本日 22 人 - 昨日 146 人 - 累計 127701 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS
こんにちは。
大倉山 腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中のおしりの鈍痛のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。

お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、

それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。

痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

それでも、
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


などの

大腿筋膜張筋

に痛みがある場合は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

メッセージありがとうございました。


画像

N.T 20代 菊名

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

・腰痛 ・お尻の痛み
・足のしびれ ・逆子


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

最初は「少し良くなったかな?」という感じでしたが、
3回目くらいには、急に良くなってきてビックリ
しました。逆子は4回目の治療後に治りました。


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

約一年半悩まされていた腰痛が治ってきた
時は感動しました。鍼は今まで試したことが
なかったですが、自分に合えばとても良い結果
が出ると思います。


※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。


ママとベビちゃんに負担のない鍼灸をしています。

つわりや妊娠トラブルにも対応していますよ~

無理せずお早目にお電話でください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は、妊婦さんの顔にピクピク感についてのお話。

妊婦さんは、赤ちゃんの成長とともにカラダにいろんな変化がでてきます。
お腹が大きくなってきたり、
ホルモンなどの分泌量がふえたり、
カラダの外側と内側が変わるため、
それにともないトラブルも多くなってかいます。

画像

産婦人科でよく言われる妊娠トラブル以外にも、
手のシビレや腰、肩、背中など筋肉の痛みなどのトラブルもあります。

意外なんですが、他に
首から耳の裏にかけてのこわばりや
顔がピクピクすることもあります。

肩こりや首こりが原因だったり、
カラダや心の環境の変化やさまざたなことが重なりでてきます。

妊娠してることもあり、不安になるかもしれませんが、
脳が原因の症状以外は改善が見込まれます。

画像

当院では肩こりや首こりだけでなく、
カラダ全体の緊張感をとり、
リラックスできるようなカラダにしたり、
ホルモンなどのバランスを整えたり、
出産に向けてベストなカラダを目指した治療をしていきます。

顔がピクピクして不安な妊婦さんは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子になったらのお話。

逆子になってしまい、初めて鍼灸を受ける妊婦さんを施術することがあります。


検診で逆子ということがわかり、どうしていいか悩み
体操しても変わらず、
鍼は苦手だけど、赤ちゃんのためにと鍼灸を
試してみようという決心される方が多いですね。

ここで、なぜ逆子になってしまうか?

画像
お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤やあしが冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。
赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。


そうなるとお母さんがすることは、冷えないようにすることですよね。

冷たいものや甘いものを控えて、
足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えを改善しましょう。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチは入念にしてくださいね。


当院では血液循環を良くする、骨盤や足が温かくなるようなる施術を行っていきます。

あなたもカラダを冷えていませんか?
画像
逆子でお困りの時は、当院までご連絡ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の施術をお試しください!

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の腰痛とおしりの鈍痛のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。
画像
お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、

それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

画像

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。

痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

それでも、

・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


などの

大腿筋膜張筋

に痛みがある場合は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
画像
当院は妊婦さんの治療をしています。
妊娠の期間や状態により
ママとベビちゃんに負担のない治療をしています。

つわりや妊娠トラブルにも対応していますよ~

無理せずお早目にお電話でください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんの痛みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の膝の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、
膝や腰、ももの付け根に痛みがでてくることがあります。

「痛いからといって薬には頼れない」
とよく聞きます。
だからといってただただ我慢はつらいですよね。
家事や仕事ややることはたくさんあるのが主婦ですし。
画像
こういう時こそ、鍼灸の出番です。

膝が痛いからといって膝をマッサージしてもそれほどよくならないことが多いです。
画像
中には、膝に水がたまることもあります。

当院では、妊婦さんの治療を得意としています。

妊娠中の体調に合わせたツボを選び、膝に直接刺激しなくてもよくなっていきます。

今回の妊婦さんの場合、膝痛だけでなく、

「膝痛・腰痛・冷え」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。
画像
妊娠中の膝痛で、どこに行って治療していいか不安の様子でしたが、2回の鍼灸施術で痛みが
なくなってよかったです。妊娠中のため薬に頼らずに膝の調子がよくなり、今後は安産に向けた体調管理ですね。

メッセージをありがとうございました。


Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
・施術後は体がポカポカ
 冷え対策は地道に続けたい


M・Yさん 女性 30代 会社員 港北区大倉山
画像
※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりと背中が痛みの関係のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

画像

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像

つわりは胃の症状が多いですが、胃の裏は背中になるので背中も痛めることがあります。甘いものを食べ過ぎても背中を痛めます。

妊娠中は制限が多くストレスがたまり大変ですが、つわりが重なるとますますストレスがたまりますよね。

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりがよくなります。


つわりの症状として多いのは

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。
画像
さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

つわりと背中を痛める方もいます。
お腹に胃があると思いますが、背中に胃の反応がでることがあります。
胃の症状が背中に悪影響を与えるからです。
つわりの鍼灸をする場合、背中の反応点も注意して施術します。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!




現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をしてよくなっています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

最近は過ごしやすくなりましたが、冷えにはご注意しましょう。

温かいものを食べ、冷蔵庫の飲料水ではなく、なるべく常温で飲みましょう。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

画像
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちわ。
大倉山 妊婦さん対応
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は、妊婦さんの治療が出来る治療院のお話。

当院は妊婦さん特有の症状の治療が出来ます。
画像
鍼灸は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中だけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のお母さん、

今後妊娠の可能性がある方にとって、安全で信頼性の高い治療とされています。

また、妊娠期は
つわりに始まり腰痛、肩こり、逆子など
マイナートラブルに悩む方が少なくありません。
元気な逆子の赤ちゃんを何人もひっくり返してきました。
ひっくり返したといっても、
その環境を作っているママさんやひっくり返った赤ちゃんがえらいのであって、私はお手伝いしただけですが・・・。
画像

妊婦さんの鍼灸はどんなことをするの?

まずは、妊婦さんの大きくなったお腹に負担がかからない安定した安全な姿勢で、ツボに鍼やお灸を施して行きます。

多い症状は

腰痛や肩こり、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった、

妊婦さんのカラダにおこる様々なトラブルの解消のため、
脈やおなか・首の固さ、冷えているツボを調べ、
カラダ全体を調整します。
画像
また、リラックスさせる(副交感神経)機能を高めるので、
自律神経やホルモンバランスがよくなり、
ストレスを軽減し、

精神的にも肉体的にもリラックスできますよ。

妊婦さんが鍼灸に行ける時期は、いつからいつまで?

自然妊娠で母子ともに健全な状態で成長していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。妊娠糖尿病など何から白の体調不具合がある妊婦さんは、お医者さんの許可を受けた上で、安定期から施術を開始してくださいね。いつまでという時期は特になく、出産直前まで通ったという妊婦さんもいますよ。

できれば、妊娠前から治療をうけるのがおすすめです。

当院では、妊婦さんのご利用が多いです。

「整骨院なのに、妊婦さんの治療できるんだあ」

と言われていました。


鍼灸を受けて、リラックスしたマタニティライフをすごしませんか?

妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。
画像
大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりの悩み

2017年09月10日
こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、現在

つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
画像


無事につわりが楽になり卒業される方、
安産の体調管理のために利用される方、
マタニティーライフを負担なく生活される
お手伝いができよかったです。


つわりは我慢しかない!

と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

生活習慣を変えるあげるだけで症状が楽になることもあります。


ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。


画像
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。



つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。
画像

西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。
画像

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の腰痛、お尻の痛み、足のシビレ、逆子のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。

お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、
画像
それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。
画像
痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

妊娠中は甘い物の摂る量に気をつけましょう。

来院当初、妊娠7カ月の妊婦さんから
患者さんの声を頂きました。

妊娠前から腰痛に悩まされ、お腹が大きくなるにつれ
お尻の痛みや足のシビレの症状が追加されてつらそうでした。

さらに逆子ということで自分のこととベビちゃんの心配事が
重なりました。

お仕事をされながらのマタニティライフで
カラダを休むことがなかなか難しい状況でした。

3回の鍼灸で腰痛、お尻の痛み、足のシビレ
逆子も改善してよかったです。


甘い物とカラダを冷やさないように、
体調がよくなるセルフケアが早期改善につながりました。

来月の出産に向けて安産鍼灸で頑張りましょうね。

メッセージありがとうございました。


画像

N.T 20代 菊名

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

・腰痛 ・お尻の痛み
・足のしびれ ・逆子


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

最初は「少し良くなったかな?」という感じでしたが、
3回目くらいには、急に良くなってきてビックリ
しました。逆子は4回目の治療後に治りました。


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

約一年半悩まされていた腰痛が治ってきた
時は感動しました。鍼は今まで試したことが
なかったですが、自分に合えばとても良い結果
が出ると思います。


※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
画像

横浜市港北区大倉山のスタイル鍼灸整骨院は
西洋医学では原因不明で治療法がない、
薬に頼りたくないという方に東洋医学から治療を行う鍼灸院です。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりが楽になったというお話。

毎月、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

吐きつわりの妊婦さんが仕事復帰したにもかかわらず
楽になったと昨日わざわざごあいさつに来てくれました。
お姉ちゃんがいる中のつわりはとっても大変だったと思いますが
時間は少しかかりましたが、状態が安定してひと安心です。


画像

つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

メッセージありがとうございました。


つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、
『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、
残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。
画像
病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。
妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。
そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、
「つわり」の鍼灸をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」
画像


こういう症状こそ、鍼灸が最適!

甘いものや冷たいものを摂り過ぎていてもつわりが
ひどくなることもあります。


食生活を見直すだけで、症状が楽になる場合もあるんですよ~

画像
当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、
原因をしっかりとケアすれば
つわりは変化します。

なので、

つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠さんの治療が得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠さんのケアのお話。

当院では妊婦さんのお悩みに対応しています。

・つわりがひどくてつらい
・股関節の痛みで歩くのがきつい
・腰が痛くて家事ができない

などのつらい症状でお悩みでした。

画像

働きながらのマタニティライフの方も多く来院されました。

出産までギリギリ仕事を続けながらのマタニティライフは、大変。なんとか妊婦さんにとって快適なよい制度ができないものかと思いますね。

お仕事をしながらの妊婦さんのお悩みで多いのが、
休めないということ以外に


・デスクワークの悩み

デスクワークのお仕事は長時間座った姿勢が続く。
つらいけど休憩できないことでした。
座ってるんだからいいでしょ?という雰囲気もあるそうです。

・立ち仕事の悩み

立ち仕事の悩みで多いのはしんどくても座れないこと。
力仕事も自分から「代わってほしい」と言い出せず我慢していることがあります。

画像

休んだほうがいい気になるサインは?

カラダや心にも負担がかかる仕事。
続けていることでこんな症状は出ていませんか?

そんな症状は…?

お腹の張り、痛み
高血圧
疲れやすい
出血 
褐色のおりもの   


いつもと違うな?と感じることがあったら、病院で相談してみてください。

このような症状が出るということは「頑張りすぎだから休んで」とカラダが言っているのかもしれません。

なるべく寝て過ごしたり、家事なども家族に任せるくらいでいたほうがいいこともあります。

当院では、
・つわり、
・膝の痛み、
・腰からおしりやももの裏の方まで痛み響く感じがする
・おなかが大きくなるにつれて腰痛がひどくなってきた
・座っているのも股関節がつらい
・足のむくみがひどい
・首、肩のコリがつらい
・足がつる


の妊娠のつらい症状をケアしています。
鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。
顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように
配慮しています。

病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など
一人で悩まずにご相談ください。

画像

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の腰痛、お尻の痛み、足のシビレ、逆子のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。

お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、
画像
それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。
画像
痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

妊娠中は甘い物の摂る量に気をつけましょう。

来院当初、妊娠7カ月の妊婦さんから
患者さんの声を頂きました。

妊娠前から腰痛に悩まされ、お腹が大きくなるにつれ
お尻の痛みや足のシビレの症状が追加されてつらそうでした。

さらに逆子ということで自分のこととベビちゃんの心配事が
重なりました。

お仕事をされながらのマタニティライフで
カラダを休むことがなかなか難しい状況でした。

3回の鍼灸で腰痛、お尻の痛み、足のシビレ
逆子も改善してよかったです。


甘い物とカラダを冷やさないように、
体調がよくなるセルフケアが早期改善につながりました。

来月の出産に向けて安産鍼灸で頑張りましょうね。

メッセージありがとうございました。


画像

N.T 20代 菊名

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

・腰痛 ・お尻の痛み
・足のしびれ ・逆子


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

最初は「少し良くなったかな?」という感じでしたが、
3回目くらいには、急に良くなってきてビックリ
しました。逆子は4回目の治療後に治りました。


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

約一年半悩まされていた腰痛が治ってきた
時は感動しました。鍼は今まで試したことが
なかったですが、自分に合えばとても良い結果
が出ると思います。


※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
画像

横浜市港北区大倉山のスタイル鍼灸整骨院は
西洋医学では原因不明で治療法がない、
薬に頼りたくないという方に東洋医学から治療を行う鍼灸院です。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、現在

つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
画像


無事につわりが楽になり卒業される方、
安産の体調管理のために利用される方、
マタニティーライフを負担なく生活される
お手伝いができよかったです。


つわりは我慢しかない!

と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

生活習慣を変えるあげるだけで症状が楽になることもあります。


ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。


画像
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。



つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。
画像

西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。
画像

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中に多いお悩みのお話し。

妊娠すると日に日に大きくなるお腹を支えるために、
姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかります。
また妊娠中は運動不足になりがちで、
その結果、腰痛、骨盤の歪み、肩こりなど様々なトラブルが
起きやすくなります。

カラダの変化によりさまざまな症状が出てきます。

当院を利用している妊婦さんで多いお悩みは!!

・腰が痛い(腰痛)!
妊娠初期から臨月まで妊娠期間中最も多い悩みです。
ぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

画像

・足の痛みやしびれ!
足の付け根の痛みや違和感、足のしびれ、
足がつるなど足の筋肉に負担がかかています。

・肩こりや背中の痛み!
食生活や日常生活のバランスが崩れるため背中に不調が
でたり、スマホの使いすぎによる肩こりの方が多いです。

画像

妊娠中はカラダを動かす範囲が限定され一部の筋肉や骨格
に大きな負担をかけてしまいます。

可能な範囲で動きをつけることは出産にもよいといわれています。
妊娠中はしかたないとあきらめずに快適なマタニティライフを
すごし出産に備えましょう。

妊娠中の鍼灸は

鍼灸を行うと、新陳代謝が上がり、体全体の血流が良くなります。
血行が良くなると、筋肉がほぐれ、効果的に筋肉を鍛えることができます。
骨盤まわりの筋肉を鍛えることは、安産にも効果があると考えられていますよ。

また、痛みの解消だけでなく、便秘や冷え、
むくみの解消にもつながるのも嬉しいですよね。

妊娠中の変化

◎ホルモンバランスの変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎子宮の変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎体重の変化
体重の増加は下腹部の内臓や神経、血管を物理的に圧迫してしまいます。

期待できる鍼灸の主な効果

・ 腰痛、肩こり、背中の痛みの解消
・ 骨盤の歪みの解消
・ 足のむくみや足つりの解消
・ 便秘の解消
・ 尿漏れの解消
・ 静脈瘤や痔の解消
・ 冷えの解消
・ 出産時に使う筋肉をほぐす
・ リフレッシュやリラックス効果


妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

画像

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりが楽になったというお話。

毎月、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

吐きつわりの妊婦さんが仕事復帰したにもかかわらず
楽になったと昨日わざわざごあいさつに来てくれました。
お姉ちゃんがいる中のつわりはとっても大変だったと思いますが
時間は少しかかりましたが、状態が安定してひと安心です。


画像

つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

メッセージありがとうございました。


つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、
『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、
残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。
画像
病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。
妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。
そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、
「つわり」の鍼灸をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」
画像


こういう症状こそ、鍼灸が最適!

甘いものや冷たいものを摂り過ぎていてもつわりが
ひどくなることもあります。


食生活を見直すだけで、症状が楽になる場合もあるんですよ~

画像
当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、
原因をしっかりとケアすれば
つわりは変化します。

なので、

つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんの痛みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊婦さんの膝の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、
膝や腰、ももの付け根に痛みがでてくることがあります。

「痛いからといって薬には頼れない」
とよく聞きます。
だからといってただただ我慢はつらいですよね。
家事や仕事ややることはたくさんあるのが主婦ですし。

画像


こういう時こそ、鍼灸の出番です。

膝が痛いからといって膝をマッサージしてもそれほどよくならないことが多いです。

中には、膝に水がたまることもあります。

当院では、妊婦さんの治療を得意としています。

妊娠中の体調に合わせたツボを選び、膝に直接刺激しなくてもよくなっていきます。
画像
今回の妊婦さんの場合、膝痛だけでなく、

「膝痛・腰痛・冷え」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。
画像
妊娠中の膝痛で、どこに行って治療していいか不安の様子でしたが、2回の鍼灸施術で痛みが
なくなってよかったです。妊娠中のため薬に頼らずに膝の調子がよくなり、今後は安産に向けた体調管理ですね。

メッセージをありがとうございました。


Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
・施術後は体がポカポカ
 冷え対策は地道に続けたい


M・Yさん 女性 30代 会社員 港北区大倉山

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

画像

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と冷えの関係のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い「腰痛」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、ただでさえ、腰痛になりやすいのに、便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、腰の筋肉が硬くなると「腰痛」となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、便秘を改善しない限り、腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりの悩み

2017年06月10日
こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、現在

つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

つわりは我慢しかない!

