ、内出血が改善されます。

2~3日続けると、通常の固めるなどの保存療法より、
早く回復できることが多いです。

2 テーピングかサポーターで固定します。

3 整形外科や整骨院で結構見落とされるのが、
くじいたときに生じた骨のズレです。
足の関節をひとつひとつ動かして、チェックしていきます。
ずれていたら関節操作の整復をして戻します。

この3点を一緒にやりますと、
急性期の一般的な捻挫は、早く回復することが多いです。

慢性期の治療
慢性期の定義ですが、発生から1ヶ月以上経っているもの。
特に、
数年経っても、ときどき痛む
という患者さんが、当院をよく訪れます。
靭帯・骨・筋肉に効果のあるツボをカラダ全体調節して、関節の痛みや状態を改善させます。

捻挫を早く改善を希望される方は当院の鍼灸治療をお試しください。
あなたと新しい健康スタイルのために全力サポートします。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山綱島 捻挫(ねんざ)をしたら

2016年11月03日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は捻挫(ねんざ)をしたらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫はなぜ起こるのか?

捻挫は動く範囲を超えた際に起きる、関節や靱帯・建・関節包など骨と骨の繋ぎ目の役割をしている部分が傷つくことです。
他の怪我に比べ、放っておくことが多く、適切な処置やその後のケアを怠ったために再発の多い怪我でもあります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。
筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、炎症をとるためのアイシング、関節を動かさないよう安静に保つために症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

運転中に足がつったら

2016年10月19日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は運転中に足がつったらのお話。

運転中に足が
グキッ・・・とつる
ということ経験ありませんか?

運転中、足がつる。これはつらいです。
私も経験があります。

大体足がつるのは、
ふくらはぎの部分が多いのですが、
時にスネの筋肉がつる人もいます。

『なぜ足がつるのか?』

①NaやKなどの電解質の不足

寝ている間に汗をかき、電解質が体内から出る。そして朝一で伸びをした時につるなど。

②血流不足

血液の流れが悪く、循環不足により不随意的に筋収縮が起こる。

③その他の基礎疾患によるもの

むくみが出る基礎疾患などがあると足がつる。

色々と原因があります。

ふくらはぎは色々な人がつりますが、スネの部分がつる人は結構特徴があります。

①長距離の運転をしている人

②外側の体重をのせる人



割と女性はスネの部分がつると言う方はあまりいませんね。

つったときの対応法

・ストレッチをする
すねの筋肉とアキレス腱伸ばし。急にグッとリズムよくやらないで
時間をかけてゆっくりやりましょう。

・お風呂でよくもむ
つった筋肉をよくもみましょう

・冷たいシャワーと温かいシャワーを交互にかける
30秒冷やし、1分温め、くり返し5セットやりましょう

・足の裏をもむ

・内側に体重をのせるように運転する

簡単なのでぜひお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足の裏の痛み

2016年10月12日
こんにちは。
大倉山 足の痛み対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。

今回は足底腱膜炎についてお話します。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で
立ったり歩いたりする時に痛みます。

足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、

かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が

伸びた時に傷つきやすくなっています。

痛みの特徴として、

起床後や長時間座った後など足を使わない状態が
長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、

歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。

寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、

少し固くなっている状態になります。

それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ

年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。

外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。

傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、
その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方は
ふくらはぎが硬くなっているかもしれません。
ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって
足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。

そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。
ふくらはぎや足の裏の痛くない場所をほぐすこと。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 捻挫はなぜ起こるのか

2016年09月20日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回はのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫はなぜ起こるのか?

捻挫は動く範囲を超えた際に起きる、関節や靱帯・建・関節包など骨と骨の繋ぎ目の役割をしている部分が傷つくことです。
他の怪我に比べ、放っておくことが多く、適切な処置やその後のケアを怠ったために再発の多い怪我でもあります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。
筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、炎症をとるためのアイシング、関節を動かさないよう安静に保つために症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

アキレス腱痛は口呼吸が原因

2016年09月15日
こんにちは。
大倉山 アキレス腱ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はアキレス腱痛は口呼吸が原因のお話し。

運動部の学生がよく痛める場所が
アキレス腱
です。
特に

陸上の短距離の選手

走る量も多く、アキレス腱やふくらはぎに負担をかけてしまうので、
筋疲労の施術だけでは、その場はよくても戻ってしまうなどスッキリしないことがあります。


そして足やカラダが冷たい!!


どのスポーツでもそうですが、どうしても

口呼吸

になってしまいます。

アスリートなので筋肉もしっかりしているし、
冷たくなっているのが気になりました。


「もしかして、免疫が落ちて冷たくなっているのでは…??」


さらに聞いてみると、夜寝ているときも口が開いてしまい、
朝起きたときに口の中が乾いていたそうです。
これもカラダに疲労が溜まると出てくる症状ですが、
やはり細菌・ウイルスをカラダに侵入させてしまいます。


運動時の口呼吸…
夜寝ているときの口呼吸…
免疫が下がり冷たくなって、アキレス腱の痛みが取り切れないのでは…??


そこで、
・口呼吸でカラダに入ってきた細菌
・ウイルスによるアキレス腱の痛み

として、施術を行いました。

今回の施術でのポイントは

・免疫の強化
・血液循環の改善
・夜寝ているときの口呼吸の改善
・うがい、鼻うがいでのどを強化 
  

の4つです。


競技中の口呼吸はしょうがないので、寝ているときに

口にサージカルテープ(包帯を止めるときのテープ)
をしてもらいました。

見た目はなかなかの不恰好なのですが…寝ている間の
口呼吸を防いでくれるちょっとした裏技です。
少し半信半疑な反応でしたが、試してみるようお願いしました。


次回来院されたときは痛みが減ってきたとのことで、
同じ施術をし、その次にはほとんど痛みが消えていたそうです。
痛みがあって出来なかったかなりハードな練習もできるようになり、
喜んでいました。


口呼吸が原因だったとは…
とご本人も驚いていました。

今でも夜寝るときは口呼吸にならないようテープは続けているようです。


もちろん、ハードな練習をしているので筋疲労の改善なども一緒に施術しましたが、口呼吸の改善と免疫の強化が効果的だった一例でした。



新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

ももの外側が痛い

2016年09月12日
こんにちは。
大倉山 ランナーケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回はももの外側が痛いのお話。

当院は市民ランナーの方も多く利用されていますが、
そこで多い膝のケガがあります。

膝の外側~ももにかけて痛める

腸脛靭帯炎

です。

どのような症状というと、

・走ると膝が痛い
・膝の曲げ伸ばしで膝に痛みが出る
・体重が乗った時に膝が痛い
・正座がしにくい
・膝関節の外側2~3センチ上に痛みがある

というお悩みですね。
 
・腸脛靭帯炎はなぜ起こるのか?

腸脛靭帯は太ももの側をおおっている長い靭帯で、腸骨(骨盤の骨)から太ももの真横を通り脛骨(すねの骨)に付着し、膝の外側の安定を保つ役割を果たします。

腸脛靭帯には大腿筋膜張筋と大殿筋が付着しており、長時間のランニングや階段の昇り降りなどで体重が外側にかかることが多くなると大腿筋膜腸筋や大殿筋に負担がかかり、その結果腸脛靭帯にも負担を与えてしまうのです。

腸脛靭帯が張った状態になると、膝の曲げ伸ばしの動作を繰り返すことで大腿骨と擦れて摩擦を起こし、炎症が起きてしまいます。

これが腸脛靭帯炎です。

また、ランナーに多いことから「ランナーズニー」・「ランナー膝」とも呼ばれています。
主に使い過ぎによる柔軟性の低下や走行フォーム・走る場所が原因となりますが、バスケットボールや登山・自転車など片足に体重が乗りやすいスポーツでも腸脛靭帯炎を引き起こしてしまいます。

・腸脛靭帯炎が長引く理由

大腿筋膜腸筋や大殿筋の柔軟性の低下です。
最近では腸脛靭帯の炎症以外にも、体重を支えるための股関節周りや膝、足首の筋肉の疲労と同じ場所に負担をかけすぎることも大きな要因となります。
 
当院ならではの腸脛靭帯炎の治療方法

直接の原因となる大腿筋膜張筋や大殿筋の治療だけでなく、痛みに関わる場所をしっかりと探し当て、状態をよくしていきます。

・マッサージやストレッチで回復が遅い方
・早くよくしたい場合方
・なかなか通院する時間がない方

は鍼灸をおすすめします。

当院では腸脛靭帯炎の症状をよくしつつ、カラダまるごと根本解決の施術を行います。
たとえば、膝に痛みがあると、カバーしようとして腰や背中の緊張やコリが出てくることがあります。
カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしても、すぐに不調の症状が戻ってしまします。
 

膝がつらいから膝に直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけで膝のケアをすることができます。

今まで、
もんだり
・押したり
・ボキッとしたりしても
また、繰り返す慢性化
・長期化した症状でお困りの方、
施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

運転で足がつった対応法

2016年08月10日
こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

明日は祝日ですが、9時~16時まで院長佐々木は診療しています。

今回は運転で足がつった対応法のお話。

明日の山の日の祝日から連休になる方も多いみたいですね。
帰省のため車でお出かけの方も多いと思います。
渋滞などで運転手の方はカラダもココロも疲れますね。
後部座席の楽しい雰囲気が時間がたつにつれ、

「ま~だ~」の連発。

イライラしますよね。

さらに追い打ちをかけるように
足が
グキッ・・・とつる

運転中、足がつる。これはつらいです。
私も経験があります。

大体足がつるのは、
ふくらはぎの部分が多いのですが、
時にスネの筋肉がつる人もいます。

『なぜ足がつるのか?』

①NaやKなどの電解質の不足

寝ている間に汗をかき、電解質が体内から出る。そして朝一で伸びをした時につるなど。

②血流不足

血液の流れが悪く、循環不足により不随意的に筋収縮が起こる。

③その他の基礎疾患によるもの

むくみが出る基礎疾患などがあると足がつる。

色々と原因があります。

ふくらはぎは色々な人がつりますが、スネの部分がつる人は結構特徴があります。

①長距離の運転をしている人

②外側の体重をのせる人



割と女性はスネの部分がつると言う方はあまりいませんね。

つったときの対応法

・ストレッチをする
すねの筋肉とアキレス腱伸ばし。急にグッとリズムよくやらないで
時間をかけてゆっくりやりましょう。

・お風呂でよくもむ
つった筋肉をよくもみましょう

・冷たいシャワーと温かいシャワーを交互にかける
30秒冷やし、1分温め、くり返し5セットやりましょう

・足の裏をもむ

・内側に体重をのせるように運転する

簡単なのでぜひお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

ランナーに多いももの外側のケガ

2016年08月04日
こんにちは。
大倉山 ランナーケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回はランナーに多い膝のケガのお話。

当院の栗原先生は最近鶴見川の第三日曜日に開催される
横浜月例マラソンに参加して10キロを走っています。

当院は市民ランナーの方も多く利用されていますが、
そこで多い膝のケガがあります。

膝の外側~ももにかけて痛める

腸脛靭帯炎

です。

どのような症状というと、

・走ると膝が痛い
・膝の曲げ伸ばしで膝に痛みが出る
・体重が乗った時に膝が痛い
・正座がしにくい
・膝関節の外側2~3センチ上に痛みがある

というお悩みですね。
 
・腸脛靭帯炎はなぜ起こるのか?