と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

生活習慣を変えるあげるだけで症状が楽になることもあります。


ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。


画像
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。



つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の腰痛のお話。

妊娠中はお腹が大きくになるにつれ、
腰痛、お尻の痛みや足のシビレの症状が増えてきます。

原因の一つとしては、

つま先が外側に向き、さらに
外側に体重をかけてしまうためです

体重を外側にかけてしまうと、
おしりや股関節にくっついている筋肉を使うので、
腰痛になりやすくなります。

なので、

簡単な予防法として

内側に体重をのせること

内側に体重をのせることで、ももの内側に体重がかかり、
おしりの筋肉への負担が軽減されます。



制限の多い妊娠生活で、カラダの痛みやシビレは
大きなストレスになります。
ストレスを感じるとついつい甘い物で気分転換してくなりますよね。
甘い物を摂るとさらに痛みやシビレを増強してしまう悪循環

妊娠中は甘い物の摂る量に気をつけましょう。

来院当初、妊娠7カ月の妊婦さんから
患者さんの声を頂きました。

妊娠前から腰痛に悩まされ、お腹が大きくなるにつれ
お尻の痛みや足のシビレの症状が追加されてつらそうでした。

さらに逆子ということで自分のこととベビちゃんの心配事が
重なりました。

お仕事をされながらのマタニティライフで
カラダを休むことがなかなか難しい状況でした。

3回の鍼灸で腰痛、お尻の痛み、足のシビレ
逆子も改善してよかったです。


甘い物とカラダを冷やさないように、
体調がよくなるセルフケアが早期改善につながりました。

来月の出産に向けて安産鍼灸で頑張りましょうね。

メッセージありがとうございました。


画像

N.T 20代 菊名

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

・腰痛 ・お尻の痛み
・足のしびれ ・逆子


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

最初は「少し良くなったかな?」という感じでしたが、
3回目くらいには、急に良くなってきてビックリ
しました。逆子は4回目の治療後に治りました。


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

約一年半悩まされていた腰痛が治ってきた
時は感動しました。鍼は今まで試したことが
なかったですが、自分に合えばとても良い結果
が出ると思います。


※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
横浜市港北区大倉山のスタイル鍼灸整骨院は
西洋医学では原因不明で治療法がない、
薬に頼りたくないという方に東洋医学から治療を行う鍼灸院です。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠中に腰が痛い

2017年05月30日
こんにちは。
大倉山 妊娠トラブル対応
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中に腰が痛いのお話し。

妊娠中の骨盤痛には以下の3つのタイプがあります。

・恥骨付近の痛み
恥骨付近の刺すような痛み、鈍痛、電流が走るような痛み、ズキズキする痛み

恥骨付近が痛い時の対応方法

足を開く動きで痛みがでるので足を閉じるようにすると楽です。
例えば、車の乗り降りやベッドに横になったり、起き上がったりする際には足を開かないようにする。


・腰の痛み(腰痛)
腰の真ん中あたり、しばしば腿の後ろにも痛みを感じます。長時間立っていたり、同じような姿勢を続けたり、物を持ち上げたり、ひねったりすると痛み

・股関節の痛み(おしり周り)
骨盤、仙腸骨周囲の深い位置での鈍痛
足の付け根、ももの後部あたり、お尻の頻繁な痛み

腰や股関節が痛い時の対応方法

・横になる時

腕の間に抱き枕を入れる。膝の間とお腹の下に枕をはさみ横向きに寝る。

・立ちの時

頭の上を真っ直ぐに引っ張られているような気持ちで真っ直ぐに立ちます。
スマホを見る姿勢には特に気をつけましょう。

・座る時

背もたれの真っ直ぐな椅子を選びましょう。深く沈むイスに長時間座ると痛みがでることがあるので気をつけましょう。
膝とお尻が同じ高さになるようにして猫背にならないようにしましょう。
小さな枕などを背中と椅子の間に置くのもいいでしょう。

妊娠中は偏った姿勢になってしまうことがおおいです。

妊娠中に腰痛防止になる歩き方や立ち方にあります。

妊娠中に腰を痛める方のほとんどが、

つま先が外側に八の字のようになり、外側に体重をのせて歩いています。

試しに、靴の裏をチェックしてみましょう。
外側の減りがあったり、外側のかかとをすってる方は要注意。

簡単な改善方法。

内側に体重をかけるように歩く。

足の親指に体重をのせるイメージです。

ぜひ試してくださいね。

痛みがなかなかひかない場合は
早めに専門家のもとで治療しましょう。

腰だけのもんでもよくならない場合は、
鍼灸で
かまるごと改善するほうが治りやその後の体調がよいです。

つわりや逆子など妊娠トラブルや
安産や体調維持のために鍼灸で安定される方が多いです。



妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は、妊婦さんの顔にピクピク感についてのお話。

妊婦さんは、赤ちゃんの成長とともにカラダにいろんな変化がでてきます。
お腹が大きくなってきたり、
ホルモンなどの分泌量がふえたり、
カラダの外側と内側が変わるため、
それにともないトラブルも多くなってかいます。

産婦人科でよく言われる妊娠トラブル以外にも、
手のシビレや腰、肩、背中など筋肉の痛みなどのトラブルもあります。

意外なんですが、他に
首から耳の裏にかけてのこわばりや
顔がピクピクすることもあります。

肩こりや首こりが原因だったり、
カラダや心の環境の変化やさまざたなことが重なりでてきます。

妊娠してることもあり、不安になるかもしれませんが、
脳が原因の症状以外は改善が見込まれます。

当院では肩こりや首こりだけでなく、
カラダ全体の緊張感をとり、
リラックスできるようなカラダにしたり、
ホルモンなどのバランスを整えたり、
出産に向けてベストなカラダを目指した治療をしていきます。

顔がピクピクして不安な妊婦さんは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア

スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と冷えの関係のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、
腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、
お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い
腰痛
」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、
ただでさえ、腰痛になりやすいのに、
便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、
実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。

腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、
骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、
腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、
直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、
腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、
腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで
、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、
気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、
筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、
腰の筋肉が硬くなると
「腰痛」
となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、
運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、

どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、
腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、
改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、
冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、
血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は
控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、
動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、
近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、
足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、
妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、
腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、
便秘を改善しない限り、
腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、
全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、
一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

逆子の原因は?

2017年05月19日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。

赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の腰痛とおしりの鈍痛のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。

お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、

それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。

痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

それでも、
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


などの

大腿筋膜張筋

に痛みがある場合は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

当院は妊婦さんの治療をしています。
妊娠の期間や状態により
ママとベビちゃんに負担のない治療をしています。

つわりや妊娠トラブルにも対応していますよ~

無理せずお早目にお電話でください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊婦さんお悩みのお話し。

妊娠すると日に日に大きくなるお腹を支えるために、
姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかります。
また妊娠中は運動不足になりがちで、
その結果、腰痛、骨盤の歪み、肩こりなど様々なトラブルが
起きやすくなります。

カラダの変化によりさまざまな症状が出てきます。

当院を利用している妊婦さんで多いお悩みは!!

・腰が痛い(腰痛)!
妊娠初期から臨月まで妊娠期間中最も多い悩みです。
ぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

・足の痛みやしびれ!
足の付け根の痛みや違和感、足のしびれ、
足がつるなど足の筋肉に負担がかかています。

・肩こりや背中の痛み!
食生活や日常生活のバランスが崩れるため背中に不調が
でたり、スマホの使いすぎによる肩こりの方が多いです。

妊娠中はカラダを動かす範囲が限定され一部の筋肉や骨格
に大きな負担をかけてしまいます。

可能な範囲で動きをつけることは出産にもよいといわれています。
妊娠中はしかたないとあきらめずに快適なマタニティライフを
すごし出産に備えましょう。

妊娠中の鍼灸は

鍼灸を行うと、新陳代謝が上がり、体全体の血流が良くなります。
血行が良くなると、筋肉がほぐれ、効果的に筋肉を鍛えることができます。
骨盤まわりの筋肉を鍛えることは、安産にも効果があると考えられていますよ。

また、痛みの解消だけでなく、便秘や冷え、
むくみの解消にもつながるのも嬉しいですよね。

妊娠中の変化

◎ホルモンバランスの変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎子宮の変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎体重の変化
体重の増加は下腹部の内臓や神経、血管を物理的に圧迫してしまいます。

期待できる鍼灸の主な効果

・ 腰痛、肩こり、背中の痛みの解消
・ 骨盤の歪みの解消
・ 足のむくみや足つりの解消
・ 便秘の解消
・ 尿漏れの解消
・ 静脈瘤や痔の解消
・ 冷えの解消
・ 出産時に使う筋肉をほぐす
・ リフレッシュやリラックス効果


妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、現在

つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中に多いお悩みのお話し。

妊娠すると日に日に大きくなるお腹を支えるために、
姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかります。
また妊娠中は運動不足になりがちで、
その結果、腰痛、骨盤の歪み、肩こりなど様々なトラブルが
起きやすくなります。

カラダの変化によりさまざまな症状が出てきます。

当院を利用している妊婦さんで多いお悩みは!!

・腰が痛い(腰痛)!
妊娠初期から臨月まで妊娠期間中最も多い悩みです。
ぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

・足の痛みやしびれ!
足の付け根の痛みや違和感、足のしびれ、
足がつるなど足の筋肉に負担がかかています。

・肩こりや背中の痛み!
食生活や日常生活のバランスが崩れるため背中に不調が
でたり、スマホの使いすぎによる肩こりの方が多いです。

妊娠中はカラダを動かす範囲が限定され一部の筋肉や骨格
に大きな負担をかけてしまいます。

可能な範囲で動きをつけることは出産にもよいといわれています。
妊娠中はしかたないとあきらめずに快適なマタニティライフを
すごし出産に備えましょう。

妊娠中の鍼灸は

鍼灸を行うと、新陳代謝が上がり、体全体の血流が良くなります。
血行が良くなると、筋肉がほぐれ、効果的に筋肉を鍛えることができます。
骨盤まわりの筋肉を鍛えることは、安産にも効果があると考えられていますよ。

また、痛みの解消だけでなく、便秘や冷え、
むくみの解消にもつながるのも嬉しいですよね。

妊娠中の変化

◎ホルモンバランスの変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎子宮の変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎体重の変化
体重の増加は下腹部の内臓や神経、血管を物理的に圧迫してしまいます。

期待できる鍼灸の主な効果

・ 腰痛、肩こり、背中の痛みの解消
・ 骨盤の歪みの解消
・ 足のむくみや足つりの解消
・ 便秘の解消
・ 尿漏れの解消
・ 静脈瘤や痔の解消
・ 冷えの解消
・ 出産時に使う筋肉をほぐす
・ リフレッシュやリラックス効果


妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠トラブルケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

GWはカレンダー通り祝日・日曜日は休診になります。
5月1日、2日、6日は通常診療になります。



今回は妊婦ですが、背中が痛くて診てもらえますか?のお話。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。

「妊婦ですが、背中が痛くて診てもらえますか?」

大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を
探している方から問い合わせがありました。

「できます!」

当院は、妊婦さんの腰痛、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状も得意です。

妊婦さんの背中の痛みの症状の多くは

背中に引っ張られるような痛みがあり、背中を動かすのもつらい。

立っているときは後ろに体重をかけると背中は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、つかれてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんのお悩みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の頭痛のお話し。

先日、妊婦さんで頭痛のお悩みで来院された方がいました。
妊娠前は頭痛が治まらなければ、
市販の頭痛薬を服用されていました。
が、妊娠中は市販のお薬は使うことが怖いとのことでした。

安定期に入ってつわりが落ち着いたのに、
頭痛に悩まされることがあります。


妊娠中の頭痛は、普段とはちがった理由も考えられます。

残念ながら頭痛を根本的に薬でよくすることは、妊娠中は控えます。そんな時に限って頭痛が継続してしまうもの。

妊娠中の頭痛原因

・ホルモン変化

妊娠したら急に頭痛持ちになるのはホルモンの影響が強いと考えられます。赤ちゃんがお腹にいるため、二人分の調整が必要になるためです。

・悪い姿勢

お腹が大きくなるとどうしても猫背になったり、スマホを背中をまるめ頭がおちるような悪い姿勢になりがち。背中や肩が張って首を緊張させてしまい頭痛につながります。

・ストレス

妊娠中期になり安定期で体調は落ち着いたと言っても、妊婦として生活することでストレスを感じる場面も少なくありません。今までとは、ライフスタイルが変化し、うれしさもありますが、不安もあります。

・疲労

お腹が大きくなり、が思うようにカラダが動かないことが多々あります。人ごみに行くと普段以上に疲れたり、お腹が膨らんでカラダのバランスが変わりと疲労が溜まりやすくなります。


・不安

安定期になると体調はよくなったものの体型変化や、出産に不安を感じるものです。考え過ぎて頭痛がすることもあります。また、安定期になっても治まらないつわりに不安を感じることもあります。

簡単に挙げただけでもこれだけの頭痛原因が考えられます。
「つわりが終わったのに、頭痛が、、、」と落ち込んでしまいますよね。

妊婦さんの頭痛の対応方法


カラダを温める


・腸内を温める
冷たいものを控え、温かいものを飲んだり食べたりしましょう。腸内が暖まると全身にめぐる血液循環がよくなるからです。

・足を温める
頭痛持ちの方は特に足が冷えていることが多いです。足湯や足にシャワーをかけたり足を温め、カラダの下から温かくしましょう。

・骨盤を温める
骨盤の冷えは妊婦さんには天敵です。逆子のきっかけにもなります。ホッカイロなどで骨盤を温めるとよいです。

・首を温める
タオルをまいたり、ドライヤーで首を温めるのがおすすめ。首を温めて頭痛がひどくなったら、冷やしてください。

・たっぷり眠る

頭痛を強く感じるのは、起きている時です。たっぷり眠って、頭痛のない時間を作りましょう。

特に安定期では仕事を継続している人も多いので、なかなか休息時間を増やすことができずにいる妊婦さんも多くいます。休日は1時間遅く起きるなど、少しでも休息時間を増やしてください。

あまり眠ってばかりだと、怠けていると指摘する人もいるかもしれませんが聞き流してしまいましょう。妊娠中のあなたにとって、周囲に妊婦でも頑張っている姿を見せることよりも、母体の体調をよくすることのほうが大切です。

お薬に頼れないし、我慢するしかないと聞きますが、我慢せずに適切な医療機関を受診することをおすすめします。

妊婦さんで頭痛でお困りの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

「痛いかな」
「怖いな」
という方も多いので、そのような不安な方には
当院オリジナルの刺さない鍼で施術しています。ちなみに私の奥様にも刺さない鍼で施術しています。

ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中のおしりの鈍痛のお話。

妊婦さんで
「おしりと腰が痛い」
という方は多いです。

お腹が大きくなるにつれ
腰やおしりに負担をかけますが、

それよりも

普段の体重のかけ方が問題になります。

体重のかけ方や姿勢により痛めてしまいます。

特に

・しゃがんだり、腰を曲げると痛む。
・イスから立とうと動き始めでおしりや腰が痛む。
・靴下をはこうとすると痛い
・ももの外側にしびれや違和感がある


こんなシーンで痛みを感じる場合

・大腿筋膜張筋

が痛めている可能性があります。

この筋肉の働きは

・ももを上げる
・足を外側に開く
・膝やももを伸ばす

などです。

痛みのでる場所
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


生活での注意点

・外側に体重をかけないように、内側に体重をのせる
・ストレッチしてから走る、歩く
・足を組まない
・前かがみを長時間しない

です。

痛みがある場合は、前ももを伸ばすストレッチ
がおすすめです。

ストレッチやお風呂で前ポケットの回りを温めたり、マッサージしましょう。

それでも、
・ポケットのある股関節まわり
・おしりの脇
・ももの前(前ポケット周囲)から膝の上
・ももの外側~膝の外側


などの

大腿筋膜張筋

に痛みがある場合は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

当院は妊婦さんの治療をしています。
妊娠の期間や状態により
ママとベビちゃんに負担のない治療をしています。

つわりや妊娠トラブルにも対応していますよ~

無理せずお早目にお電話でください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちわ。
大倉山 妊婦さん対応
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊娠中の治療が出来る治療院のお話。

当院は妊婦さん特有の症状の治療が出来ます。

鍼灸は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中だけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のお母さん、

今後妊娠の可能性がある方にとって、安全で信頼性の高い治療とされています。

また、妊娠期は
つわりに始まり腰痛、肩こり、逆子など
マイナートラブルに悩む方が少なくありません。
元気な逆子の赤ちゃんを何人もひっくり返してきました。
ひっくり返したといっても、
その環境を作っているママさんやひっくり返った赤ちゃんがえらいのであって、私はお手伝いしただけですが・・・。


妊婦さんの鍼灸はどんなことをするの?

まずは、妊婦さんの大きくなったお腹に負担がかからない安定した安全な姿勢で、ツボに鍼やお灸を施して行きます。

多い症状は

腰痛や肩こり、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった、

妊婦さんのカラダにおこる様々なトラブルの解消のため、
脈やおなか・首の固さ、冷えているツボを調べ、
カラダ全体を調整します。

また、リラックスさせる(副交感神経)機能を高めるので、
自律神経やホルモンバランスがよくなり、
ストレスを軽減し、

精神的にも肉体的にもリラックスできますよ。

妊婦さんが鍼灸に行ける時期は、いつからいつまで?

自然妊娠で母子ともに健全な状態で成長していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。妊娠糖尿病など何から白の体調不具合がある妊婦さんは、お医者さんの許可を受けた上で、安定期から施術を開始してくださいね。いつまでという時期は特になく、出産直前まで通ったという妊婦さんもいますよ。

できれば、妊娠前から治療をうけるのがおすすめです。

当院では、妊婦さんのご利用が多いです。

「整骨院なのに、妊婦さんの治療できるんだあ」

と言われていました。


鍼灸を受けて、リラックスしたマタニティライフをすごしませんか?

妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。

赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠中の頭痛

2017年04月18日
こんにちは。
大倉山 妊娠トラブルケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の頭痛のお話し。

妊娠中はカラダの変化や反応がたくさん起きます。
つわりやむくみ以外に
妊娠中のトラブルでよくある症状が

頭痛

です。

頭痛に悩まされる女性は多いですが

妊娠中は痛み止めの薬をすぐに飲むわけにはいかず、
対応に困ってしまいますよね。

妊娠中に頭痛が起きやすい原因と、
妊婦さんでもできる対応方法をご紹介します。

頭痛には、ざっくり2つのタイプがあります。
タイプ別に対応のやり方が違うので
あなたがどのタイプなのかを知ることが大切です。

偏頭痛

偏頭痛は、脳内の血管が広がって血流量が増えることで起こります。
目の周りがズキズキと痛んだり、
体を動かしたときに痛んだりするのが特徴です。
吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化することが
引き金になります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)
と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えて
バランスが乱れることで、脳の血管が広がり
やすくなって偏頭痛が起こります。


緊張型頭痛

緊張型頭痛は、脳への血流量が減少して酸素不足になり
脳周辺の筋肉がこわばることで現れます。
後頭部から首筋にかけて頭全体が
締め付けられるように痛むのが特徴です。

偏頭痛と違って吐き気や嘔吐は起こりませんが、
めまいや体のだるさを感じることがあります。

妊娠すると運動不足気味になり、体の血行が悪くなります。
血行不良で腰や肩、首が凝ってしまい、
頭痛を引き起こします。妊娠中期を過ぎて
お腹が大きくなってくると、
疲れやすくなったり、寝不足気味になったりして、
頭痛がさらに悪化することも。

また、妊娠中は鉄分の不足で鉄欠乏性貧血を起こしやすく、
それが原因で緊張型頭痛になっている場合もあります。


妊娠中に頭痛が頻繁に起きたら、

どんな時に痛みがでているのか

を把握できると対処がしやすくなります。

「頭痛が起きる前に何をしていたか」

を簡単に記録しておきましょう。

・スマホやPCを見ていた
・蛍光灯の光が強い場所にいた
・食べ過ぎた後
・寝不足、もしくは寝過ぎ


など、頭痛が現れやすいタイミングをある程度つかめるかもしれません。
頭痛が現れるタイミングを避けることで、
頭痛が起きる頻度を抑えることができます。

また、時期には個人差がありますが、
特につわり中は頭痛が起きやすい時期です。

妊娠中の頭痛はできるだけ薬に頼らず、
生活習慣の見直しや対症療法で改善することも大切です。
ストレスや疲れが頭痛を悪化させることがあるので、
日頃からたっぷり睡眠をとり、体調管理をして、
無理のない範囲で体を動かして血行を良くしておきましょう。

また頭痛を感じたときは安静にしてくださいね。
偏頭痛でも緊張型頭痛でも
椅子に座るか横になるかして体を休めることです。
偏頭痛の場合なら冷たい濡れタオルで冷やし、
緊張型頭痛なら痛いところをあたためて
血行改善すると痛みが和らぎますよ。

それでも頭痛がよくならない場合は
主治医に相談しましょう。

または

妊婦さんの頭痛の施術ができる治療院で
施術を受けることをおすすめします。

「頭痛、腰痛、めまい」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。

いつもひどくなってからの手当てが多いですが、ご本人の回復力の早さに驚きます。好きなテニスがのびのびできてよかったです。
メッセージをありがとうございました。

画像

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

A 頭痛、腰痛、めまい 

Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

A からだの重さがすっきり取れました。
いつもこんなひどくなる前に来たいのですが、
死にそうになってから先生に治していただいています。
すいません。



Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

A どんなにひどい状態で死にそうになっても
先生がすっきり治してくれます!!


 はしもとさん女性 40代 主婦 港北区菊名

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

頭痛には困っているk、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中に多いお悩みのお話し。

妊娠すると日に日に大きくなるお腹を支えるために、
姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかります。
また妊娠中は運動不足になりがちで、
その結果、腰痛、骨盤の歪み、肩こりなど様々なトラブルが
起きやすくなります。

カラダの変化によりさまざまな症状が出てきます。

当院を利用している妊婦さんで多いお悩みは!!

・腰が痛い(腰痛)!
妊娠初期から臨月まで妊娠期間中最も多い悩みです。
ぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

・足の痛みやしびれ!
足の付け根の痛みや違和感、足のしびれ、
足がつるなど足の筋肉に負担がかかています。

・肩こりや背中の痛み!
食生活や日常生活のバランスが崩れるため背中に不調が
でたり、スマホの使いすぎによる肩こりの方が多いです。

妊娠中はカラダを動かす範囲が限定され一部の筋肉や骨格
に大きな負担をかけてしまいます。

可能な範囲で動きをつけることは出産にもよいといわれています。
妊娠中はしかたないとあきらめずに快適なマタニティライフを
すごし出産に備えましょう。

妊娠中の鍼灸は

鍼灸を行うと、新陳代謝が上がり、体全体の血流が良くなります。
血行が良くなると、筋肉がほぐれ、効果的に筋肉を鍛えることができます。
骨盤まわりの筋肉を鍛えることは、安産にも効果があると考えられていますよ。

また、痛みの解消だけでなく、便秘や冷え、
むくみの解消にもつながるのも嬉しいですよね。

妊娠中の変化

◎ホルモンバランスの変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎子宮の変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎体重の変化
体重の増加は下腹部の内臓や神経、血管を物理的に圧迫してしまいます。

期待できる鍼灸の主な効果

・ 腰痛、肩こり、背中の痛みの解消
・ 骨盤の歪みの解消
・ 足のむくみや足つりの解消
・ 便秘の解消
・ 尿漏れの解消
・ 静脈瘤や痔の解消
・ 冷えの解消
・ 出産時に使う筋肉をほぐす
・ リフレッシュやリラックス効果


妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と腰痛のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い「腰痛」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、ただでさえ、腰痛になりやすいのに、便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、腰の筋肉が硬くなると「腰痛」となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、便秘を改善しない限り、腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。

赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠中の膝の痛み

2017年03月08日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんの痛みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の膝の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、
膝や腰、ももの付け根に痛みがでてくることがあります。

「痛いからといって薬には頼れない」
とよく聞きます。
だからといってただただ我慢はつらいですよね。
家事や仕事ややることはたくさんあるのが主婦ですし。

こういう時こそ、鍼灸の出番です。

膝が痛いからといって膝をマッサージしてもそれほどよくならないことが多いです。

中には、膝に水がたまることもあります。

当院では、妊婦さんの治療を得意としています。

妊娠中の体調に合わせたツボを選び、膝に直接刺激しなくてもよくなっていきます。

今回の妊婦さんの場合、膝痛だけでなく、

「膝痛・腰痛・冷え」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。
画像
妊娠中の膝痛で、どこに行って治療していいか不安の様子でしたが、2回の鍼灸施術で痛みが
なくなってよかったです。妊娠中のため薬に頼らずに膝の調子がよくなり、今後は安産に向けた体調管理ですね。

メッセージをありがとうございました。


Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
・施術後は体がポカポカ
 冷え対策は地道に続けたい


M・Yさん 女性 30代 会社員 港北区大倉山

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山菊名 花粉ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の花粉ケアのお話し。

妊婦さんで花粉で困っておられる方とは、案外多いです。

もともと花粉持ちは、毎年それだけでも大変な思いをしているののに
妊娠期と重なったら、さらにしんどいことは想像以上です。

お薬を安易に使うことが出来ず悩みますよね。

できたら安心して妊娠生活を送りたいですよね。

妊婦さんと花粉の付き合い方をご紹介します。。

花粉と上手に付き合うには

・帰宅したらすぐうがい・手洗い

帰宅してすぐにうがい・手洗いをして、
花粉を洗い流しましょう。

コンタクトの妊婦さんはコンタクトにも
びっしり花粉が付いてるので、
外せれるのなら外してしまいましょう。

・外出時は花粉がつきにくい服装

基本的にマスクは標準装備しますが、
花粉が髪の毛につかないように帽子を被り、
目に入らないように眼鏡をかけましょう。

コートは服をすっぽり覆えるもので、
ナイロン素材がベストです。

・家に入る前に必ず花粉を落とす

玄関に入る前にコート、帽子に付着した花粉をしっかり落として、
家の中に持ち込まないようにしましょう。

先ほどお伝えしたナイロンのコートだと花粉が落ちやすいです。

・花粉を家に持ち込むのは自分だけではない

あなただけが花粉を家に持ち込んでいるのではありません。

同居人である旦那さんにもきっちり花粉を
持ち込まない対策をしてもらいましょう。

・窓は開けない

花粉が飛び始めたら基本的には
窓を開けないようにしましょう。

花粉は時間帯によって飛散量が変化します。

午後1時から3時は飛散量が最も多くなるので、
この時間の換気は避けましょう。

夕方には飛散は少なくなり始め、
深夜から早朝にかけてはもっとも少ない時間帯ですので、
換気は日が落ちてからがベスト。

空気清浄機の活用も積極的に。

・洗濯物は外に干さない

洗濯物を外に干すと花粉が付着するので避けましょう。

乾燥機、浴室乾燥、室内干しで
乾かすようにしましょう。

これだけ生活に制限があるとストレスがたまりますが、
理想の付き合い方になります(笑)

自宅でできるケアは

鼻うがい。

鼻うがいのよさ、方法や注意点を紹介していきます。

・鼻づまりスッキリ
鼻うがいを行った後は、のどの痛みや鼻詰まりがスッキリします。

・花粉ケア
鼻うがいを行うと鼻粘膜に付着した花粉を洗い流す事ができるので、とても有効的な方法です。鼻の不快な感が楽に。

鼻うがいのやり方は?

・まずは市販されている鼻うがい用のうがい液セットを用意します。

画像

・溶液を容器に移します。1回20mlです。
画像
・溶液をぬるま湯ほどの温度にするため、コップにお湯を注ぎ、容器ごと少し温めます。こうすると液体がのどを通るときに刺激が少なくなります
画像
※ここからは少しコツがあります。それまでは焦らず、少しずつ行うようにしてください。

・溶液を片方の鼻に入れます。

・鼻から口に流すように、少し鼻をすすります。
 このとき強くすすらないようにします。
 強くすすってしまうと中耳炎にかかってしまうので、気を付けましょう。

・口に降りてきた溶液を吐き出します。

これを左右交互に行います。

鼻うがい後、すぐには鼻をかまないようにしてください。
というのは、直後は鼻の中に溶液があるため、鼻をかんでしまうと耳に溶液が入ってしまい、中耳炎になってしまう恐れがあるためです。


ここまでざっと紹介しましたが、正直慣れるまでは少し時間がかかります。
栗原先生が
鼻うがいをし始めた頃、やはり鼻に液体を入れるという行為に抵抗があり、
20ml全て使い切るまで相当時間がかかりましたが、
今では慣れたため、30秒ほどで出来るようになりました。

うがい液は生理食塩水にうがい薬を入れたものなので、
まったくツーンと来ないので安心してできます。


少し手間がかかるところもありますが、その後はとても快適です。

最初は抵抗があり、少し恐いと思いますが、
少しずつ慣れてくるとカラダにも良い効果が出てきます。
お試しください

食事を気を付けることも大切。

腸内を温めること!!


具体的には
・冷たい飲み物・食べ物を控えて温かいものを摂る。
・カラダが冷えないような服装をする。(特に腰から足にかけて)

これだけです。

アレルギー体質の方の共通点、

それは腸内温度が低いこと。

腸内の酵素は温度が低いと働きが鈍くなります。

こうなると、食べたものや空気と一緒に腸内に入ってきた花粉をを分解しきれずに吸収することになってしまいます。

すると腸内の免疫細胞は、分解しきれずに吸収したものを「異物」と判断します。

この免疫細胞はとても強力で、あの手この手を使ってカラダに取り込まないようにします。
そして、同じ異物が入ってきたら追い出すようにカラダ全体に指令を送ります。
つまりは、「花粉を指名手配」した状態です。


この指名手配状態が花粉症になってしまう原因です。

花粉症でお悩みの方もこの時期多く来院されます。

妊娠中の花粉でお悩みの方はぜひ当院の鍼灸をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療腰痛肩こりカラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりがよくなる鍼灸というお話。

当院ではつわりでお悩みの妊婦さんを施術しています。
つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・吐き気
        などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や
        脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、
残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、
確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。

画像
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちわ。
大倉山 妊婦さん対応
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの治療が出来る治療院のお話。

当院は妊婦さん特有の症状の治療が出来ます。

鍼灸は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中だけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のお母さん、

今後妊娠の可能性がある方にとって、安全で信頼性の高い治療とされています。

また、妊娠期は
つわりに始まり腰痛、肩こり、逆子など
マイナートラブルに悩む方が少なくありません。
元気な逆子の赤ちゃんを何人もひっくり返してきました。
ひっくり返したといっても、
その環境を作っているママさんやひっくり返った赤ちゃんがえらいのであって、私はお手伝いしただけですが・・・。


妊婦さんの鍼灸はどんなことをするの?

まずは、妊婦さんの大きくなったお腹に負担がかからない安定した安全な姿勢で、ツボに鍼やお灸を施して行きます。

多い症状は

腰痛や肩こり、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった、

妊婦さんのカラダにおこる様々なトラブルの解消のため、
脈やおなか・首の固さ、冷えているツボを調べ、
カラダ全体を調整します。

また、リラックスさせる(副交感神経)機能を高めるので、
自律神経やホルモンバランスがよくなり、
ストレスを軽減し、

精神的にも肉体的にもリラックスできますよ。

妊婦さんが鍼灸に行ける時期は、いつからいつまで?

自然妊娠で母子ともに健全な状態で成長していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。妊娠糖尿病など何から白の体調不具合がある妊婦さんは、お医者さんの許可を受けた上で、安定期から施術を開始してくださいね。いつまでという時期は特になく、出産直前まで通ったという妊婦さんもいますよ。

できれば、妊娠前から治療をうけるのがおすすめです。

当院では、妊婦さんのご利用が多いです。

「整骨院なのに、妊婦さんの治療できるんだあ」

と言われていました。


鍼灸を受けて、リラックスしたマタニティライフをすごしませんか?

妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は妊娠初期の腰の痛みのお話。

妊娠初期の腰の痛みで施術を受けに来る方はけっこう多いです。

つわりの一種という説もありますが、
今まで
腰の痛みを感じたことがない方が腰の不具合に悩まされることもあります。


妊娠初期の腰の痛みの原因は?


妊娠中はホルモンの分泌が活発になり、
お腹に子宮が大きくなってきたりとカラダがいろいろ変わっていきます。

妊娠後期には大きくなったお腹を支えようとして背中や腰に負担をかけてしまい、腰痛や股関節の痛みを引き起こす原因となります。

しかし、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期の場合、
なぜ腰痛が起きてしまうの・・・

そのひとつが原因

ホルモン分泌によるもの
そのホルモンとは・・・

「リラキシン」

の影響があります。


まだお腹も大きくないのにどうしてこんなにツラいの?
と妊婦さんに質問を受けました。

妊娠初期の腰痛は出産準備として多量に分泌される卵巣ホルモンの一種である「リラキシン」というホルモンが関係しています。

このホルモンは、出産時赤ちゃんがスムーズに狭い産道を通ってこられるように少しずつ関節や靭帯を緩める作用があります。

出産には必ずと言っていいほど必要なホルモンなのですが、緩んできた骨盤や背骨を支えようとするために、靭帯や筋肉、関節などにいつも以上の負荷がかかり、妊娠初期でも腰痛となってしまうと考えられています。

妊娠中に腰痛の症状があらわれることがあります。

主な原因はホルモンと姿勢によるもの。
妊娠初期にあらわれる腰痛は、まずひとつ目に女性ホルモンのひとつである「リラキシン」というホルモンによるものと考えられます。

リラキシンは、生理前や妊娠3ヶ月から産後2~3日まで分泌されるといわれています。

リラキシンの作用は主に「関節とじん帯を緩める」こと。

例えば出産時の赤ちゃんはおよそ2500~3500グラムですが、
狭い骨盤を通り抜けるには少々大き目。

骨盤をスムーズに通り抜けられるように、
リラキシンにより間接を緩めるというわけです。
特に骨盤の「骨盤結合」といわれる部分(膀胱のあたりにある大きな骨)を
緩める作用があるようです。

リラキシンは、骨盤の他にも緩めるといわれています。
つまりじん帯が緩んでしまうことで、
関節の動く範囲が過剰になり、
関節を支えるために筋肉・腱・関節へのストレスが
大きくなってしまいます。

妊娠中には体重が10kg前後増えますので、
体重増加により腰への負担が大きくなってしまいます。
すでに腰痛持ちである場合には、妊娠により悪化することも考えられます。

このホルモンの分泌は、
3ヶ月頃から増え始め、
4ヶ月頃(12週)でピークを迎えます。
6ヶ月(20週)以降は低下し、7ヶ月(24週)までは横ばいです。

その後、妊娠後期ではまた増え始め、それに応じて腰痛が起きる率も上がっていきます。

妊娠初期の腰痛はほとんどの妊婦さんが経験しています。
ですので、
腰痛が出たからといって特に心配し過ぎる必要はありません。

また、普段から腰痛があったり、
ほとんど運動もせず筋肉がついていない人も腰痛が出やすいと
言われています。日ごろからしっかりとカラダを動かし、筋力をつけておきたいですね。

当院では、腰だけではなくカラダまるごと根本解決していきます。

安心できるマタニティライフが過ごせるよう
あなただけのオーダーメイドの鍼灸を行います。


腰の痛みの軽くする姿勢やカラダの使い方などセルフケアもお伝えしておりますよ~。
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊婦さんお悩みのお話し。

妊娠すると日に日に大きくなるお腹を支えるために、
姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかります。
また妊娠中は運動不足になりがちで、
その結果、腰痛、骨盤の歪み、肩こりなど様々なトラブルが
起きやすくなります。

カラダの変化によりさまざまな症状が出てきます。

当院を利用している妊婦さんで多いお悩みは!!

・腰が痛い(腰痛)!
妊娠初期から臨月まで妊娠期間中最も多い悩みです。
ぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。

・足の痛みやしびれ!
足の付け根の痛みや違和感、足のしびれ、
足がつるなど足の筋肉に負担がかかています。

・肩こりや背中の痛み!
食生活や日常生活のバランスが崩れるため背中に不調が
でたり、スマホの使いすぎによる肩こりの方が多いです。

妊娠中はカラダを動かす範囲が限定され一部の筋肉や骨格
に大きな負担をかけてしまいます。

可能な範囲で動きをつけることは出産にもよいといわれています。
妊娠中はしかたないとあきらめずに快適なマタニティライフを
すごし出産に備えましょう。

妊娠中の鍼灸は

鍼灸を行うと、新陳代謝が上がり、体全体の血流が良くなります。
血行が良くなると、筋肉がほぐれ、効果的に筋肉を鍛えることができます。
骨盤まわりの筋肉を鍛えることは、安産にも効果があると考えられていますよ。

また、痛みの解消だけでなく、便秘や冷え、
むくみの解消にもつながるのも嬉しいですよね。

妊娠中の変化

◎ホルモンバランスの変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎子宮の変化
からだを支えている靱帯をやわらかくするホルモンが出るためにカラダを支える力が低下します。

◎体重の変化
体重の増加は下腹部の内臓や神経、血管を物理的に圧迫してしまいます。

期待できる鍼灸の主な効果

・ 腰痛、肩こり、背中の痛みの解消
・ 骨盤の歪みの解消
・ 足のむくみや足つりの解消
・ 便秘の解消
・ 尿漏れの解消
・ 静脈瘤や痔の解消
・ 冷えの解消
・ 出産時に使う筋肉をほぐす
・ リフレッシュやリラックス効果


妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、
体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。
上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、
おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスした
マタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠中に腰が痛い

2017年02月28日
こんにちは。
大倉山 妊娠トラブル対応
大倉山駅近 スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中に腰が痛いのお話し。

妊娠中の骨盤痛には以下の3つのタイプがあります。

・恥骨付近の痛み
恥骨付近の刺すような痛み、鈍痛、電流が走るような痛み、ズキズキする痛み

恥骨付近が痛い時の対応方法

足を開く動きで痛みがでるので足を閉じるようにすると楽です。
例えば、車の乗り降りやベッドに横になったり、起き上がったりする際には足を開かないようにする。


・腰の痛み(腰痛)
腰の真ん中あたり、しばしば腿の後ろにも痛みを感じます。長時間立っていたり、同じような姿勢を続けたり、物を持ち上げたり、ひねったりすると痛み

・股関節の痛み(おしり周り)
骨盤、仙腸骨周囲の深い位置での鈍痛
足の付け根、ももの後部あたり、お尻の頻繁な痛み

腰や股関節が痛い時の対応方法

・横になる時

腕の間に抱き枕を入れる。膝の間とお腹の下に枕をはさみ横向きに寝る。

・立ちの時

頭の上を真っ直ぐに引っ張られているような気持ちで真っ直ぐに立ちます。
スマホを見る姿勢には特に気をつけましょう。

・座る時

背もたれの真っ直ぐな椅子を選びましょう。深く沈むイスに長時間座ると痛みがでることがあるので気をつけましょう。
膝とお尻が同じ高さになるようにして猫背にならないようにしましょう。
小さな枕などを背中と椅子の間に置くのもいいでしょう。

妊娠中は偏った姿勢になってしまうことがおおいです。

妊娠中に腰痛防止になる歩き方や立ち方にあります。

妊娠中に腰を痛める方のほとんどが、

つま先が外側に八の字のようになり、外側に体重をのせて歩いています。

試しに、靴の裏をチェックしてみましょう。
外側の減りがあったり、外側のかかとをすってる方は要注意。

簡単な改善方法。

内側に体重をかけるように歩く。

足の親指に体重をのせるイメージです。

ぜひ試してくださいね。

痛みがなかなかひかない場合は
早めに専門家のもとで治療しましょう。

腰だけのもんでもよくならない場合は、
鍼灸で
かまるごと改善するほうが治りやその後の体調がよいです。

つわりや逆子など妊娠トラブルや
安産や体調維持のために鍼灸で安定される方が多いです。



妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠さんの治療が得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠さんのケアのお話。

当院では妊婦さんのお悩みに対応しています。

・つわりがひどくてつらい
・股関節の痛みで歩くのがきつい
・腰が痛くて家事ができない

などのつらい症状でお悩みでした。

働きながらのマタニティライフの方も多く来院されました。

出産までギリギリ仕事を続けながらのマタニティライフは、大変。なんとか妊婦さんにとって快適なよい制度ができないものかと思いますね。

お仕事をしながらの妊婦さんのお悩みで多いのが、
休めないということ以外に


・デスクワークの悩み

デスクワークのお仕事は長時間座った姿勢が続く。
つらいけど休憩できないことでした。
座ってるんだからいいでしょ?という雰囲気もあるそうです。

・立ち仕事の悩み

立ち仕事の悩みで多いのはしんどくても座れないこと。
力仕事も自分から「代わってほしい」と言い出せず我慢していることがあります。


休んだほうがいい気になるサインは?

カラダや心にも負担がかかる仕事。
続けていることでこんな症状は出ていませんか?

そんな症状は…?

お腹の張り、痛み
高血圧
疲れやすい
出血 
褐色のおりもの   


いつもと違うな?と感じることがあったら、病院で相談してみてください。

このような症状が出るということは「頑張りすぎだから休んで」とカラダが言っているのかもしれません。

なるべく寝て過ごしたり、家事なども家族に任せるくらいでいたほうがいいこともあります。

当院では、
・つわり、
・膝の痛み、
・腰からおしりやももの裏の方まで痛み響く感じがする
・おなかが大きくなるにつれて腰痛がひどくなってきた
・座っているのも股関節がつらい
・足のむくみがひどい
・首、肩のコリがつらい
・足がつる


の妊娠のつらい症状をケアしています。
鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。
顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように
配慮しています。

病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など
一人で悩まずにご相談ください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と冷えの関係のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い「腰痛」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、ただでさえ、腰痛になりやすいのに、便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、腰の筋肉が硬くなると「腰痛」となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、便秘を改善しない限り、腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院

大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回はつわりのお悩みの方のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像



最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりを改善できます。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をして、改善しています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんの痛みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中の膝の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、膝や腰、ももの付け根に痛みがでてくることがあります。
「痛いからといって薬には頼れない」とよく聞きます。だからといってただただ我慢はつらいですよね。家事や仕事ややることはたくさんあるのが主婦ですし。
こういう時こそ、鍼灸の出番です。

膝が痛いからといって膝をマッサージしてもそれほどよくならないことが多いです。
妊娠中の体調に合わせたツボを選び、膝に直接刺激しなくてもよくなっていきます。

今回の妊婦さんの場合、膝痛だけでなく、

「膝痛・腰痛・冷え」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。

妊娠中の膝痛で、どこに行って治療していいか不安の様子でしたが、2回の鍼灸施術で痛みが
なくなってよかったです。妊娠中のため薬に頼らずに膝の調子がよくなり、今後は安産に向けた体調管理ですね。

メッセージをありがとうございました。

画像

Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
・施術後は体がポカポカ
 冷え対策は地道に続けたい


M・Yさん 女性 30代 会社員 港北区大倉山

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子の原因のお話。

逆子の原因とは?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、ママのカラダが冷えることで、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。

赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と腰痛のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い「腰痛」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、ただでさえ、腰痛になりやすいのに、便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、腰の筋肉が硬くなると「腰痛」となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、便秘を改善しない限り、腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりがつらいというお話。

現在、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。


つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です
12月22日㈭は通常診療しています。
年末は12月29日午前まで診療しています。年始は1月6日より通常診療しています

今回は逆子の原因のお話。

逆子の原因とは?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、

ママのカラダが冷えること

で、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、
ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの
頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。

カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、
ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、
穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、
赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。

鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
妊婦さんケア 大倉山
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊娠中の健康保険の施術についてというお話。


当院は、妊婦さんの施術をしています。

妊娠のどの時期でも対応します。
決して、強い刺激はしません。
お腹の赤ちゃんがいますので、
より安全に施術します。
刺激の程度は強くないか、つらくないか、
などお声をかけながら施術しますので、ご安心ください。

健康保険を使って治療できるケース。

1ヵ月以内で痛めた理由がハッキリしているケガ

例えば

・赤ちゃんを抱っこした時に、肩(背中、腕、腰、肘、など)が痛くなった。
・3歳のお子さんを持った時に腰(背中、腕、肘、手首など)が痛くなった。
・授乳しようと抱きかかえたら、首(手首、腕、背中など)が痛めた。

・くずったので抱きかかえて歩いたら、股関節(太もも、膝、足首)が痛くなった。
  

健康保険取扱いのルール知らなこと多いですよね。

・早く治したい
・不調があちこちある
・産後のケアしたい
とご希望がある方は、

当院のカラダまるごと根本解決する鍼灸治療がおすすめです。
カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。

鍼灸の施術は自費で行うため、鍼灸は保険適用外になります。

妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりの種類と症状のお話。

つわりの種類と症状

つわりと一言で言ってもさまざまの症状があります。

・吐きつわり

吐きづわりとは、最も代表的なつわりの症状で多くの妊婦さんが経験されます。
常に吐き気を感じる方もいれば、強い吐き気で実際に吐いてしまう方もいます。

胃がムカムカして吐き気が続く(吐きそうで吐けない感じ)、何とか食べてもすぐに吐いてしまうなど辛い状態が続きます。

・食べづわり

食べづわりとは、空腹な時ほど吐き気がひどくなるつわりのことです。

常に何かを食べていないと吐き気が続くので食べる…ということでついつい食べ過ぎてしまい体重が必要以上に増えてしまう。急な体重の増加に注意が必要です。

・においづわり

においづわりとは、においに敏感になり普段の何気ないにおい、今まで平気だったにおいが苦手になり嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまうつわりです。吐きづわりや食べづわりなど他のつわり症状と同時に感じる場合がほとんどです。

気になるにおいは人それぞれで、電車の中のにおい、歯磨き粉や食べ物のにおい、炊きたてのご飯のにおい、焼き魚や揚げ物のにおい、湯気、冷蔵庫の中のにおいなど身の回りにあふれるにおいが多いようです。

・眠りづわり

眠りづわりとは、常に眠い、またはむしょうに眠気が襲ってくるつわりです。常に眠いという軽い症状から、気付いたら眠ってしまうといった生活に影響が出るほどの眠気におそわれる方もいます。

・よだれづわり

よだれづわりとは、よだれが増えるつわりで、唾液つわり(悪阻)とも呼ばれます。唾液の分泌量が増えるだけでなく、自分の唾液の味が気持ち悪く感じ飲み込む事が出来なくなる方もいるようです。

東洋医学のつわりの考え方

つわりは、妊娠して間もなくあらわれる症状で、東洋医学では「悪阻(おそ)」と呼んでいます。悪阻の程度は個人差があり、自然に回復する人もいますが、強い場合は妊娠中ずっと悪阻に苦しみ、日常生活にも支障が出る場合があります。

また、つわりを東洋医学的に分類すると以下のようになりますが、人間のカラダはそんなに単純に分類することはできませんが、あくまでも目安としてください。

1.脾胃虚弱タイプ
妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、その“気”が上昇しやすくなります。上昇した“気”によって胃が侵されることがあります。

本来、胃の“気”は、食べ物を腸まで運ぶ働きがあるため、下降しなければなりません。

そのため、平素から胃が虚弱の人が受胎すると、胃の“気”がさらに上昇しやすく、悪阻が出現しやすくなると言われています。

2.肝胃不和タイプ
妊娠によって“血”が子宮に集中するため、肝(東洋医学の肝は、“血”を貯蔵すると言われています)の“血”が不足し、相対的に肝の“気”が旺盛になります。

平素から肝の“気”が旺盛な人(東洋医学の肝は、そのほか感情の調節もすると言われています。肝の“気”が多いと、イライラや怒りっぽいといった症状を起こすと言われています)が、妊娠によってストレスを受けると、肝の“気”が上昇し、悪阻が出現しやすくなると言われています。

3.痰湿タイプ
平素から脾(東洋医学の脾は、消化吸収に関係し、“気”“血”“水”の生成の源と言われています)が弱いと、消化吸収がうまくできずに“気”“血”“水”ではなく、“痰”が生成されてしまいます。

妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、“気”を伴って上昇し、悪阻が出現すると言われています。

当院では、つわりの症状でお悩みの妊婦さんのケアをしています。
人により症状は違うので、一人一人に合わせた鍼灸を行います。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

逆子の原因は?

2016年12月04日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。

赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子の原因のお話。

逆子の原因とは?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、ママのカラダが冷えることで、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は妊娠初期の腰の痛みのお話。

現在妊娠初期の腰の痛みで通院されている方がいます。

妊娠初期の腰の痛みの原因は?

妊娠中はホルモンの分泌が活発になり、お腹に子宮が大きくなってきたりとカラダがいろいろ変わっていきます。
妊娠後期には大きくなったお腹を支えようとして背中や腰に負担をかけてしまい、腰痛や股関節の痛みを引き起こす原因となります。

しかし、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期の場合、なぜ腰痛が起きてしまうの・・・

そのひとつが

ホルモン分泌によるもの
そのホルモンとは・・・

「リラキシン」

の影響があります。


まだお腹も大きくないのにどうしてこんなにツラいの?
と妊婦さんに質問を受けました。

妊娠初期の腰痛は出産準備として多量に分泌される卵巣ホルモンの一種である「リラキシン」というホルモンが関係しています。

このホルモンは、出産時赤ちゃんがスムーズに狭い産道を通ってこられるように少しずつ関節や靭帯を緩める作用があります。

出産には必ずと言っていいほど必要なホルモンなのですが、緩んできた骨盤や背骨を支えようとするために、靭帯や筋肉、関節などにいつも以上の負荷がかかり、妊娠初期でも腰痛となってしまうと考えられています。

妊娠中に腰痛の症状があらわれることがあります。

主な原因はホルモンと姿勢によるもの。
妊娠初期にあらわれる腰痛は、まずひとつ目に女性ホルモンのひとつである「リラキシン」というホルモンによるものと考えられます。

リラキシンは、生理前や妊娠3ヶ月から産後2~3日まで分泌されるといわれています。

リラキシンの作用は主に「関節とじん帯を緩める」こと。

例えば出産時の赤ちゃんはおよそ2500~3500グラムですが、狭い骨盤を通り抜けるには少々大き目。骨盤をスムーズに通り抜けられるように、リラキシンにより間接を緩めるというわけです。特に骨盤の「骨盤結合」といわれる部分(膀胱のあたりにある大きな骨)を緩める作用があるようです。

リラキシンは、骨盤だけでなくも緩めるといわれています。つまりじん帯が緩んでしまうことで、関節の動く範囲が過剰になり、関節を支えるために筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなってしまいます。妊娠中には体重が10kg前後増えますので、体重増加により腰への負担が大きくなってしまいます。すでに腰痛持ちである場合には、妊娠により悪化することも考えられます。

このホルモンの分泌は、3ヶ月頃から増え始め、4ヶ月頃(12週)でピークを迎えます。6ヶ月(20週)以降は低下し、7ヶ月(24週)までは横ばいです。 その後、妊娠後期ではまた増え始め、それに応じて腰痛が起きる率も上がっていきます。

妊娠初期の腰痛はほとんどの妊婦さんが経験しています。
ですので、腰痛が出たからといって特に心配し過ぎる必要はありません。

また、普段から腰痛があったり、ほとんど運動もせず筋肉がついていない人も腰痛が出やすいと言われています。日ごろからしっかりとカラダを動かし、筋力をつけておきたいですね。

当院では、腰だけではなくカラダまるごと根本解決していきます。

安心できるマタニティライフが過ごせるよう
あなただけのオーダーメイドの鍼灸を行います。


腰の痛みの軽くする姿勢やカラダの使い方などセルフケアもお伝えしておりますよ~。
本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんのお悩みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

先日、妊婦さんで頭痛のお悩みで来院された方がいました。妊娠前は頭痛が治まらなければ、市販の頭痛薬を服用されていました。が、妊娠中は市販のお薬は使うことが怖いとのことでした。

安定期に入ってつわりが落ち着いたのに、頭痛に悩まされることがあります。


妊娠中の頭痛は、普段とはちがった理由も考えられます。

残念ながら頭痛を根本的に薬でよくすることは、妊娠中は控えます。そんな時に限って頭痛が継続してしまうもの。

妊娠中の頭痛原因

・ホルモン変化

妊娠したら急に頭痛持ちになるのはホルモンの影響が強いと考えられます。赤ちゃんがお腹にいるため、二人分の調整が必要になるためです。

・悪い姿勢

お腹が大きくなるとどうしても猫背になったり、スマホを背中をまるめ頭がおちるような悪い姿勢になりがち。背中や肩が張って首を緊張させてしまい頭痛につながります。

・ストレス

妊娠中期になり安定期で体調は落ち着いたと言っても、妊婦として生活することでストレスを感じる場面も少なくありません。今までとは、ライフスタイルが変化し、うれしさもありますが、不安もあります。

・疲労

お腹が大きくなり、が思うようにカラダが動かないことが多々あります。人ごみに行くと普段以上に疲れたり、お腹が膨らんでカラダのバランスが変わりと疲労が溜まりやすくなります。


・不安

安定期になると体調はよくなったものの体型変化や、出産に不安を感じるものです。考え過ぎて頭痛がすることもあります。また、安定期になっても治まらないつわりに不安を感じることもあります。

簡単に挙げただけでもこれだけの頭痛原因が考えられます。
「つわりが終わったのに、頭痛が、、、」と落ち込んでしまいますよね。

妊婦さんの頭痛の対応方法


カラダを温める


・腸内を温める
冷たいものを控え、温かいものを飲んだり食べたりしましょう。腸内が暖まると全身にめぐる血液循環がよくなるからです。

・足を温める
頭痛持ちの方は特に足が冷えていることが多いです。足湯や足にシャワーをかけたり足を温め、カラダの下から温かくしましょう。

・骨盤を温める
骨盤の冷えは妊婦さんには天敵です。逆子のきっかけにもなります。ホッカイロなどで骨盤を温めるとよいです。

・首を温める
タオルをまいたり、ドライヤーで首を温めるのがおすすめ。首を温めて頭痛がひどくなったら、冷やしてください。

・たっぷり眠る

頭痛を強く感じるのは、起きている時です。たっぷり眠って、頭痛のない時間を作りましょう。

特に安定期では仕事を継続している人も多いので、なかなか休息時間を増やすことができずにいる妊婦さんも多くいます。休日は1時間遅く起きるなど、少しでも休息時間を増やしてください。

あまり眠ってばかりだと、怠けていると指摘する人もいるかもしれませんが聞き流してしまいましょう。妊娠中のあなたにとって、周囲に妊婦でも頑張っている姿を見せることよりも、母体の体調をよくすることのほうが大切です。

お薬に頼れないし、我慢するしかないと聞きますが、我慢せずに適切な医療機関を受診することをおすすめします。

妊婦さんで頭痛でお困りの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

「痛いかな」
「怖いな」
という方も多いので、そのような不安な方には
当院オリジナルの刺さない鍼で施術しています。ちなみに私の奥様にも刺さない鍼で施術しています。

ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 安産鍼灸
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

最近は肌寒くなってきましたね。
夜の冷え込みでめまいや頭痛など体調を崩されている方が
多いので、しっかり温めましょう。

今回は妊婦さんの鍼灸のお話。

当院、妊娠中の鍼灸をしています。

・妊娠中の寝違い、腰痛、背部痛、股関節痛
・妊娠中の頭痛、めまい
・つわりの軽減
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル


など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように配慮しています。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は、千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 


お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、
時期によっては激しく変わりやすいものがあります。

・肌荒れ
・出来物といった皮膚のトラブル
・むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、
・腰痛
・恥骨痛
・股関節痛

などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、
妊娠の可能性のあるときから、
妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。
病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など一人で悩まずにご相談ください。
画像
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の施術をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりと鍼灸

2016年11月08日
こんにちは。
大倉山 つわりケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりと鍼灸というお話。

現在、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりが楽になったというお話。

毎月、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、
『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、
残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。
妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。
そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、
「つわり」の鍼灸をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、
原因をしっかりとケアすれば
つわりは変化します。

なので、

つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

安産の鍼灸

2016年10月23日
こんにちは。
大倉山 安産鍼灸
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

当院、安産の鍼灸をしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル
など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。
自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、時期によっては激しく変わりやすいものがあります。
また、呼吸器や肌荒れ・出来物といった皮膚の症状や、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。
新しいマタニティスタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
本格的鍼灸 スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの健康保険適用についてというお話。


当院は、妊婦さんの施術をしています。

妊娠のどの時期でも対応します。
決して、強い刺激はしません。
お腹の赤ちゃんがいますので、
より安全に施術します。
刺激の程度は強くないか、つらくないか、
などお声をかけながら施術しますので、ご安心ください。

健康保険を使って治療できるケース。

1ヵ月以内で痛めた理由がハッキリしているケガ

例えば
・お腹が大きくなり歩くとおしりや足の付け根が痛む
・赤ちゃんを抱っこした時に、肩(背中、腕、腰、肘、など)が痛くなった。
・3歳のお子さんを持った時に腰(背中、腕、肘、手首など)が痛くなった。
・授乳しようと抱きかかえたら、首(手首、腕、背中など)が痛めた。

・くずったので抱きかかえて歩いたら、股関節(太もも、膝、足首)が痛くなった。
  

健康保険取扱いのルール知らなこと多いですよね。

・早く治したい
・不調があちこちある
・産後のケアしたい
とご希望がある方は、

当院のカラダまるごと改善する鍼灸治療がおすすめです。

カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。

妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠初期の腰痛

2016年10月06日
こんにちは。
大倉山 妊娠ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は妊娠初期の腰痛のお話。

現在妊娠初期の腰の痛みで通院されている方がいます。

妊娠初期の腰の痛みの原因は?