腸脛靭帯は太ももの側をおおっている長い靭帯で、腸骨(骨盤の骨)から太ももの真横を通り脛骨(すねの骨)に付着し、膝の外側の安定を保つ役割を果たします。

腸脛靭帯には大腿筋膜張筋と大殿筋が付着しており、長時間のランニングや階段の昇り降りなどで体重が外側にかかることが多くなると大腿筋膜腸筋や大殿筋に負担がかかり、その結果腸脛靭帯にも負担を与えてしまうのです。

腸脛靭帯が張った状態になると、膝の曲げ伸ばしの動作を繰り返すことで大腿骨と擦れて摩擦を起こし、炎症が起きてしまいます。

これが腸脛靭帯炎です。

また、ランナーに多いことから「ランナーズニー」・「ランナー膝」とも呼ばれています。
主に使い過ぎによる柔軟性の低下や走行フォーム・走る場所が原因となりますが、バスケットボールや登山・自転車など片足に体重が乗りやすいスポーツでも腸脛靭帯炎を引き起こしてしまいます。

・腸脛靭帯炎が長引く理由

大腿筋膜腸筋や大殿筋の柔軟性の低下です。
最近では腸脛靭帯の炎症以外にも、体重を支えるための股関節周りや膝、足首の筋肉の疲労と同じ場所に負担をかけすぎることも大きな要因となります。
 
当院ならではの腸脛靭帯炎の治療方法

直接の原因となる大腿筋膜張筋や大殿筋の治療だけでなく、痛みに関わる場所をしっかりと探し当て、状態をよくしていきます。

・マッサージやストレッチで回復が遅い方
・早くよくしたい場合方
・なかなか通院する時間がない方

は鍼灸をおすすめします。

当院では腸脛靭帯炎の症状をよくしつつ、カラダまるごと根本解決の施術を行います。
たとえば、膝に痛みがあると、カバーしようとして腰や背中の緊張やコリが出てくることがあります。
カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしても、すぐに不調の症状が戻ってしまします。
 

膝がつらいから膝に直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけで膝のケアをすることができます。

今まで、
もんだり
・押したり
・ボキッとしたりしても
また、繰り返す慢性化
・長期化した症状でお困りの方、
施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

捻挫(ねんざ)の治し方

2016年07月31日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、捻挫(ねんざ)の治し方というお話。


足首の捻挫が治らない・・・

という方が結構いらっしゃいます。

スポーツや階段を踏み外して足首を捻挫する場合、
大半は内反捻挫(ないはんねんざ)と呼ばれる捻挫をします。
足の甲が内側へ曲がる捻挫です。
その時に足の外側の踝(くるぶし)から下の方へ伸びている靱帯が伸ばされ過ぎて、
部分断裂を起こしたりします。

治療のポイントは以下のとおりです。

急性期
1 炎症を早く抑えること。
2 固定すること。
3 関節の接合面が正常かどうか、つまり骨がずれていないかどうかです。

慢性期
1 関節が緩すぎないか?
2 患部付近の骨のズレがないか?
3 甘いものを食べすぎていないか?
4 胃腸の状態

急性期の治療

鍼灸でできること
1 炎症のある患部を通るラインのかたさ・痛みを確認。
炎症を抑えるツボを治療、
その場で熱感と腫れ、内出血が改善されます。

2~3日続けると、通常の固めるなどの保存療法より、
早く回復できることが多いです。

2 テーピングかサポーターで固定します。

3 整形外科や整骨院で結構見落とされるのが、
くじいたときに生じた骨のズレです。
足の関節をひとつひとつ動かして、チェックしていきます。
ずれていたら関節操作の整復をして戻します。

この3点を一緒にやりますと、
急性期の一般的な捻挫は、早く回復することが多いです。

慢性期の治療
慢性期の定義ですが、発生から1ヶ月以上経っているもの。
特に、
数年経っても、ときどき痛む
という患者さんが、当院をよく訪れます。
靭帯・骨・筋肉に効果のあるツボをカラダ全体調節して、関節の痛みや状態を改善させます。

捻挫を早く改善を希望される方は当院の鍼灸治療をお試しください。
あなたと新しい健康スタイルのために全力サポートします。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

動き初めに足が痛む

2016年07月30日
こんにちは。
大倉山 股関節痛ケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木です。

今回は動き初めに足が痛むのお話。

足の外側やももの外側にだるさがある場合は、

おしりまわりの筋肉が原因のことが多いです。

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、
動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。


画像

×のマークが原因で赤い場所が痛みやだるさを感じる場所です。

・おしりの筋肉が原因の症状の特徴は??

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。

これを、「初動作痛」「始動痛」ともいいます。

動き始めてしまうと痛みが薄らぐため、
「あれ。。気のせいかな?」とスルーしがちですが、だんだんに痛みを感じるタイミングが増え、痛みが続くようになります。

痛みやだるさが足に限定されないのも、おしりの筋肉が原因の症状初期にはよくあります。

膝や太ももに鈍痛を感じ、腰痛もあるので、坐骨神経痛と間違うことも少なくありません。症状の進行とともに、足やももに痛みが集中してきます。

・おしりの筋肉が原因の症状が疑われる症状は?

頭痛・肩こり・下肢のむくみと冷えなど、足やもも以外の不調と重なるケースがあります。

痛みの感じ方でいえば、左右どちらかの足に体重をかけた時、歩き始めや立ち上がり、階段の上り下りが強く痛みます。

知らず知らずのうちに片足を引きずって歩く、立ち姿勢が傾いているのも、おしりの筋肉が原因かもしれません。


放置すると痛みやだるさで腰をかばい、余計に股関節の可動域が狭く、固まってしまいます。

近くに専門機関がなくお困りの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

当院は足のだるさがカラダ全体の不調につながることあるので根本の原因に対して、しっかり手当てします。

帰り道にカラダが軽く、歩くことが楽になることがわかります!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

肉離れをしたら

2016年07月22日
こんにちは。
横浜市港北区大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は肉離れをしたらのお話。

先日、テニスをプロ顔負けのハードにされている方が来院されました。

以前は膝のケガで通院されていましたが、
調子もよくなり久しぶりの来院でした。

左足のふくらはぎを肉離れしたとのことでした。

「左のふくらはぎにバットで殴られたような強い衝撃が走りました」

そうなんです。私も肉離れを経験しているのでよくわかります。
あの衝撃は、痛いというよりびっくりします。

肉離れとは
「筋肉の収縮が急に行われた時に、筋肉の一部もしくは全部が切れてしまう」
ことを言います。簡単に言えば。

急に痛んだ場合の応急処置です。

1 安静にする
2 患部を冷やす
3 マッサージしたり、もまない


とにかく安静にして血流を抑えることが大切。
なるべく固定した状態で自然治癒させる。その間は無理して歩かない

これによって、腫れが抑えられたり内出血が軽くなります。

そして、専門機関で受診することをおすすめします。

当院では肉離れが早くよくなる鍼灸をしています。
ふくらはぎを痛めても、手や足やお腹や首を緩めると
肉離れの回復が早くなります。


肉離れでお困りの方はぜひ当院の鍼灸をお試しください。




新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

捻挫(ねんざ)で病院へ行く判断基準

2016年07月09日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、捻挫(ねんざ)で病院へ行く判断基準というお話。