妊娠中はホルモンの分泌が活発になり、お腹に子宮が大きくなってきたりとカラダがいろいろ変わっていきます。
妊娠後期には大きくなったお腹を支えようとして背中や腰に負担をかけてしまい、腰痛や股関節の痛みを引き起こす原因となります。

しかし、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期の場合、なぜ腰痛が起きてしまうの・・・

そのひとつが

ホルモン分泌によるもの
そのホルモンとは・・・

「リラキシン」

の影響があります。


まだお腹も大きくないのにどうしてこんなにツラいの?
と妊婦さんに質問を受けました。

妊娠初期の腰痛は出産準備として多量に分泌される卵巣ホルモンの一種である「リラキシン」というホルモンが関係しています。

このホルモンは、出産時赤ちゃんがスムーズに狭い産道を通ってこられるように少しずつ関節や靭帯を緩める作用があります。

出産には必ずと言っていいほど必要なホルモンなのですが、緩んできた骨盤や背骨を支えようとするために、靭帯や筋肉、関節などにいつも以上の負荷がかかり、妊娠初期でも腰痛となってしまうと考えられています。

妊娠中に腰痛の症状があらわれることがあります。

主な原因はホルモンと姿勢によるもの。
妊娠初期にあらわれる腰痛は、まずひとつ目に女性ホルモンのひとつである「リラキシン」というホルモンによるものと考えられます。

リラキシンは、生理前や妊娠3ヶ月から産後2~3日まで分泌されるといわれています。

リラキシンの作用は主に「関節とじん帯を緩める」こと。

例えば出産時の赤ちゃんはおよそ2500~3500グラムですが、狭い骨盤を通り抜けるには少々大き目。骨盤をスムーズに通り抜けられるように、リラキシンにより間接を緩めるというわけです。特に骨盤の「骨盤結合」といわれる部分(膀胱のあたりにある大きな骨)を緩める作用があるようです。

リラキシンは、骨盤だけでなくも緩めるといわれています。つまりじん帯が緩んでしまうことで、関節の動く範囲が過剰になり、関節を支えるために筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなってしまいます。妊娠中には体重が10kg前後増えますので、体重増加により腰への負担が大きくなってしまいます。すでに腰痛持ちである場合には、妊娠により悪化することも考えられます。

このホルモンの分泌は、3ヶ月頃から増え始め、4ヶ月頃(12週)でピークを迎えます。6ヶ月(20週)以降は低下し、7ヶ月(24週)までは横ばいです。 その後、妊娠後期ではまた増え始め、それに応じて腰痛が起きる率も上がっていきます。

妊娠初期の腰痛はほとんどの妊婦さんが経験しています。
ですので、腰痛が出たからといって特に心配し過ぎる必要はありません。

また、普段から腰痛があったり、ほとんど運動もせず筋肉がついていない人も腰痛が出やすいと言われています。日ごろからしっかりとカラダを動かし、筋力をつけておきたいですね。

当院では、腰だけではなくカラダまるごと根本解決していきます。

安心できるマタニティライフが過ごせるよう
あなただけのオーダーメイドの鍼灸を行います。


腰の痛みの軽くする姿勢やカラダの使い方などセルフケアもお伝えしておりますよ~。
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子になりやすい体質のお話。

当院は逆子のお悩みの妊婦さんが多く来院されます。

逆子になる理由ははっきりわかっていませんが
考えられる原因を西洋医学と東洋医学の
お話します。

西洋医学で考える
逆子になる理由は

・子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、
・子宮筋腫のため子宮が狭い、
・へその緒が赤ちゃんに絡まっている

など、と言われていますが、これらの症状があるからといって
必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、

ママのカラダが冷えること

で、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、
無理なお仕事、
生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、
気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、
だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、
赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、
上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを
守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。
これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、
温かい環境がよいからです。
自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、
ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が
下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、
全身の気血の流れ(血流)を整えます。
カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、
ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、
穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、
赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、
お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。
鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のある
エンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分
泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、
気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりの種類と症状のお話。

つわりの種類と症状

つわりと一言で言ってもさまざまの症状があります。

・吐きつわり

吐きづわりとは、最も代表的なつわりの症状で多くの妊婦さんが経験されます。
常に吐き気を感じる方もいれば、強い吐き気で実際に吐いてしまう方もいます。

胃がムカムカして吐き気が続く(吐きそうで吐けない感じ)、何とか食べてもすぐに吐いてしまうなど辛い状態が続きます。

・食べづわり

食べづわりとは、空腹な時ほど吐き気がひどくなるつわりのことです。

常に何かを食べていないと吐き気が続くので食べる…ということでついつい食べ過ぎてしまい体重が必要以上に増えてしまう。急な体重の増加に注意が必要です。

・においづわり

においづわりとは、においに敏感になり普段の何気ないにおい、今まで平気だったにおいが苦手になり嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまうつわりです。吐きづわりや食べづわりなど他のつわり症状と同時に感じる場合がほとんどです。

気になるにおいは人それぞれで、電車の中のにおい、歯磨き粉や食べ物のにおい、炊きたてのご飯のにおい、焼き魚や揚げ物のにおい、湯気、冷蔵庫の中のにおいなど身の回りにあふれるにおいが多いようです。

・眠りづわり

眠りづわりとは、常に眠い、またはむしょうに眠気が襲ってくるつわりです。常に眠いという軽い症状から、気付いたら眠ってしまうといった生活に影響が出るほどの眠気におそわれる方もいます。

・よだれづわり

よだれづわりとは、よだれが増えるつわりで、唾液つわり(悪阻)とも呼ばれます。唾液の分泌量が増えるだけでなく、自分の唾液の味が気持ち悪く感じ飲み込む事が出来なくなる方もいるようです。

東洋医学のつわりの考え方

つわりは、妊娠して間もなくあらわれる症状で、東洋医学では「悪阻(おそ)」と呼んでいます。悪阻の程度は個人差があり、自然に回復する人もいますが、強い場合は妊娠中ずっと悪阻に苦しみ、日常生活にも支障が出る場合があります。

また、つわりを東洋医学的に分類すると以下のようになりますが、人間のカラダはそんなに単純に分類することはできませんが、あくまでも目安としてください。

1.脾胃虚弱タイプ
妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、その“気”が上昇しやすくなります。上昇した“気”によって胃が侵されることがあります。

本来、胃の“気”は、食べ物を腸まで運ぶ働きがあるため、下降しなければなりません。

そのため、平素から胃が虚弱の人が受胎すると、胃の“気”がさらに上昇しやすく、悪阻が出現しやすくなると言われています。

2.肝胃不和タイプ
妊娠によって“血”が子宮に集中するため、肝(東洋医学の肝は、“血”を貯蔵すると言われています)の“血”が不足し、相対的に肝の“気”が旺盛になります。

平素から肝の“気”が旺盛な人(東洋医学の肝は、そのほか感情の調節もすると言われています。肝の“気”が多いと、イライラや怒りっぽいといった症状を起こすと言われています)が、妊娠によってストレスを受けると、肝の“気”が上昇し、悪阻が出現しやすくなると言われています。

3.痰湿タイプ
平素から脾(東洋医学の脾は、消化吸収に関係し、“気”“血”“水”の生成の源と言われています)が弱いと、消化吸収がうまくできずに“気”“血”“水”ではなく、“痰”が生成されてしまいます。

妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、“気”を伴って上昇し、悪阻が出現すると言われています。

当院では、つわりの症状でお悩みの妊婦さんのケアをしています。
人により症状は違うので、一人一人に合わせた鍼灸を行います。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 安産鍼灸
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

当院、安産の鍼灸をしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル
など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。
自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、時期によっては激しく変わりやすいものがあります。
また、呼吸器や肌荒れ・出来物といった皮膚の症状や、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。
新しいマタニティスタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
本格的鍼灸 スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 顔面麻痺対応
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
院長 佐々木です。

今回は妊婦さんの顔がぴくぴくのお話。

当院では現在妊娠中の顔のぴくぴくの症状の方や
ハント麻痺の方などを施術しています。

妊婦さんで顔の症状でお悩みの方は意外に
多いんです。

・顔の症状でお友達に会えない
・保育園や幼稚園のお迎えが行けない
・出産準備ができない

など差し迫ったお悩みがあります。

こんな症状が出てきたら要注意。

・顔がかたまり、かたまった側の口角が垂れ下がる
・食べ物や飲み物が勝手にこぼれる
・顔がかたまり、かたまった側の目が完全に閉じれず、乾燥して痛い
・顔がかたまり、かたまった側の鼻唇溝が平坦になる
・食べ物の味がわからない
・耳に違和感や奥の方に痛みがある

ひらたく言うと

「顔面神経麻痺」

かも・・・。

なぜ顔面神経麻痺がおこるの?

顔面麻痺になる原因のほとんどは、ま
だ完全に解明されていませんが、有力な説はいくつかあり、
その原因によって麻痺の種類も違ってきます。

1 ベル麻痺

ほとんどの顔面神経麻痺(約70%)は、この種類の麻痺になります。
この麻痺の特徴としては急性に発症して、
直接の原因は不明ですが、
単純ヘルペスウイルスの関与、顔
面から送られる栄養血管に問題が生じて浮腫が起こる、
寒冷刺激による循環障害、ストレスによる自律神経障害などが挙げられます。


2 ラムゼイ・ハント症候群

帯状疱疹のウイルスが、何かの原因によって、
顔面神経に付着して発症した状態です。
耳の激しい痛み、水泡、聴神経が侵されると難聴になります。
ベル麻痺に次いで多い疾患です。ま
た、ベル麻痺に比べ改善に時間がかかる厄介な種類でもあります。

3 外傷性による麻痺
交通事故や他の事故などで頭蓋骨・顔面部を骨折した際に起こる疾患です。

4 その他の麻痺
腫瘍によるもの、先天性によるもの、手術の後遺症、中枢性(脳神経)からの麻痺等。


顔に違和感がでたら、出来るだけ早い段階で、鍼灸を始めることをおすすめします

上記の顔面神経麻痺の中で、鍼灸治療が最も得意とする麻痺はベル麻痺です。

ベル麻痺と診断された場合は、出来るだけ早い段階(1週間以内)で鍼灸治療を開始することが望ましいです。

1カ月以上経過してしまうと、そ
れだけ治療に要する期間も回数も増えてしまいます。

治療に要する期間は、顔面神経の痛んでいる部位や浮腫、
損傷の度合いによって異なりますが、
経験上、軽度の場合は1ヵ月程で後遺症もなく治ります。
鏡をみることが怖くなくなるようになります。

重度の場合は3~6カ月程度はみていただいた方が良いと思います。
後遺症はやや残るかもしれませんが、
70%ほど回復すれば、日常生活には問題ないと言われています。


スタイル鍼灸整骨院では、東洋医学をベースとした施術をしておりますので、
顔面部はもちろん、カラダ全体の治癒力を高めていきながら、
治療をしていきます。

また、肩こりや首のこりなども一緒にとっていくことで、
さらに血流を改善し、治りも早くなります。
安産に向けたサポートもしていきます。


鍼が苦手な方には、刺さない鍼で対応しますので、
ほとんど痛くありません。

お悩みの方はぜひ、当院で鍼灸を受けてみてください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

逆子の原因は?

2016年09月08日
こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子の原因は?のお話。

逆子の原因は?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、ママのカラダが冷えることで、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

陣痛促進に鍼灸

2016年08月31日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は陣痛促進に鍼灸のお話。

妊婦さんのケアをしていると、たまに
「陣痛促進剤を使いたくないので鍼灸で何とかできませんか?」
と質問されることがあります。
他にも

「出産予定日を過ぎているのに陣痛が来ない」
「陣痛は来ているのに痛みが弱く、すぐにおさまってしまう…」
「赤ちゃんが下がってこない」
「子宮口が開いてないと言われてしまった…」
と相談されることもあります。

あともう少しというところでの足踏みは、ママさんも家族の方もハラハラ、ドキドキしますよね。
うちの長男の時もハラハラドキドキで長かったです。   
    
「初産は遅れる」と言われるように、出産予定日(40週0日)を超えての出産も異常ではありません。     
    
ただ40週を過ぎると胎盤の機能はだんだん低下します。
そのため病院では、赤ちゃんとママの両方の健康を考えて、41週ほどで陣痛促進剤を使用した誘発分娩に踏み切ることがほとんどです。
中には、出産予定日に投与する病院もあるそうです。
陣痛促進剤は効果もあればその分リスクもあります。     
    
できることなら、お薬を使わずに自然な陣痛で赤ちゃんを産みたいですよね。
 

鍼灸について
        
鍼灸では、ホルモンバランスを整え、子宮を収縮させるホルモンが正しく分泌されるように施術していきます。
ツボを刺激することで子宮そのものに働きかける作用もありますので、子宮の弾力性を取り戻し、収縮力の弱さを補います。     
    
さらに足先や肩、腰のツボへの刺激で骨盤内の血流を上げ、産道・子宮口を柔らかくし、スムーズな陣痛を呼び込みます。     
    
微弱陣痛はママの栄養不良や疲労、睡眠不足なども原因のひとつと言われます。
予定日から遅れれば遅れるほど、どんどん焦って神経もすり減ってしまい、
これが悪循環になっていることもよくあります。     
鍼灸をする時は出来ればご家族等、信頼できる方とすぐに連絡がとれるように近くで待機してもらえたら助かります。
以前、鍼灸中にお腹が張ってご主人を呼んでいただいたこともあり、
陣痛促進をする鍼灸の場合はすぐに移動できるようにお願いしています。
    
出産予定日を過ぎて、微弱陣痛の不安・お悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 背中の痛みケア
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

スタイル鍼灸整骨院はお盆期間も診療しています。

8月13日(土)~8月17日(水)までの期間は栗原先生のみの診察になります。

院長佐々木はお休みになります.


今回は妊娠中の背中の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれ、腰や背中に負担がかかり痛みやすくなります。
特に腰を反り気味になってる方は要注意。

骨盤の位置で歩き方や立ち方の体重のかけ方が変わります。

痛みでつらい方へ
今すぐできる対処法

1 背中の痛みのある場所をシャワーやホッカイロで温める。
2 肩甲骨を寄せる運動や回す運動を10回する。
3 背中が、丸くならないよなよい姿勢をする。

これでも痛みがおさまらない場合は、専門家にケアしてもらうほうか治りは早いです。

当院では背中の痛みがある症状の治療をしております。背中の痛みだけではなく、原因になっている他の場所を探して繰り返し痛まないように、
カラダまるごと改善させます

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は冷えは逆子になりやすいのお話。

先週は逆子のお悩みの妊婦さんが多く来られました。

逆子になる理由ははっきりわかっていませんが
考えられる原因を西洋医学と東洋医学の
お話します。

西洋医学で考える
逆子になる理由は

・子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、
・子宮筋腫のため子宮が狭い、
・へその緒が赤ちゃんに絡まっている

など、と言われていますが、これらの症状があるからといって
必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、

ママのカラダが冷えること

で、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、
無理なお仕事、
生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、
気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、
だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、
赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、
上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを
守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。
これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、
温かい環境がよいからです。
自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、
ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が
下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、
全身の気血の流れ(血流)を整えます。
カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、
ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、
穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、
赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、
お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。
鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のある
エンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分
泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、
気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。
]
今回は妊婦さんと背中が痛みの関係のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像

つわりは胃の症状が多いですが、胃の裏は背中になるので背中も痛めることがあります。甘いものを食べ過ぎても背中を痛めます。

妊娠中は制限が多くストレスがたまり大変ですが、つわりが重なるとますますストレスがたまりますよね。

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりがよくなります。


つわりの症状として多いのは

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

つわりと背中を痛める方もいます。
お腹に胃があると思いますが、背中に胃の反応がでることがあります。
胃の症状が背中に悪影響を与えるからです。
つわりの鍼灸をする場合、背中の反応点も注意して施術します。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!