私は中学2年の時に、球技大会のバレーボール中に派手な捻挫をしました。
部活がサッカーだったので、球技大会でケガをしたなんて言ったら、顧問の先生に怒られると思い、独学ガチガチテーピングをしてサッカーの練習をしました。

そしたら、見事に悪化し、いまだに左の足首に力がはいりにくいです。

あなたには同じようなケガを悪化させたくありません。
「病院に行くほどではない」
「それほど腫れていないし」
「痛みもないから骨折しているわけではないな」
「ちょっと様子をみよう」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、捻挫(ねんざ)は初期対応がすごく大切です。

そこで、捻挫(ねんざ)をしてしまい

整骨院や病院へ行くべき判断基準を教えます。

少しでも該当する方は、受診をおすすめします。

・痛み、腫れがひどい
・足首が変形している
・痛み、腫れ、内出血がひどい、足を動かせない、体重をかけられない、
 足がしびれる(骨折の疑いあり)
・24時間以上経過しても足首に体重がまったくかけられない
・72時間以上経過しても体重があまりかけられない
・早期に本格的なスポーツへの復帰を望んでいる場合
・足首がぐらぐらして不安定
(受傷直後は痛みと腫れがひどいため、わかりにくいこともある)

一つでも該当すればすぐに専門機関を受信しましょう。

見た目や痛みの程度だけで判断してしまうと、
重大な損傷に気づかないことがあります。

「骨折=腫れる」とは限りません。

また、靭帯が切れて出血しても、腫れることがあります。


また、骨折を放っておくと骨に支障が出る
骨折を放っておくと、変形したまま骨同士がくっついてしまったり、
骨同士がくっつかなくなってしまったりしてしまうこともあります。

私のように自己判断でその後の人生に悪影響を与えてしまうので、
少しでも重症が疑われる場合には、
できるだけ早めに専門機関にかかりましょう。

あなたと新しい健康スタイルのために全力サポートします。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足底腱膜炎

2016年07月02日
こんにちは。
大倉山 足の痛み対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足底腱膜炎のお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。
今回は足底腱膜炎についてお話します。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で立ったり歩いたりする時に痛みます。足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に傷つきやすくなっています。
痛みの特徴として、起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、少し固くなっている状態になります。それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ

年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 捻挫(ねんざ)と鍼灸

2016年06月30日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、捻挫(ねんざ)と鍼灸というお話。


足首の捻挫が治らない・・・

という方が結構いらっしゃいます。

スポーツや階段を踏み外して足首を捻挫する場合、
大半は内反捻挫(ないはんねんざ)と呼ばれる捻挫をします。
足の甲が内側へ曲がる捻挫です。
その時に足の外側の踝(くるぶし)から下の方へ伸びている靱帯が伸ばされ過ぎて、
部分断裂を起こしたりします。

治療のポイントは以下のとおりです。

急性期
1 炎症を早く抑えること。
2 固定すること。
3 関節の接合面が正常かどうか、つまり骨がずれていないかどうかです。

慢性期
1 関節が緩すぎないか?
2 患部付近の骨のズレがないか?
3 甘いものを食べすぎていないか?
4 胃腸の状態

急性期の治療

鍼灸でできること
1 炎症のある患部を通るラインのかたさ・痛みを確認。
炎症を抑えるツボを治療、
その場で熱感と腫れ、内出血が改善されます。

2~3日続けると、通常の固めるなどの保存療法より、
早く回復できることが多いです。

2 テーピングかサポーターで固定します。

3 整形外科や整骨院で結構見落とされるのが、
くじいたときに生じた骨のズレです。
足の関節をひとつひとつ動かして、チェックしていきます。
ずれていたら関節操作の整復をして戻します。

この3点を一緒にやりますと、
急性期の一般的な捻挫は、早く回復することが多いです。

慢性期の治療
慢性期の定義ですが、発生から1ヶ月以上経っているもの。
特に、
数年経っても、ときどき痛む
という患者さんが、当院をよく訪れます。
靭帯・骨・筋肉に効果のあるツボをカラダ全体調節して、関節の痛みや状態を改善させます。

捻挫を早く改善を希望される方は当院の鍼灸治療をお試しください。
あなたと新しい健康スタイルのために全力サポートします。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 シンスプリントが長引く理由

2016年05月28日
こんにちは。
大倉山 五十肩早期ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回はシンスプリントについてのお話

陸上部の方は特によく聞く言葉だと思います。
私はサッカーをしていましたが、友達がシンスプリントで長期リハビリをしていました。

・シンスプリントはなぜ起こるのか?

シンスプリントとは運動後にすねの内側の下1/3に沿った痛みを訴えるスポーツ障害の1つです。足首の内くるぶしの上10cm程の高さで脛骨という骨の際に約5~10cm程の広さで痛みが出てきます。

痛みの原因は骨に付着している筋肉がスポーツ動作(足首の動き)等により伸び縮みするため、骨の筋肉付着部が繰り返しのストレスを受けることにより痛みや炎症が発生すると考えられています。

シンスプリントは痛みを我慢し、治療しないで放置していると「疲労骨折」になることもあります。

・シンスプリントが長引く理由

シンスプリントの痛み方として徐々に痛みが増すということと、運動中・運動後のみ痛みが出るといった特徴があります。そのため、最初は痛みが少ないため症状を軽視する場合が多く、痛みが増してから(重度)治療を開始します。治療開始が遅くなることもシンスプリントが治りにくい原因の一つです。

また、シンスプリントが発症する原因筋の1つに、「ヒラメ筋」というふくらはぎの深部にある筋肉があります。
その「ヒラメ筋」は深層にあるため、痛みを引き起こしている部分は通常触れることさえ困難なのです。

しっかりと原因の箇所を特定出来なければ、どんな治療を行っても効果は出ません。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療法とは?

「シンスプリント」は足首の内くるぶしの上10cm程の高さで脛骨の筋の付着部の痛みなので、痛みの場所にストレスを与えている原因筋(特にヒラメ筋)をしっかりと特定していきます。
シンスプリントに関係する筋肉に対して適切にアプローチします。
痛み、運動制限のある筋肉の硬さを柔軟性のある筋肉に戻し、動かしても痛くない足にしていきます。

・マッサージやストレッチで回復が遅い方
・早くよくしたい場合方
・なかなか通院する時間がない方
は鍼灸をおすすめします。

当院ではシンスプリントの症状をよくしつつ、カラダまるごと根本解決の施術を行います。
たとえば、足に痛みがあると、カバーしようとして腰や背中の緊張やコリが出てくることがあります。
カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしても、すぐに不調の症状が戻ってしまします。
 

足がつらいからすねに直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけでシンスプリントのケアをすることができます。

・もんだり
・押したり
・ボキッとしたり
・繰り返す慢性化
・長期化した症状
でお困りの方、施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新横浜 捻挫

2016年05月25日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は捻挫(ねんざ)のお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫はなぜ起こるのか?

捻挫は動く範囲を超えた際に起きる、関節や靱帯・建・関節包など骨と骨の繋ぎ目の役割をしている部分が傷つくことです。
他の怪我に比べ、放っておくことが多く、適切な処置やその後のケアを怠ったために再発の多い怪我でもあります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、同じ思いをあなたにしてほしくありません。
自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。
筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷がみられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。腫れ・熱感・発赤)を見て、それに適した治療をします。
関節や靱帯を痛めているものに対しては、炎症をとるためのアイシング、関節を動かさないよう安静に保つために症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴(伸張反射と言います)があるので筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセにしないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

抱っこで足がだるい

2016年05月24日
こんにちは。
大倉山 股関節痛ケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木です。

今回は抱っこで足がだるいのお話。

抱っこの姿勢や体重のかけ方で、おしりから足がだるくなることがあります。
足の外側やももの外側にだるさがある場合は、おしりまわりの筋肉が原因のことが多いです。

画像

×のマークが原因で赤い場所が痛みやだるさを感じる場所です。

・おしりの筋肉が原因の症状の特徴は??

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。

これを、「初動作痛」「始動痛」ともいいます。

動き始めてしまうと痛みが薄らぐため、
「あれ。。気のせいかな?」とスルーしがちですが、だんだんに痛みを感じるタイミングが増え、痛みが続くようになります。

痛みやだるさが足に限定されないのも、おしりの筋肉が原因の症状初期にはよくあります。

膝や太ももに鈍痛を感じ、腰痛もあるので、坐骨神経痛と間違うことも少なくありません。症状の進行とともに、足やももに痛みが集中してきます。

・おしりの筋肉が原因の症状が疑われる症状は?

頭痛・肩こり・下肢のむくみと冷えなど、足やもも以外の不調と重なるケースがあります。

痛みの感じ方でいえば、左右どちらかの足に体重をかけた時、歩き始めや立ち上がり、階段の上り下りが強く痛みます。

知らず知らずのうちに片足を引きずって歩く、立ち姿勢が傾いているのも、おしりの筋肉が原因かもしれません。

これらの初期症状に加え、運動不足、筋肉の衰え、妊娠・出産、急激な体重の増加といったおしりの筋肉の原因に思い当たることがあれば、専門機関の受診をお勧めします。

放置すると痛みやだるさで腰をかばい、余計に股関節の可動域が狭く、固まってしまいます。

近くに専門機関がなくお困りの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

当院は足のだるさがカラダ全体の不調につながることあるので根本の原因に対して、しっかり手当てします。

帰り道にカラダが軽く、歩くことが楽になることがわかります!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

ふくらはぎの違和感

2016年05月18日
こんにちは。
大倉山 スポーツケア
口コミ紹介が多い
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回はふくらはぎの違和感のお話。

ふくらはぎの違和感で来院される方のほとんどが足が冷えています。

ふくらはぎの違和感やかたさ、だるさは

冷えが原因!!

かもしれません。

ふくらはぎが冷えたり筋肉が弱ってしまうことにより、血行が悪くなってしまい、ふくらはぎの硬さや違和感につながってしまいます。
血流が悪いふくらはぎには、冷たい・硬いなどの症状が表れます。

足が冷えているということは、お腹も冷えている可能性が大です。
お腹が冷えているから足も冷え、ふくらはぎに症状を感じているかもしれません。

特に下半身を冷やさないように気をつけたり、カラダを温める食べ物を積極的に摂るように心がけましょう。

ふくらはぎの違和感や硬くなるとどうなる?

ふくらはぎの違和感や硬さは冷えやむくみ、腰痛といった症状のほか、静脈瘤といった恐ろしい病気の引き金になる場合も!! 
また、コリコリした塊はふくらはぎを太くしてしまいます。

ふくらはぎの違和感の解消法は?