現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をしてよくなっています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

最近は過ごしやすくなりましたが、冷えにはご注意しましょう。

温かいものを食べ、冷蔵庫の飲料水ではなく、なるべく常温で飲みましょう。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんの痛みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊婦さんの膝の痛みのお話。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、
膝や腰、ももの付け根に痛みがでてくることがあります。

「痛いからといって薬には頼れない」
とよく聞きます。
だからといってただただ我慢はつらいですよね。
家事や仕事ややることはたくさんあるのが主婦ですし。

こういう時こそ、鍼灸の出番です。

膝が痛いからといって膝をマッサージしてもそれほどよくならないことが多いです。

中には、膝に水がたまることもあります。

当院では、妊婦さんの治療を得意としています。

妊娠中の体調に合わせたツボを選び、膝に直接刺激しなくてもよくなっていきます。

今回の妊婦さんの場合、膝痛だけでなく、

「膝痛・腰痛・冷え」
の症状がよくなった患者さんの声を頂きました。
画像
妊娠中の膝痛で、どこに行って治療していいか不安の様子でしたが、2回の鍼灸施術で痛みが
なくなってよかったです。妊娠中のため薬に頼らずに膝の調子がよくなり、今後は安産に向けた体調管理ですね。

メッセージをありがとうございました。


Q 施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え


Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
・施術後は体がポカポカ
 冷え対策は地道に続けたい


M・Yさん 女性 30代 会社員 港北区大倉山

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりの種類と症状のお話。

つわりの種類と症状

つわりと一言で言ってもさまざまの症状があります。

・吐きつわり

吐きづわりとは、最も代表的なつわりの症状で多くの妊婦さんが経験されます。
常に吐き気を感じる方もいれば、強い吐き気で実際に吐いてしまう方もいます。

胃がムカムカして吐き気が続く(吐きそうで吐けない感じ)、何とか食べてもすぐに吐いてしまうなど辛い状態が続きます。

・食べづわり

食べづわりとは、空腹な時ほど吐き気がひどくなるつわりのことです。

常に何かを食べていないと吐き気が続くので食べる…ということでついつい食べ過ぎてしまい体重が必要以上に増えてしまう。急な体重の増加に注意が必要です。

・においづわり

においづわりとは、においに敏感になり普段の何気ないにおい、今まで平気だったにおいが苦手になり嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまうつわりです。吐きづわりや食べづわりなど他のつわり症状と同時に感じる場合がほとんどです。

気になるにおいは人それぞれで、電車の中のにおい、歯磨き粉や食べ物のにおい、炊きたてのご飯のにおい、焼き魚や揚げ物のにおい、湯気、冷蔵庫の中のにおいなど身の回りにあふれるにおいが多いようです。

・眠りづわり

眠りづわりとは、常に眠い、またはむしょうに眠気が襲ってくるつわりです。常に眠いという軽い症状から、気付いたら眠ってしまうといった生活に影響が出るほどの眠気におそわれる方もいます。

・よだれづわり

よだれづわりとは、よだれが増えるつわりで、唾液つわり(悪阻)とも呼ばれます。唾液の分泌量が増えるだけでなく、自分の唾液の味が気持ち悪く感じ飲み込む事が出来なくなる方もいるようです。

東洋医学のつわりの考え方

つわりは、妊娠して間もなくあらわれる症状で、東洋医学では「悪阻(おそ)」と呼んでいます。悪阻の程度は個人差があり、自然に回復する人もいますが、強い場合は妊娠中ずっと悪阻に苦しみ、日常生活にも支障が出る場合があります。

また、つわりを東洋医学的に分類すると以下のようになりますが、人間のカラダはそんなに単純に分類することはできませんが、あくまでも目安としてください。

1.脾胃虚弱タイプ
妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、その“気”が上昇しやすくなります。上昇した“気”によって胃が侵されることがあります。

本来、胃の“気”は、食べ物を腸まで運ぶ働きがあるため、下降しなければなりません。

そのため、平素から胃が虚弱の人が受胎すると、胃の“気”がさらに上昇しやすく、悪阻が出現しやすくなると言われています。

2.肝胃不和タイプ
妊娠によって“血”が子宮に集中するため、肝(東洋医学の肝は、“血”を貯蔵すると言われています)の“血”が不足し、相対的に肝の“気”が旺盛になります。

平素から肝の“気”が旺盛な人(東洋医学の肝は、そのほか感情の調節もすると言われています。肝の“気”が多いと、イライラや怒りっぽいといった症状を起こすと言われています)が、妊娠によってストレスを受けると、肝の“気”が上昇し、悪阻が出現しやすくなると言われています。

3.痰湿タイプ
平素から脾(東洋医学の脾は、消化吸収に関係し、“気”“血”“水”の生成の源と言われています)が弱いと、消化吸収がうまくできずに“気”“血”“水”ではなく、“痰”が生成されてしまいます。

妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、“気”を伴って上昇し、悪阻が出現すると言われています。

当院では、つわりの症状でお悩みの妊婦さんのケアをしています。
人により症状は違うので、一人一人に合わせた鍼灸を行います。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は「妊婦の背中の症状は診てもらえますか」のお話。

「妊婦ですが、背中が痛くて診てもらえますか?」
大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を探している方から問い合わせがありました。

「できます!」

当院は、妊婦さんの背中の痛み、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状も得意です。

妊婦さんの背中の痛みの症状の多くは

腰から背中に引っ張られるような痛みがあり、背中を動かすのもつらい。

立っているときは後ろに体重をかけると腰は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中や腰が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、つかれてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は冷え症は逆子になりやすいのお話。

逆子になる理由ははっきりわかっていませんが
考えられる原因を西洋医学と東洋医学の
お話します。

西洋医学で考える
逆子になる理由は

・子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、
・子宮筋腫のため子宮が狭い、
・へその緒が赤ちゃんに絡まっている

など、と言われていますが、これらの症状があるからといって
必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、

ママのカラダが冷えること

で、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、
無理なお仕事、
生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、
気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、
だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、
赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、
上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを
守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。
これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、
温かい環境がよいからです。
自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、
ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が
下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、
全身の気血の流れ(血流)を整えます。
カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、
ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、
穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、
赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、
お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。
鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のある
エンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分
泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、
気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりのパターン

2016年06月09日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりのパターンのお話。

つわりと一言で言ってもさまざまの症状のパターンがあります。

・吐きつわり

吐きづわりとは、最も代表的なつわりの症状で多くの妊婦さんが経験されます。
常に吐き気を感じる方もいれば、強い吐き気で実際に吐いてしまう方もいます。

胃がムカムカして吐き気が続く(吐きそうで吐けない感じ)、何とか食べてもすぐに吐いてしまうなど辛い状態が続きます。

・食べづわり

食べづわりとは、空腹な時ほど吐き気がひどくなるつわりのことです。

常に何かを食べていないと吐き気が続くので食べる…ということでついつい食べ過ぎてしまい体重が必要以上に増えてしまう。急な体重の増加に注意が必要です。

・においづわり

においづわりとは、においに敏感になり普段の何気ないにおい、今まで平気だったにおいが苦手になり嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまうつわりです。吐きづわりや食べづわりなど他のつわり症状と同時に感じる場合がほとんどです。

気になるにおいは人それぞれで、電車の中のにおい、歯磨き粉や食べ物のにおい、炊きたてのご飯のにおい、焼き魚や揚げ物のにおい、湯気、冷蔵庫の中のにおいなど身の回りにあふれるにおいが多いようです。

・眠りづわり

眠りづわりとは、常に眠い、またはむしょうに眠気が襲ってくるつわりです。常に眠いという軽い症状から、気付いたら眠ってしまうといった生活に影響が出るほどの眠気におそわれる方もいます。

・よだれづわり

よだれづわりとは、よだれが増えるつわりで、唾液つわり(悪阻)とも呼ばれます。唾液の分泌量が増えるだけでなく、自分の唾液の味が気持ち悪く感じ飲み込む事が出来なくなる方もいるようです。

東洋医学のつわりの考え方

つわりは、妊娠して間もなくあらわれる症状で、東洋医学では「悪阻(おそ)」と呼んでいます。悪阻の程度は個人差があり、自然に回復する人もいますが、強い場合は妊娠中ずっと悪阻に苦しみ、日常生活にも支障が出る場合があります。

また、つわりを東洋医学的に分類すると以下のようになりますが、人間のカラダはそんなに単純に分類することはできませんが、あくまでも目安としてください。

1.脾胃虚弱タイプ
妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、その“気”が上昇しやすくなります。上昇した“気”によって胃が侵されることがあります。

本来、胃の“気”は、食べ物を腸まで運ぶ働きがあるため、下降しなければなりません。

そのため、普段から胃が虚弱の人が受胎すると、胃の“気”がさらに上昇しやすく、悪阻が出現しやすくなると言われています。

2.肝胃不和タイプ
妊娠によって“血”が子宮に集中するため、肝(東洋医学の肝は、“血”を貯蔵すると言われています)の“血”が不足し、相対的に肝の“気”が旺盛になります。
東洋医学の肝は、そのほか感情の調節もすると言われています。肝の“気”が多いと、イライラや怒りっぽいといった症状を起こすと言われています。
普段から肝の“気”が旺盛な人が、妊娠によってストレスを受けると、肝の“気”が上昇し、悪阻が出現しやすくなると言われています。

3.痰湿タイプ
東洋医学の脾は、消化吸収に関係し、“気”“血”“水”の生成の源と言われています。脾が弱いと、消化吸収がうまくできずに“気”“血”“水”ではなく、“痰”が生成されてしまいます。

妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、“気”を伴って上昇し、悪阻が出現すると言われています。

当院では、つわりの症状でお悩みの妊婦さんのケアをしています。
人により症状は違うので、一人一人に合わせた鍼灸を行います。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は陣痛促進もできる鍼灸のお話。

妊婦さんのケアをしていると、たまに
「陣痛促進剤を使いたくないので鍼灸で何とかできませんか?」
と質問されることがあります。
他にも

「出産予定日を過ぎているのに陣痛が来ない」
「陣痛は来ているのに痛みが弱く、すぐにおさまってしまう…」
「赤ちゃんが下がってこない」
「子宮口が開いてないと言われてしまった…」
と相談されることもあります。

あともう少しというところでの足踏みは、ママさんも家族の方もハラハラ、ドキドキしますよね。
うちの長男の時もハラハラドキドキで長かったです。   
    
「初産は遅れる」と言われるように、出産予定日(40週0日)を超えての出産も異常ではありません。     
    
ただ40週を過ぎると胎盤の機能はだんだん低下します。
そのため病院では、赤ちゃんとママの両方の健康を考えて、41週ほどで陣痛促進剤を使用した誘発分娩に踏み切ることがほとんどです。
中には、出産予定日に投与する病院もあるそうです。
陣痛促進剤は効果もあればその分リスクもあります。     
    
できることなら、お薬を使わずに自然な陣痛で赤ちゃんを産みたいですよね。
 

鍼灸について
        
鍼灸では、ホルモンバランスを整え、子宮を収縮させるホルモンが正しく分泌されるように施術していきます。
ツボを刺激することで子宮そのものに働きかける作用もありますので、子宮の弾力性を取り戻し、収縮力の弱さを補います。     
    
さらに足先や肩、腰のツボへの刺激で骨盤内の血流を上げ、産道・子宮口を柔らかくし、スムーズな陣痛を呼び込みます。     
    
微弱陣痛はママの栄養不良や疲労、睡眠不足なども原因のひとつと言われます。
予定日から遅れれば遅れるほど、どんどん焦って神経もすり減ってしまい、
これが悪循環になっていることもよくあります。     
鍼灸をする時は出来ればご家族等、信頼できる方とすぐに連絡がとれるように近くで待機してもらえたら助かります。
以前、鍼灸中にお腹が張ってご主人を呼んでいただいたこともあり、
陣痛促進をする鍼灸の場合はすぐに移動できるようにお願いしています。
    
出産予定日を過ぎて、微弱陣痛の不安・お悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。
]
今回はつわりと背中が痛みの関係のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像

つわりは胃の症状が多いですが、胃の裏は背中になるので背中も痛めることがあります。甘いものを食べ過ぎても背中を痛めます。

妊娠中は制限が多くストレスがたまり大変ですが、つわりが重なるとますますストレスがたまりますよね。

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりがよくなります。


つわりの症状として多いのは

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

つわりと背中を痛める方もいます。
お腹に胃があると思いますが、背中に胃の反応がでることがあります。
胃の症状が背中に悪影響を与えるからです。
つわりの鍼灸をする場合、背中の反応点も注意して施術します。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!




現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をしてよくなっています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

最近は過ごしやすくなりましたが、冷えにはご注意しましょう。

温かいものを食べ、冷蔵庫の飲料水ではなく、なるべく常温で飲みましょう。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠トラブルケア
スタイル鍼灸整骨院の
佐々木です。

今回は陣痛促進に役立つ方法のお話。

陣痛促進に役立つ方法のご紹介します。
ポイントは

・カラダの外側と内側を温めること

です。

妊娠中のママさんのカラダが冷えていると、良い陣痛が起こりづらくお産が長引いたり、早産や逆子になりやすいと言われています。
良い陣痛を促す為には、ママさんのカラダをあたためる必要があります。

・常温か温かいお茶や水をとり、冷たい飲み物は避けよう

カラダを温める食材を摂るだけでなく、カラダを冷やすものを摂らないようにすることも重要です。
最近は温かくなり、冷えた水やジュースを飲みたくなるかもしれませんが、陣痛促進を考えるなら、温かいお茶や常温の水を摂ることがおすすめ!


・甘い物を控えよう

甘い物はカラダを冷やすだけでなく肝臓や脾臓に悪影響を与えます。

・クーラーの当たり過ぎに気をつけよう

カラダの冷えは冬だけでなく夏でも引き起こされます。夏はクーラーの当たり過ぎでからだが冷える場合があるので、注意してください。


・毎日湯船につかろう

湯船につかる事でカラダもリラックスするので、好きな匂いの入浴剤を入れ、飲料水を用意して、じんわりと汗をかくぐらいゆっくりと湯船につかってみましょう。ただし、破水をした場合は入浴は控える必要がありますので注意して下さいね。

・陣痛促進に関係するツボを押そう

一つだけのツボを押すことも良い方法ですが、ツボの流れを押したり、さすったりする方法もあります。ツボの流れを「経絡」と呼びます。その経絡全体を刺激してあげることも有効です。全部のツボだけではなく、足だけをおすだけでそよいでしょう。
刺激するといい経絡は、脾経という経絡です。
脾経は女性に大敵な冷えを和らげ、つわりや生理痛などの婦人科系疾患にとてもよく効く経絡と言われています。お産が近くなった頃にお風呂で脾経をゆっくりと押してみて下さい。慣れている方は脾経にお灸をすえてみてもいいですね。脾経は筋肉を柔らかくします。特に、筋肉に関係のある「上太白」がいいです。出産で大切な子宮口は筋肉なので、「上太白」だけを押したり、お灸したりすると子宮口によいアプローチになります。

当院では、陣痛促進を促す鍼灸をしています。

出産予定日を過ぎて、お悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんお悩み改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんから多いお問い合わせのお話。

妊婦さんから多いお問い合わせは?


Q つわりなどの場合はどのような治療になりますか?

A つわりなどの症状には主に鍼灸による施術になります。
  現在、つわりの症状で治療されている方もおりますし、症状がよくなって
  マタニティライフを楽しまれている方もいます。
画像

Q 妊婦の腰痛はどのような治療になりますか?


A 妊婦さんに限らず、痛みがかなり強い症状ではマッサージはできませんので、はり治療になります。 そこまでの痛みでなければマッサージでも可能です。 組み合わせも可能です。

画像

Q 他では妊娠している人はできないと断られたのですが、スタイル鍼灸整骨院さんでは問題ありませんか?


A 大丈夫です。カラダに負担をかけないソフトな施術をします。

画像

Q 鍼灸のことは全く知らないので少し怖いのですが、受ける前にお医者さんに相談してもいいですか?


A ご心配な方はかかりつけのお医者さんの意見をお聞きください。また、当院での施術を受けるにあたりお医者さんの許可が必要というわけではありません。

画像

Q 妊婦なので電気治療や湿布などは受けたくないのですが。

A 電気治療も湿布も使いませんのでご安心ください。
  すべて、手をつかったソフトな施術です。


Q 妊婦向けのマタニティマッサージは具体的にどのようにするのですか?

A 妊婦さんなので横向きの姿勢で行います。気分が悪くないか、確かめながら
  施術しますので、ご安心下さい。
画像

Q 資格をもった先生ですか?

A 当院の施術スタッフは3年間学校へ通い、国家資格を持った先生が担当
  しますのでご安心ください。

Q 上の子がいますが、子供連れでもいいですか?

A お子さん連れOKです。お好きなDVDがあればお持ちください。また
予約の時にお子さんと一緒に来院することを伝えて頂けると助かります。
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 マタニティーケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は妊婦中の便秘と冷えの関係のお話。


妊娠中に便秘になる妊婦さんは多いです。
便秘のお悩みだけというよりも、腰痛や股関節の痛みがきっかけ来院され
腹診をしてみると便秘の反応があり、お話を聞くと便秘があるということがほとんど。


便秘は「便が出なくて苦しい」
というだけでなく、
おもだるさや頭痛、吐き気、痔、肌荒れ、イライラなど、

カラダ全体の健康状態に影響を及ぼします。

さらに、妊婦さんに多い「腰痛」の原因になる可能性もあります!

お腹が大きくなり始める妊娠中期以降は、ただでさえ、腰痛になりやすいのに、便秘による影響まで受けてしまっては、腰痛が悪化して
「歩くのもしんどい!」
なんてことに。

早めに腰痛予防をしておく必要があります。

妊娠中の便秘が腰痛を引き起こすのはなぜ?

便秘になると、腰が痛くなる

という方が多いです。

便秘と腰痛は、無関係のように見えますが、実は「便秘は腰痛の原因」になるのです。腰と股関節の間に便秘に効果のあるツボがあるくらいです。

なぜ、便秘が腰痛を引き起こすのでしょうか?