・自分でセルフマッサージとストレッチ
ふくらはぎを内くるぶしからひざに向かって、両手の親指で体重をかけながらゆっくりとマッサージしていく方法です。ストレッチと併用したり、お風呂上がりに行うとマッサージ効果がUPしますよ

・朝の起き掛けに膝から下へシャワー
朝は血行が悪いので、ふくらはぎの動きも悪くかたまってます。そのため
シャワーで30秒から1分温めましょう。

・道具を使ったマッサージ
手でマッサージしているとだんだんと手が疲れてきてしまいますよね。そこで、麺棒やマッサージ棒などを使うと力が上手く加えられる上に、手の疲れが軽減されますよ♪

・悪い姿勢や同じ筋肉に負担をかける歩き方や立ち方の癖を治す
姿勢や歩き方を治したところ、ふくらはぎの違和感がいつのまにか消えていく可能性があります。日常生活の姿勢や歩き方にコリの原因があるのなら、これを治すことでふくらはぎの硬さは改善されますので、姿勢や歩き方を一度チェックしてみるのも良いでしょう。外側に体重をかけずに内側に体重をかけすことがおすすめです。

・整骨院や鍼灸などプロの手を借りる
手っ取り早くふくらはぎをよくするにはプロにお任せすることが一番。

自分でマッサージしてもよくならない場合は、ふくらはぎだけの問題でないことが考えられます。
プロに相談することがよくなる早道かもしれません。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山新羽 足の裏の痛み

2016年04月15日
こんにちは。
大倉山 足の痛み対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。
今回は足底腱膜炎についてお話します。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で立ったり歩いたりする時に痛みます。足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に傷つきやすくなっています。
痛みの特徴として、起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、少し固くなっている状態になります。それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ

年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足首の痛み (3)

2015年06月03日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛解消
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は先日書いた捻挫の症状の追加報告の3回目です。

施術を開始して1か月。
まだ長く歩くと少し痛みが出たり、階段は気を付けながらになっているようですが、松葉づえが無くても歩けるまでに回復できました。

足首自体も少し腫れがあるかなぁというくらいで動きも良くなっています。

施術内容は同じにして、再び歩いてもらうと更に楽になるようです。
肺のポンプ作用の施術も継続しているためか大分回復が進んでいるように思えます。

あとは、自宅でもリハビリしていけばどんどん良くなっていきます。


捻挫したあとってそれまでは筋肉を使えなかった影響で筋力低下がとても進行しています。
足は体重を支えるので、やはり元の筋力が必要になります。
筋力不足のままだと捻挫グセになっちゃいますからね。。
しっかりリハビリしながら施術をしていけば、捻挫グセも回避できます。

完治までもうちょっとです。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

ももの外側から足の痛み

2015年05月24日
こんにちは。
大倉山 腰痛肩こり解消
カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、ももの外側から足の痛みのお話。

ダンスをされている方が来院されました。
痛みがある場所は、ももの外側から足先。

他院で、ももをマッサージしたが解消しないとのことで、お困りでした。
仕事でダンスをしたり、子供を抱っこされるので、
悪影響しているとのこと。
朝の起き上がりが一番つらくて、
動くのがしんどいため、鍼灸を受けることにしたそうです。

家族に鍼灸経験の方がいて、脅されて来院されました。刺される恐怖があり、緊張感たっぷり。

まずは、お腹と首を、足や手のツボを使い、ゆるめました。緊張感たっぷりでしたが、
「刺しているのがわからない」

と話されていました。
ももの外側を、股関節や腰や肩のツボ使いゆるめると、出来なかったあぐらをかくことができました。
まだ、左右差はありますが、ももの外側の痛みは半分以下。足先の痛みはなくなりました。

ももの外側の痛みで、ももをほぐしても解消されない場合、痛みの原因は他にあります。
直接ももに施術しなくても、原因になる場所をゆるめると痛みを感じている部分が楽になります。

あなたが、もし、痛みのある場所をほぐしても
解消されない場合、他に原因があります。

当院では痛みの原因にアプローチするので、
早期解消が期待できます。
さらに、
痛みを感じている部分の解消と
カラダまるごと改善により、
体調がよくなります。

痛みがなかなか解消せず、
お困りのあなたへ当院はお力添えできます。

ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

本当の原因を知りたい方はぜひ
お電話でご予約ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足首の痛み (2)

2015年05月07日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は先日書いた捻挫の症状の追加報告です。

これまで週一回の施術を計5回行い、今では腫れもなくなり、少しずつ歩けるようにもなりました。

初見の時は長くかかるかもと思いましたが、予想よりもかなり早い回復で経過も良好です。

しかし、外くるぶしの腫れは残っていてMRIの検査では血腫(血のかたまり)がゼリー状に固まっているようです。
(今までの経験上、こうなるとなかなか腫れが引きません。。)
注射で引き抜くこともできないので、そのまま腫れが引くのを待つしかないようですが、何か月とかなり時間がかかります。

そこで、最近では肺のポンプ作用を強くするような処置を足しています。

一見、足首の腫れと肺なんて関係なさそうに見えますが、

東洋医学では肺はカラダの血液などを全身に運ぶスプリンクラーのような役割をしていると言われています。

お腹は最初に比べて大分硬さは取れてきていていますが、おへそより上のほうがまだ硬いので、そこが肺の処置を足しながらどのくらい緩み、足首の腫れが引くのかを経過観察中です。

なんてったって今まで見てきた中でのトップ3に入るぐらいの捻挫ですから…。

時間はかかりますが、1日でも早くすんなり歩けるようになれればと思い、治療中です。

次回報告出来るときは歩けるようになっているといいなぁと思っています。

045-859-9959

大倉山で捻挫(ねんざ)でお困りの方

2015年04月26日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木です。

今回は大倉山で捻挫(ねんざ)でお困りの方のお話。

捻挫(ねんざ)とは、ひねって関節を痛めるケガのこと

私は足首の捻挫を何回もしました。その時のケアが悪くて
いまだに左足首の調子が悪いです。
だから、あなたには私のようになって欲しくありません。
だから、ちゃんと治しましょう。

どうして症状が起こるの?

捻挫(ねんざ)はスポーツや転倒などによって足首や指などをひねり
、関節部分が傷つくことで起こります。
腫れや痛みがなかなかひかない場合や、関節がグラグラしているときなどは、
骨折や靱帯断裂の場合もあります。


「関節」は、カラダを自由に動かすために働くための一つ



私たちが自由にカラダを動かせるのは、運動器がきちんと働いてくれているおかげです。

運動器は、骨と、それをつなぐ関節、関節をスムーズに動かす役割を持つ筋肉から成り立っています。
マニアなお話ですが
骨と骨とをつないでいる関節は、関節包という袋に包まれていて、中には軟骨や関節液とよばれる潤滑剤があり、スムーズな動きを助けています。
また、関節の外側には靱帯という筋があり、
それが骨と骨とをしっかりつなぎ、安定した運動ができるよう関節を支えています。


捻挫(ねんざ)とは、ひねって関節を痛めるケガのこと


捻挫(ねんざ)とは、不自然な形にひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。
関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすと、その部分が腫れてきます。
どこの関節にも起こる可能性がありますが、足首や指などに多くみられ、
突き指も捻挫(ねんざ)の一種です。

スポーツのほか、転んだり、階段を踏み外したりして起こるケースも多くあります。
こうした炎症、傷などの刺激によって、痛みが起こります。

スポーツや転んで足をひねってお困りの方!
早めに施術することをおすすめします。ほったらかしても治りは悪いです。

歩くのが痛かったり、階段がこんなにつらいのかと思うことになりますよ。

早く治したい、試合があるなどで早期改善を希望の方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足首の痛み

2015年04月24日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

最近はようやく暖かく春らしい天候になってきましたね。
春になると多くなるケガ…肉離れ、捻挫、ぎっくり腰などなども多くなる季節です。
その中でも今回は足首の痛みについての報告です。

休日に足首を捻り、初見時にはいつもの3倍に足首が腫れてしまった症例。

患部はもちろん、足の甲、すねにも内出血とむくみがあり、足を地面につけるのもままならない状態でした。

病院でのレントゲンでは骨に異常はなく、捻挫だろうという診断ですが、今まで見てきた捻挫の中でもトップ3に入る程の重症です。。


まずは患部と周囲の筋肉をチェック。

くるぶしの周囲、関節の部分、患部周囲の腱…

痛みもありますが、むくみがあるので、押した痕がくっきりと残ります。

腫れもすごいので、足首もほとんど動かせません。

周囲の筋肉をほぐし、動きをみます。

しかし、なかなか動かず…。予想通りではありましたが…。


そこで、筋肉の緊張を取る前にまずはむくみ、腫れを引かせるようにします。

出血した後の血液は、足の静脈を通り、お腹の静脈を通り、心臓に帰ります。

受傷当初から考えると、大分むくみが残っていたのでどこかに血液を渋滞させる原因があります。

まずはお腹をチェック。

おへその左側は血液の渋滞を表します。

硬かったり、押されて痛みがあると血液の渋滞があるのですが…。

押してみると…硬い!

とても硬い!!

これではお腹で渋滞を起こしてしまい、足の血液はなかなか回収されません。


まずはこの渋滞を何とかしなければ…。

なので、鍼灸でお腹の渋滞を取り、血液循環を良くしながらマッサージで患部周囲の筋肉を緩めて、動きを出すような施術にします。

お腹はおへその左側だけでなく、ほぼすべての箇所がとても硬い…。

それでも、鍼を施すとお腹の硬さは緩んできました。

動かしてもらうと、「さっきより動く」とのこと。

鍼をした後に軽く患部周囲の筋肉を緩ませると、さらに動かせるようになりました。

お腹の静脈の流れが良くなり、足首周りの血液が回収され、腫れも引くと動かせるようになります。

そこで立ってもらい、出来る範囲で足を着けてもらうと、足先をつくだけでも痛かったのがなんとか踵を着けるまでになりました。

最初の施術としてはまずまずでしたが、とても重症な捻挫なので、仕事に復帰できるまでしっかり施術をしなければなりません。


今回のような腫れがひどい捻挫は、患部だけでなく、カラダ全体の血液循環を良くすると回復は早くなります。

また、普段から循環の良い方は回復も早くなるとも言えます。

まだまだ改善が必要な症状なので、また次回にも報告させて頂きます。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山 捻挫

2015年02月08日
こんにちは。
大倉山 腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は捻挫のお話。

当院には、激しい運動や急に起きた捻挫の方も来院されます。

捻挫とは関節をひねって痛めたケガのことを言います。足首や膝関節に起こりやすく、関節に過度の負荷がかかり、靭帯(じんたい)と呼ばれる関節の動きを制限し安定させる組織を損傷してしまった症状です。

捻挫は放置してしまうと治りが遅いばかりか、関節をかばうことで周りの筋肉が固くなり、そのため、関節の可動領域がせばまり、後の生活に支障をきたす恐れがあります。
私も捻挫を今でも後遺症ありますよ!

このような事態を防ぐためにも早急に捻挫治療をうけることが重要です。

実は良く耳にする「つき指」や「ぎっくり腰」も、これに分類されます。捻挫の特徴として、一度挫いてしまうと再度同じ場所を挫く(クセになる)という点です。

当院では急性期には安静、圧迫、固定と患部の動揺を防ぐ施術、急性期を過ぎた後は手技療法、「整復調整法」を用い関節の動きや働きを正常に戻し、早期の回復、復帰を目指します!!

急に起きた怪我は早急な処置が必要です。

そんな時にはにお電話ください!!

腫れが早く引く「カラダまるごと改善」がコンセプトです。
「捻挫」なら単に施術するだけではなく捻挫をを引き起こしている
昔のケガ・傷・弱くなりやすい部分やフォーム、プレイスタイルなどの背景を考え、「カラダまるごと改善」します

あなたにピッタリなストレッチ、トレーニング、アップやクールダウンのお話もします。
当院が全力でサポートしますので、ぜひ治療を受けてみて下さい。

お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

ランナーのケガ

2015年02月02日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

いよいよ
2015年(平成27年)2月22日(日)東京がひとつになる日。
が近づいて来ました。

当院も参加されるランナーの方が何人います。

よいタイムがでるように鍼灸治療やストレッチ、効果的なケアや食事のサポートをしています。

今回はランナーのケガの話。

「ランナーズニー(腸脛靭帯炎)」について

マラソンをしている人が増えてきていることもあり、

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)で悩まれている方も多くなっています。


原因として「使いすぎ」ということがよく上げられますが、使いすぎが原因というのは少し納得しにくいですよね。


なぜならば、同じくらい走っている人がたくさんいます。


腸脛靭帯炎になる人、ならない人がいるということは

使いすぎだけが原因ではありません。


走るときに足の外側に体重をかけすぎておこることが多いです。


過度に足の外側に負担がかかり、

そんな状態で使いすぎていると腸脛靭帯炎になることが多いです。



カラダをうまく使えないとケガをしてしまいます。


筋肉が弱いだけでも、使いすぎだけが原因ではないのです!!