その理由は、 

・便秘になって腸内に便やガスが大量に溜まってしまうと、
腸内がパンパンになり、周囲の筋肉や内臓、さらに、背骨や腰、骨盤を圧迫するようになって、腰痛を引き起こします。

・腸内に便が溜まると、筋肉や内臓を圧迫することから血流が悪くなり、腰回りが冷えることで腰痛になります。

このように、腸内に溜まった便やガスは、直接的にも間接的にも「腰に影響を与える」のです。

妊娠中は、お腹が大きくなり、腰に負担がかかります。

さらに、妊娠中は運動不足になりやすく、腹筋や背筋の力が低下してしまうことからも、腰痛になりやすい状態です。

腰痛になりやすい妊娠中に、さらに便秘が加わることで、腰の痛みが悪化する可能性は十分にあるようです。

妊娠中の便秘と腰痛を改善するには?

妊娠中の便秘や腰痛を引き起こす原因には、いくつかありますが、
この二つに共通する原因は

筋肉が硬くなり、こってしまう。

が考えられます。

妊娠中は、カラダのこと、赤ちゃんのこと、出産のことなど、気になることがたくさんあって、自然とストレスが溜まっています。

ストレスが溜まると、カラダに力が入って、筋肉が硬くなります。

腸の筋肉が硬くなると「便秘」となり、腰の筋肉が硬くなると「腰痛」となるのです。



妊娠中はストレスだけでなく、大きくなるお腹や、運動不足、大きくなるお腹によって腰や内臓が圧迫されるなど、便秘や腰痛になりやすい状態です。



そんな便秘と腰痛になりやすい妊婦さんができることは、どんなことでしょうか?



それは

・血行を良くすること

です!



血行不良やカラダの冷えは、便秘の原因にも、腰痛の原因にもなりますので、全身を温めることが、改善への第一歩です。

お風呂で温まったり、お腹にカイロをあてたり、冷え性を改善するお茶を温めて飲むなどして、血行をよくして行きましょう。



なるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物や食べ物は控えることをおすすめします。

食物繊維の多い野菜をたっぷり使った味噌汁などが、お勧めです。

また、食事以外では、血行を良くするために、動くことも大切です。

激しい運動やトレーニングではなく、近所を散歩したり、歩いて買い物に行ったり、足踏みするだけでも十分です。

カラダが温まると、リラックス効果も得られるので、妊娠中のストレスを軽減することにも役立ちます。

便秘が原因で腰痛が起きているのであれば、便を出せば、腰の痛みも楽になります。

もし、あなたの腰痛が「便秘のときにひどくなる」のであれば、便秘を改善しない限り、腰痛も改善されないということになります。

長引く便秘を放っておくのは、全身の血行状態を悪くしていく可能性がありますので、一日でも早く、便秘を解消することが大切ですね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子の原因は冷えているからのお話。

逆子の原因とは?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、ママのカラダが冷えることで、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりがよくなる

2016年05月04日
こんにちは。
大倉山 妊婦ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりがよくなるというお話。

現在、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠ケア
口コミ紹介が多い スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は妊娠初期の腰の痛みのお話。

現在妊娠初期の腰の痛みで通院されている方がいます。

妊娠初期の腰の痛みの原因は?

妊娠中はホルモンの分泌が活発になり、お腹に子宮が大きくなってきたりとカラダがいろいろ変わっていきます。
妊娠後期には大きくなったお腹を支えようとして背中や腰に負担をかけてしまい、腰痛や股関節の痛みを引き起こす原因となります。

しかし、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期の場合、なぜ腰痛が起きてしまうの・・・

そのひとつが

ホルモン分泌によるもの
そのホルモンとは・・・

「リラキシン」

の影響があります。


まだお腹も大きくないのにどうしてこんなにツラいの?
と妊婦さんに質問を受けました。

妊娠初期の腰痛は出産準備として多量に分泌される卵巣ホルモンの一種である「リラキシン」というホルモンが関係しています。

このホルモンは、出産時赤ちゃんがスムーズに狭い産道を通ってこられるように少しずつ関節や靭帯を緩める作用があります。

出産には必ずと言っていいほど必要なホルモンなのですが、緩んできた骨盤や背骨を支えようとするために、靭帯や筋肉、関節などにいつも以上の負荷がかかり、妊娠初期でも腰痛となってしまうと考えられています。

妊娠中に腰痛の症状があらわれることがあります。

主な原因はホルモンと姿勢によるもの。
妊娠初期にあらわれる腰痛は、まずひとつ目に女性ホルモンのひとつである「リラキシン」というホルモンによるものと考えられます。

リラキシンは、生理前や妊娠3ヶ月から産後2~3日まで分泌されるといわれています。

リラキシンの作用は主に「関節とじん帯を緩める」こと。

例えば出産時の赤ちゃんはおよそ2500~3500グラムですが、狭い骨盤を通り抜けるには少々大き目。骨盤をスムーズに通り抜けられるように、リラキシンにより間接を緩めるというわけです。特に骨盤の「骨盤結合」といわれる部分(膀胱のあたりにある大きな骨)を緩める作用があるようです。

リラキシンは、骨盤だけでなくも緩めるといわれています。つまりじん帯が緩んでしまうことで、関節の動く範囲が過剰になり、関節を支えるために筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなってしまいます。妊娠中には体重が10kg前後増えますので、体重増加により腰への負担が大きくなってしまいます。すでに腰痛持ちである場合には、妊娠により悪化することも考えられます。

このホルモンの分泌は、3ヶ月頃から増え始め、4ヶ月頃(12週)でピークを迎えます。6ヶ月(20週)以降は低下し、7ヶ月(24週)までは横ばいです。 その後、妊娠後期ではまた増え始め、それに応じて腰痛が起きる率も上がっていきます。

妊娠初期の腰痛はほとんどの妊婦さんが経験しています。
ですので、腰痛が出たからといって特に心配し過ぎる必要はありません。

また、普段から腰痛があったり、ほとんど運動もせず筋肉がついていない人も腰痛が出やすいと言われています。日ごろからしっかりとカラダを動かし、筋力をつけておきたいですね。

当院では、腰だけではなくカラダまるごと根本解決していきます。

安心できるマタニティライフが過ごせるよう
あなただけのオーダーメイドの鍼灸を行います。


腰の痛みの軽くする姿勢やカラダの使い方などセルフケアもお伝えしておりますよ~。
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

本日4月28日㈭は通常診療しています。

今回はつわりと背中が痛むお悩みのお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像



最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

つわりと背中を痛める方もいます。
お腹に胃があると思いますが、背中に胃の反応がでることがあります。
胃の症状が背中に悪影響を与えるからです。
つわりの鍼灸をする場合、背中の反応点も注意して施術します。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりがよくなります。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をしてよくなっています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
肩こりケア 大倉山
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊娠中の健康保険の施術についてというお話。


当院は、妊婦さんの施術をしています。

妊娠のどの時期でも対応します。
決して、強い刺激はしません。
お腹の赤ちゃんがいますので、
より安全に施術します。
刺激の程度は強くないか、つらくないか、
などお声をかけながら施術しますので、ご安心ください。

健康保険を使って治療できるケース。

1ヵ月以内で痛めた理由がハッキリしているケガ

例えば

・赤ちゃんを抱っこした時に、肩(背中、腕、腰、肘、など)が痛くなった。
・3歳のお子さんを持った時に腰(背中、腕、肘、手首など)が痛くなった。
・授乳しようと抱きかかえたら、首(手首、腕、背中など)が痛めた。

・くずったので抱きかかえて歩いたら、股関節(太もも、膝、足首)が痛くなった。
  

健康保険取扱いのルール知らなこと多いですよね。

・早く治したい
・不調があちこちある
・産後のケアしたい
とご希望がある方は、

当院のカラダまるごと根本解決する鍼灸治療がおすすめです。
カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。

鍼灸の施術は自費で行うため、鍼灸は保険適用外になります。

妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は陣痛促進の鍼灸のお話。

妊婦さんのケアをしていると、たまに
「陣痛促進剤を使いたくないので鍼灸で何とかできませんか?」
と質問されることがあります。
他にも

「出産予定日を過ぎているのに陣痛が来ない」
「陣痛は来ているのに痛みが弱く、すぐにおさまってしまう…」
「赤ちゃんが下がってこない」
「子宮口が開いてないと言われてしまった…」
と相談されることもあります。

あともう少しというところでの足踏みは、ママさんも家族の方もハラハラ、ドキドキしますよね。
うちの長男の時もハラハラドキドキで長かったです。   
    
「初産は遅れる」と言われるように、出産予定日(40週0日)を超えての出産も異常ではありません。     
    
ただ40週を過ぎると胎盤の機能はだんだん低下します。
そのため病院では、赤ちゃんとママの両方の健康を考えて、41週ほどで陣痛促進剤を使用した誘発分娩に踏み切ることがほとんどです。
中には、出産予定日に投与する病院もあるそうです。
陣痛促進剤は効果もあればその分リスクもあります。     
    
できることなら、お薬を使わずに自然な陣痛で赤ちゃんを産みたいですよね。
 

鍼灸について
        
鍼灸では、ホルモンバランスを整え、子宮を収縮させるホルモンが正しく分泌されるように施術していきます。
ツボを刺激することで子宮そのものに働きかける作用もありますので、子宮の弾力性を取り戻し、収縮力の弱さを補います。     
    
さらに足先や肩、腰のツボへの刺激で骨盤内の血流を上げ、産道・子宮口を柔らかくし、スムーズな陣痛を呼び込みます。     
    
微弱陣痛はママの栄養不良や疲労、睡眠不足なども原因のひとつと言われます。
予定日から遅れれば遅れるほど、どんどん焦って神経もすり減ってしまい、
これが悪循環になっていることもよくあります。     
鍼灸をする時は出来ればご家族等、信頼できる方とすぐに連絡がとれるように近くで待機してもらえたら助かります。
以前、鍼灸中にお腹が張ってご主人を呼んでいただいたこともあり、
陣痛促進をする鍼灸の場合はすぐに移動できるようにお願いしています。
    
出産予定日を過ぎて、微弱陣痛の不安・お悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりについて

2016年04月12日
こんにちは。
大倉山 妊娠トラブルケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回はつわりについてのお話。
当院には、いろんなタイプのつわりの妊婦さんが来院されています。
病院で、
「我慢しましょう。様子をみましょう」
と言われた方が多いです。

つわりについてのお話。

つわりは妊娠初期から妊娠12~16週頃あたりまでに多い症状です。
・吐き気
・においに敏感になる
・気持ち悪さ
・倦怠感
・眠気
・頭痛
・食べていないと気持ち悪い
・唾液がたくさん出る
など、症状は様々で個人差があります。

つわりが起こる原因は、母胎が赤ちゃんをはぐくむ準備としての
ホルモン状態の変化の影響が大きいと言われています。

「つわりは病気ではない 」
 
と我慢をされる方も多いようですが、

つわり症状が続くと日常生活に制限がかかりつらいです。

気分の落ち込み、何をするにもやる気が起きなくなります。

つわり症状は我慢をせずに、
体力や気持ちをととのえて妊娠期間をよりよく過ごしましょう。

つわりに対する鍼灸

鍼灸では、つわりの要因として気の滞りや
水分の流れが滞りがちになることによる胃腸の働きの低下、
熱や冷えが身体に不安定に偏在してしまうことが、
大きく影響していると考えられます。
とはいえ、元々のおひとりおひとりの状態や体質によっても、
症状のあらわれ方はまったく異なります。

体質が違えばあらわれる症状も異なりますし、治療方法も変わってきます。

当院の鍼灸では、それぞれの体質とあらわしている症状によって、
胃腸の状態を整える、水分代謝を円滑にするなど、
カラダ全体のバランスをととのえる治療をおこないます。

また、つわりはストレスなど精神的な影響も大きいと考えられています。
変化していく身体にともなって生じる身体的ストレス(肩こり・腰痛など)や、
精神的なストレス(イライラ感、不安感)を緩和することによって、
つわり症状を楽にしていきます。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 逆子のケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です

今回は逆子の原因とは?のお話。

逆子の原因とは?


実は、西洋医学でも、まだはっきりと原因が究明されてはいませんが、逆子になる理由として考えられていることはいくつかあります。

子宮口付近に胎盤がある前置胎盤、子宮筋腫のため子宮が狭い、へその緒が赤ちゃんに絡まっている・・・など、と言われていますが、これらの症状があるからといって必ずしも逆子になるとも限らないのです。

一方、東洋医学では、ママのカラダが冷えることで、逆子は起こると考えています。

人のカラダは、悩みやストレス、無理なお仕事、生活習慣、交通事故などの外傷、環境、などの要因により、気血の流れ(血流)に滞りや偏りが起きて、だんだんと冷えが生じてきます。

この冷えは、妊娠中に起こる様々な症状の根本原因と考えています。

特に下半身、下腹部が冷えているママは注意が必要です。

もし、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは最も大切な頭を守ろうとして、上に向いてしまうことがあるのです。

このように逆子は赤ちゃんが自分のカラダを守ろうとする防御反応と言えます。

妊娠中はママの体温があがります。これは、赤ちゃんの健やかな成長のためには、温かい環境がよいからです。自然なカラダの反応なのです。

日常生活では、カラダを温かく保つことが大切になります。

逆子の鍼灸ケア

スタイル鍼灸整骨院では、逆子を無理やり戻すのではなく、ママの冷えを解消して、自然なかたちで赤ちゃんの頭が下を向くお手伝いをさせていただきます。

鍼とお灸でママの冷えをとり、全身の気血の流れ(血流)を整えます。カラダのすみずみに新鮮な血液が行き渡り、ぽかぽかの温かいからだになっていきます。

おなかの中の赤ちゃんも居心地がよくなり、穏やかに動いて自然と頭が下に向くことでしょう。

骨盤内の血行もよくなり、新鮮な酸素と栄養がとどき、赤ちゃんの健やかな成長にもよい効果が期待できます。

また、ママの腰痛、恥骨痛、股関節痛、お腹の張り、足のつりなど、妊娠中の悩みも緩和されます。

妊娠中は気持ちをリラックスさせることがとても大切です。

悩みすぎや考えすぎは、赤ちゃんにも伝わると言われています。鍼灸は気血の流れを整えるので、精神安定作用があります。

近年の研究では、鍼灸でリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されることが明らかになりました。

これらの働きにより、スッキリ感が感じられ、気持ちも元気になり、前向きになると考えられています。

逆子でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんケアが得意
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりの種類と症状のお話。

つわりの種類と症状

つわりと一言で言ってもさまざまの症状があります。

・吐きつわり

吐きづわりとは、最も代表的なつわりの症状で多くの妊婦さんが経験されます。
常に吐き気を感じる方もいれば、強い吐き気で実際に吐いてしまう方もいます。

胃がムカムカして吐き気が続く(吐きそうで吐けない感じ)、何とか食べてもすぐに吐いてしまうなど辛い状態が続きます。

・食べづわり

食べづわりとは、空腹な時ほど吐き気がひどくなるつわりのことです。

常に何かを食べていないと吐き気が続くので食べる…ということでついつい食べ過ぎてしまい体重が必要以上に増えてしまう。急な体重の増加に注意が必要です。

・においづわり

においづわりとは、においに敏感になり普段の何気ないにおい、今まで平気だったにおいが苦手になり嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまうつわりです。吐きづわりや食べづわりなど他のつわり症状と同時に感じる場合がほとんどです。

気になるにおいは人それぞれで、電車の中のにおい、歯磨き粉や食べ物のにおい、炊きたてのご飯のにおい、焼き魚や揚げ物のにおい、湯気、冷蔵庫の中のにおいなど身の回りにあふれるにおいが多いようです。

・眠りづわり

眠りづわりとは、常に眠い、またはむしょうに眠気が襲ってくるつわりです。常に眠いという軽い症状から、気付いたら眠ってしまうといった生活に影響が出るほどの眠気におそわれる方もいます。

・よだれづわり

よだれづわりとは、よだれが増えるつわりで、唾液つわり(悪阻)とも呼ばれます。唾液の分泌量が増えるだけでなく、自分の唾液の味が気持ち悪く感じ飲み込む事が出来なくなる方もいるようです。

東洋医学のつわりの考え方

つわりは、妊娠して間もなくあらわれる症状で、東洋医学では「悪阻(おそ)」と呼んでいます。悪阻の程度は個人差があり、自然に回復する人もいますが、強い場合は妊娠中ずっと悪阻に苦しみ、日常生活にも支障が出る場合があります。

また、つわりを東洋医学的に分類すると以下のようになりますが、人間のカラダはそんなに単純に分類することはできませんが、あくまでも目安としてください。

1.脾胃虚弱タイプ
妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、その“気”が上昇しやすくなります。上昇した“気”によって胃が侵されることがあります。

本来、胃の“気”は、食べ物を腸まで運ぶ働きがあるため、下降しなければなりません。

そのため、平素から胃が虚弱の人が受胎すると、胃の“気”がさらに上昇しやすく、悪阻が出現しやすくなると言われています。

2.肝胃不和タイプ
妊娠によって“血”が子宮に集中するため、肝(東洋医学の肝は、“血”を貯蔵すると言われています)の“血”が不足し、相対的に肝の“気”が旺盛になります。

平素から肝の“気”が旺盛な人(東洋医学の肝は、そのほか感情の調節もすると言われています。肝の“気”が多いと、イライラや怒りっぽいといった症状を起こすと言われています)が、妊娠によってストレスを受けると、肝の“気”が上昇し、悪阻が出現しやすくなると言われています。

3.痰湿タイプ
平素から脾(東洋医学の脾は、消化吸収に関係し、“気”“血”“水”の生成の源と言われています)が弱いと、消化吸収がうまくできずに“気”“血”“水”ではなく、“痰”が生成されてしまいます。

妊娠によって経血が体外へ排出されなくなると、子宮から始まる“気”が盛んになり、“気”を伴って上昇し、悪阻が出現すると言われています。

当院では、つわりの症状でお悩みの妊婦さんのケアをしています。
人により症状は違うので、一人一人に合わせた鍼灸を行います。

つわりを我慢するだけしかないと思うだけでつらいですよね。
鍼灸によって症状を軽くすることはできます。

つわりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんのお悩みケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