ストレッチや電気をかけたり、マッサージをしてもよくならないという方は、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


カラダまるごと治療で痛みが解消されていきますよ~!

今すぐお電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

足首をひねったママ

2015年01月24日
こんにちは。
大倉山 腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

日本代表残念。次回に期待です。

さて今回は足首をひねったママのお話。

夜中に足首をひねったママさんが来院。
右足首をポッカリ腫れて、足首を伸ばすのが怖いのと痛いとのこと。

足首の状態を見て、これまでのカラダの状態を聞くと、
冷え性やお腹が硬くなっていたり、さまざまです。

次の日ハードな仕事のため早く治りたいとの希望で
足首の治療に加えて、カラダまるごと治療することに。

お腹や首をゆるめために、鍼とお灸を施術しました。
すると、伸ばすのが出来なかった、足首の動きがでてきました。
足を着いて歩くと、引きずっていた歩き方が痛みは感じるけど歩くのスムーズなりました。
テーピングで固定しようと考えましたが、かぶれやすい体質のために包帯で固定しました。
ブーツもはいて歩くことができ喜ばれていたので、よかったです。
腫れを引かせる方法を伝えてこの日の治療は終了。

次の日来院すると、腫れもひき歩くのもだいぶ楽とのことでした。

軽度の捻挫と腫れがほぼなくなったことが早く改善したコツでした。
自己判断で固定したりするよりもプロに手当てするほうが回復は早いですよ~。
足首をひねってお悩みの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山菊名 足首を捻挫した

2015年01月13日
こんにちは。
大倉山 捻挫早期改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

高校サッカー決勝戦、前橋育英と星陵とも素晴らしい試合でしたね。
アジアカップの日本代表も勝ってよかったです。
イラク戦・ヨルダン戦も楽しみですね。
連覇に向けて頑張ってもらいたいです。

今回は、残念捻挫(ねんざ)というお話。


足首の捻挫が治らない・・・

という方が結構いらっしゃいます。

スポーツや階段を踏み外して足首を捻挫する場合、
大半は内反捻挫(ないはんねんざ)と呼ばれる捻挫をします。
足の甲が内側へ曲がる捻挫です。
その時に足の外側の踝(くるぶし)から下の方へ伸びている靱帯が伸ばされ過ぎて、
部分断裂を起こしたりします。

治療のポイントは以下のとおりです。

急性期
1 炎症を早く抑えること。
2 固定すること。
3 関節の接合面が正常かどうか、つまり骨がずれていないかどうかです。

慢性期
1 関節が緩すぎないか?
2 患部付近の骨のズレがないか?
3 甘いものを食べすぎていないか?
4 胃腸の状態

急性期の治療

鍼灸でできること
1 炎症のある患部を通るラインのかたさ・痛みを確認。
炎症を抑えるツボを治療、
その場で熱感と腫れ、内出血が改善されます。

2~3日続けると、通常の固めるなどの保存療法より、
早く回復できることが多いです。

2 テーピングかサポーターで固定します。

3 整形外科や整骨院で結構見落とされるのが、
くじいたときに生じた骨のズレです。
足の関節をひとつひとつ動かして、チェックしていきます。
ずれていたら関節操作の整復をして戻します。

この3点を一緒にやりますと、
急性期の一般的な捻挫は、早く回復することが多いです。

慢性期の治療
慢性期の定義ですが、発生から1ヶ月以上経っているもの。
特に、
数年経っても、ときどき痛む
という患者さんが、当院をよく訪れます。
靭帯・骨・筋肉に効果のあるツボをカラダ全体調節して、関節の痛みや状態を改善させます。

捻挫を早く改善を希望される方は当院の鍼灸治療をお試しください。

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

大倉山でももの裏に痛みがある方へ

2014年12月23日
こんにちは。

大倉山腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

クリスマスの飾りで町がキレイになってますね。もうすぐ、なくなるのが寂しい感じがします。

今回は、ももの裏の痛みその後の話。

ストレッチでももの裏を痛めた方が2回目の治療にやってきました。痛みの具合を聞くと、走るとつっぱるが、動いたり、じっとしていても痛みはなくなった。と喜ばれていました。

早く痛みがなくなった一番の秘訣は、

痛めたその日に来たこと。

です。普段から運動やストレッチをされているのも大きいですが、やはり、痛みを感じてすぐに治療したのが一番大きいです。

自分でケアできる程度のケガであればよいのですが、やはり痛めてすぐに適切に治療するのが一番。そうすると治りも早いので日常生活や家事育児、仕事にも影響せずに済みますよ~。

ももの裏だけでなく、痛みを感じたら通院のサインです。すると、治りも早いし、来院する回数も少なくて、経済的にも負担が少なくて済みます。
痛みを感じたら、お電話くださいませ!
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

大倉山綱島 ももの裏に痛みがある方へ

2014年12月15日
こんにちは。

大倉山綱島 腰痛肩こり改善
スタイルが鍼灸整骨院佐々木です。

サンタクロースは、どこにいるの?と質問攻めされて困ってます。

今回は、ストレッチしてたらももの裏に痛みがきたというお話。

ヨガやダンスをされている50代のアグレッシブルな女性。朝、ストレッチをしていたら、ももの裏に痛みがきて慌てて来院。

調べるとももの裏の膝に近い内側がさわるだけで足が動くほどの痛み。いつもの脈やお腹や首を調べて、治療スタート。

お腹の固さや首の固さをとると、ももの裏の伸ばすストレッチをしても痛みが減りました。

さらに、治療を加えていくとももの裏をさわっても痛みがないとのこと。

ももの裏の痛みや肉離れにはお灸が、かなり効きます。鍼にお灸をのせる灸頭鍼をするとさらに、ゆるくなりさわれるようになりました。

自宅でできるお灸を症状のひどさ、大会がちかいなど急ぎの場合使ってもらいます。さわれるようになりました。

ももの痛みでお悩みの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金