先日、妊婦さんで頭痛のお悩みで来院された方がいました。妊娠前は頭痛が治まらなければ、市販の頭痛薬を服用されていました。が、妊娠中は市販のお薬は使うことが怖いとのことでした。

安定期に入ってつわりが落ち着いたのに、頭痛に悩まされることがあります。


妊娠中の頭痛は、普段とはちがった理由も考えられます。

残念ながら頭痛を根本的に薬でよくすることは、妊娠中は控えます。そんな時に限って頭痛が継続してしまうもの。

妊娠中の頭痛原因

・ホルモン変化

妊娠したら急に頭痛持ちになるのはホルモンの影響が強いと考えられます。赤ちゃんがお腹にいるため、二人分の調整が必要になるためです。

・悪い姿勢

お腹が大きくなるとどうしても猫背になったり、スマホを背中をまるめ頭がおちるような悪い姿勢になりがち。背中や肩が張って首を緊張させてしまい頭痛につながります。

・ストレス

妊娠中期になり安定期で体調は落ち着いたと言っても、妊婦として生活することでストレスを感じる場面も少なくありません。今までとは、ライフスタイルが変化し、うれしさもありますが、不安もあります。

・疲労

お腹が大きくなり、が思うようにカラダが動かないことが多々あります。人ごみに行くと普段以上に疲れたり、お腹が膨らんでカラダのバランスが変わりと疲労が溜まりやすくなります。


・不安

安定期になると体調はよくなったものの体型変化や、出産に不安を感じるものです。考え過ぎて頭痛がすることもあります。また、安定期になっても治まらないつわりに不安を感じることもあります。

簡単に挙げただけでもこれだけの頭痛原因が考えられます。
「つわりが終わったのに、頭痛が、、、」と落ち込んでしまいますよね。

妊婦さんの頭痛の対応方法


カラダを温める


・腸内を温める
冷たいものを控え、温かいものを飲んだり食べたりしましょう。腸内が暖まると全身にめぐる血液循環がよくなるからです。

・足を温める
頭痛持ちの方は特に足が冷えていることが多いです。足湯や足にシャワーをかけたり足を温め、カラダの下から温かくしましょう。

・骨盤を温める
骨盤の冷えは妊婦さんには天敵です。逆子のきっかけにもなります。ホッカイロなどで骨盤を温めるとよいです。

・首を温める
タオルをまいたり、ドライヤーで首を温めるのがおすすめ。首を温めて頭痛がひどくなったら、冷やしてください。

・たっぷり眠る

頭痛を強く感じるのは、起きている時です。たっぷり眠って、頭痛のない時間を作りましょう。

特に安定期では仕事を継続している人も多いので、なかなか休息時間を増やすことができずにいる妊婦さんも多くいます。休日は1時間遅く起きるなど、少しでも休息時間を増やしてください。

あまり眠ってばかりだと、怠けていると指摘する人もいるかもしれませんが聞き流してしまいましょう。妊娠中のあなたにとって、周囲に妊婦でも頑張っている姿を見せることよりも、母体の体調をよくすることのほうが大切です。

お薬に頼れないし、我慢するしかないと聞きますが、我慢せずに適切な医療機関を受診することをおすすめします。

妊婦さんで頭痛でお困りの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

「痛いかな」
「怖いな」
という方も多いので、そのような不安な方には
当院オリジナルの刺さない鍼で施術しています。ちなみに私の奥様にも刺さない鍼で施術しています。

ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療腰痛肩こりカラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりがよくなる鍼灸というお話。

現在、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山エルム通りから一つ奥にある
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回はつわりのお悩みの方のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像



最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりを改善できます。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をして、改善しています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
肩こりケア 大倉山
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの健康保険の施術についてというお話。


当院は、妊婦さんの施術をしています。

妊娠のどの時期でも対応します。
決して、強い刺激はしません。
お腹の赤ちゃんがいますので、
より安全に施術します。
刺激の程度は強くないか、つらくないか、
などお声をかけながら施術しますので、ご安心ください。

健康保険を使って治療できるケース。

1ヵ月以内で痛めた理由がハッキリしているケガ

例えば

・赤ちゃんを抱っこした時に、肩(背中、腕、腰、肘、など)が痛くなった。
・3歳のお子さんを持った時に腰(背中、腕、肘、手首など)が痛くなった。
・授乳しようと抱きかかえたら、首(手首、腕、背中など)が痛めた。

・くずったので抱きかかえて歩いたら、股関節(太もも、膝、足首)が痛くなった。
  

健康保険取扱いのルール知らなこと多いですよね。

・早く治したい
・不調があちこちある
・産後のケアしたい
とご希望がある方は、

当院のカラダまるごと改善する鍼灸治療がおすすめです。

カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。

妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

逆子の原因は?

2015年12月02日
こんにちは。
大倉山 生理痛のケアが得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

ブログの更新が遅れてしまいました。読んでくださっている方にご迷惑おかけしました。


今回は逆子の原因は?のお話。

当院には、逆子でお悩みの方もたくさん来院されます。
逆子がひっくり返った患者さんの声です。
画像

こんな方は逆子になりやすい


・冷たいものが好き
・暑がりで薄着で過ごすことが多い方
・甘いものが好き

という方は注意が必要です。カラダを冷やしてしまいます。

どうして逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤や足が冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。
赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。

逆子にならなためには!

ママが、冷やさないようにする!


冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えは改善します。湯たんぽやホッカイロ、温かいものの飲むことも大切です。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチやお風呂でマッサージなどでほぐすこと。


当院では、血液循環を良くする鍼灸で、骨盤や足がポカポカ温かくなる施術をしています。


あなたもカラダを冷えていませんか?
逆子の症状でお悩みの方はぜひ当院で鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は「妊婦の腰の症状は診てもらえますか」のお話。

「妊婦ですが、腰が痛くて診てもらえますか?」
大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を探している方から問い合わせがありました。

「できます!」

当院は、妊婦さんの腰痛、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状も得意です。

妊婦さんの腰の痛みの症状の多くは

腰から背中に引っ張られるような痛みがあり、腰を動かすのもつらい。

立っているときは後ろに体重をかけると腰は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は腰が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、つかれてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は横浜市でつわりにお悩みの方のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像



最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりを改善できます。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をして、改善しています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊婦さんの鍼灸

2015年10月23日
こんにちは。
大倉山 安産鍼灸
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

最近は肌寒くなってきましたね。夜の冷え込みでめまいや頭痛など体調を崩されている方が多いので、しっかり温めましょう。

今回は妊婦さんの鍼灸のお話。

当院、妊娠中の鍼灸をしています。

・妊娠中の寝違い、腰痛、背部痛、股関節痛
・妊娠中の頭痛、めまい
・つわりの軽減
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル

など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように配慮しています。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は、千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、時期によっては激しく変わりやすいものがあります。
また、呼吸器や肌荒れ・出来物といった皮膚の症状や、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。
病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など一人で悩まずにご相談ください。
画像
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の施術をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してください。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 生理痛のケアが得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は逆子の赤ちゃんがひっくり返えりましたのお話。

11月出産予定の妊婦さんが来院されました。
検診で逆子ということがわかり、どうしていいか悩み迷ったそうです。鍼は苦手だけど、赤ちゃんのためにと鍼灸を試してみようという決心されました。

「私は自分の子供も含め、たくさんの赤ちゃんをひっくり返しています。安心してくださいね」
と声をかけました。だいぶ緊張されていましたからね。

二回の施術で無事に正常の位置にもどり、現在は安産に向けて定期的に通院されています。

ここで、なぜ逆子になってしまうか?

お腹の中の赤ちゃんは成長と共に頭の重さによって産道の方に頭を向けるようになります。

これが反対に産道の方に足や骨盤を向けてしまうのが逆子になります。

ではなんで逆子になってしまうのか。

まだはっきりしたことは解明されていないですが、逆子になりやすい方、また婦人科疾患にかかりやすい方の共通点があります。

それは骨盤や足が冷えていること。

お腹の中の赤ちゃんは温かいところを好みます。
でも、胎盤の土台となっている骨盤やあしが冷えていると、直接お腹の赤ちゃんを冷やしてしまうことになります。
赤ちゃんは冷えないようにするため、頭を産道とは反対に向けます。
つまり逆子というのは、赤ちゃんが冷えから身を守る防衛策のようなものなんです。


そうなるとお母さんがすることは、冷えないようにすることですよね。

冷たいものや甘いものを控えて、足の付け根(鼡径部)のストレッチをすることで冷えを改善しましょう。

特に鼡径部が硬いと足への血液の循環が悪くなるので、ストレッチは入念にしてくださいね。


当院でも血液循環を良くする治療、骨盤や足が温かくなるようなる施術を行っていきます。


今回の妊婦さんも、冷たいものを好み、夏の感覚のまま薄着で過ごして、カラダを冷やしていました。ライフスタイルを見直し、行動したことが早くひっくり返った要素です。一番の要因は、ママが一生懸命になったから、その気持ちがお子さんに伝わったということ。
母と子の絆は強し。その絆に父ははいれませんからね。それがいいんだと思います。

あなたもカラダを冷えていませんか?

逆子でお困りの時は、当院までご連絡ください。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の施術をお試しください!

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

台風の影響で体調を崩されている方多いです。
湿気と気圧がカラダに悪影響をだし、偏頭痛やめまいの不調がでてきています。


今回は妊婦さんの肩の痛みのお話。

「妊娠中ですが、肩が痛いのですが診てもらえますか?」

妊婦さんを施術できる治療院を探している方から問い合わせがあります。

「できます!」

当院は、妊婦さんの腰痛、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠中のトラブルケアが得意です。

妊婦さんの肩のつらさや背中の痛みの症状の多くは

背中に引っ張られるような痛みがあり、背中を動かすのもつらい。
背中が苦しいので肩に悪影響がでるという負のスパイラルになってしまいます。

立っているときは後ろに体重をかけると背中は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、
肩が疲れてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの施術ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが、つわり、腰痛、逆子で来院しています。

上のお子さん連れもOKです。
本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠中のお悩み

2015年08月23日
こんにちは。
大倉山 安産
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠中のお悩みのお話。

当院、妊婦さんのお悩みをサポートをしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減
・腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル

などの症状でお困りの方が来院されています。

ママもベビちゃんともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。

なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康維持や促進することが治療方針になります。

自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度
などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
また、冷えの改善にもなるんです。


研究機関により実証されていますよ。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、
時期によっては激しく変わりやすいものがあります。

また、
・呼吸器
・肌荒れ
・むくみ
・便秘
・頻尿
・腰痛
・恥骨痛
・股関節痛
などの症状。

妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、
より健康に妊娠時期を過ごすサポートをし、安心して出産できるお手伝いをします。

妊娠中のお悩みをお持ちの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

安産の鍼灸

2015年08月13日
こんにちは。
大倉山 安産鍼灸
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

当院、安産の鍼灸をしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル
など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。
自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、時期によっては激しく変わりやすいものがあります。
また、呼吸器や肌荒れ・出来物といった皮膚の症状や、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。
新しいマタニティスタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
本格的鍼灸 スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山駅徒歩3分 妊婦さんのケアも得意な
スタイル鍼灸整骨院
院長 佐々木です。

今回は妊娠中のマイナートラブルのお話。

当院には、妊娠中のマイナートラブルのケアをしております。
妻の妊娠時に、女性のカラダの変化に対するすごさを肌で感じました。
男子は、どこか痛いとすぐに、ぴーぴー騒ぎますからね・・・。
さた、

妊娠中の主なマイナートラブルとは?

・吐き気、嘔吐、胸焼け(つわり)
・腰痛、足の付け根の痛み
・頻尿、尿漏れ
・眠気、不眠
・立ちくらみ、めまい
・全身のかゆみ、肌荒れ
・痔
・おりもの
・便秘、下痢
・足がつる、むくみ
・腹部の張りや痛み
・出血傾向
・妊娠線
・体毛が濃くなる

など、ざっと挙げただけでもこんなに症状があります。
またこれ以外の症状が出る人もいます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、
妊娠中のマイナートラブルの原因を体質・食生活や
ライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
妊娠中のマイナートラブルを改善できます。

目に見えるものから見えない症状までさまざまですが、
マイナートラブルの多くは生理的なもの、一過性のもので
特に治療を必要とはしません。

そのため、そのトラブル自体を早め早めに、またはその都度
予防していくことで、少しでも症状がやわらぐことがあります。

特に、ひどい症状や長期間の症状は、
妊婦さんにかなりストレスをかけで、
赤ちゃんにとっても負担になるかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
症状を楽にしていくことを試してみませんか?




新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

このジメジメ天気ど体調を崩されている方多いです。
よく食べ、よく寝ましょう。

今回は「妊娠中ですが、肩がつらいのですが診てもらえますか?」のお話。

「妊娠中ですが、肩がつらいのですが診てもらえますか?」

大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を探している方から問い合わせがあります。

「できます!」

当院は、妊婦さんの腰痛、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状も得意です。

妊婦さんの肩のつらさや背中の痛みの症状の多くは

背中に引っ張られるような痛みがあり、背中を動かすのもつらい。
背中が苦しいので肩に悪影響がでるという負のスパイラルになってしまいます。

立っているときは後ろに体重をかけると背中は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、
肩が疲れてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。

上のお子さん連れもOKです。




つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


港北区の小学生で下痢と嘔吐の症状が流行っているようなので、
手洗いうがい・早寝などで対策しましょう。


今回は横浜市でつわりにお悩みの方のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像



最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりを改善できます。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をして、改善しています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊娠さんの治療が得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

むしむしした天気ですね。

今回は妊娠さんをサポートのお話。

当院には妊婦さんの方が多数来院されています。

・つわりがひどくてつらい
・股関節の痛みで歩くのがきつい
・腰が痛くて家事ができない

などのつらい症状でお悩みでした。
働きながらのマタニティライフの方も多く来院されました。

出産までギリギリ仕事を続けながらのマタニティライフは、大変。なんとか妊婦さんにとって快適なよい制度ができないものかと思いますね。

お仕事をしながらの妊婦さんのお悩みで多いのが、
休めないということ以外に


・デスクワークの悩み

デスクワークのお仕事は長時間座った姿勢が続く。
つらいけど休憩できないことでした。
座ってるんだからいいでしょ?という雰囲気もあるそうです。

・立ち仕事の悩み

立ち仕事の悩みで多いのはしんどくても座れないこと。
力仕事も自分から「代わってほしい」と言い出せず我慢していることがあります。

休んだほうがいい気になるサインは?

こんな症状は危険かも!?

カラダや心にも負担がかかる仕事。
続けていることでこんな症状は出ていませんか?もしかしたら危険なサインかもしれません。

そんな症状は…?

・お腹の張り、痛み
・高血圧
・疲れやすい
・出血 
・褐色のおりもの   

いつもと違うな?と感じることがあったら、病院で相談してみてください。
このような症状が出るということは「頑張りすぎだから休んで」とカラダが言っているのかもしれません。

なるべく寝て過ごしたり、家事なども家族に任せるくらいでいたほうがいいこともあります。

当院では、
・つわり、
・膝の痛み、
・腰からおしりやももの裏の方まで痛み響く感じがする
・おなかが大きくなるにつれて腰痛がひどくなってきた
・座っているのも股関節がつらい
・足のむくみがひどい
・首、肩のコリがつらい
・足がつる

の妊娠のつらい症状をケアしています。
鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。
顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように
配慮しています。

病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など
一人で悩まずにご相談ください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
マタニティ鍼灸 大倉山 肩こり腰痛改善
カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は妊娠中のトラブルでお困りの方のお話。

鍼灸は、妊娠からママが赤ちゃんを抱きしめる時までケアします。ママの幸せ気分とリラックスした時間がお腹の赤ちゃんの成長のためにも、これから始まる育児にとっても大切です。妊娠したら出産力をアップするためにご利用ください。

安産・体質改善ケア(妊娠初期~分娩まで)

安産のためのカラダ作りは冷えの改善から始まります。
冷えはお産の大敵!血行を良くすることで、お腹の赤ちゃんはすくすく元気に育ち、ママもお産の時に頑張れる力が付きます。
あなたの今のカラダの状態・妊娠前のカラダの状態と冷えのレベルに対応して施術します。

セルフケアのお灸もおすすめしています。せっかく安産灸をするのだから、あなたにピッタリなツボを教えます。一人一人ツボの場所は違いますからね。

鍼灸の効果って?

・痛みを和らげる鎮痛効果
・血行を改善し疲労回復を促す効果 
・筋肉の緊張を緩め動きをよくする効果
・自律神経や運動神経の失調を整える効果 
・免疫能力を高め抵抗力を強める効果
・ホルモンバランスの乱れを整える効果


などがあげられます。

当院の鍼灸の特徴
  
 カラダまるごとオーダーメイド治療。

不調のある症状や病気だけを診るのではなく、患者さんそのものを診る。

症状や病気がどのようにして起こったのか、その背景には何があったのか、ライフスタイルなどを知っておくことは治療する上で、とても大事なことです。病気だけでなく、カラダまるごと治していきます。

妊娠中はカラダの変化により、不安を抱え、気持ちも不安定になりやすいです。カラダの変化ででた症状や安産に向けたお手伝いを全力でサポートします。

妊娠中のトラブルでお困りのママは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は「妊娠中で、膝が痛いのですが診てもらえますか?」のお話。

「妊娠中で、膝が痛いのですが診てもらえますか?」

と、先日
大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を探している方から
問い合わせがありました。

「もちろん、できます!」

当院は、妊婦さんの膝の痛み、腰痛、股関節痛、つわり、
逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状が得意です。

妊婦さんの膝の痛みの症状の多くは

おなかの成長のため、
骨盤のバランス、歩き方、立ち方など姿勢のバランスが乱れます。
そのため、階段の上り下りの痛み
正座やしゃがむ動きで痛みがでるなど
日常生活に影響がでます。

すぐに自宅でできる方法

・立つ、歩くの時に足の親指に体重をかける
・しゃがむ時は、立ち膝のようにして痛いほうに体重をのせない
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊婦さんの質問

2015年05月27日
こんにちは。
大倉山 妊婦さんお悩み改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの質問のお話。

    妊婦さんの治療は?


Q つわりなどの場合はどのような治療になりますか?

A つわりなどの症状には主に鍼灸による施術になります。
  現在、つわりの症状で治療されている方もおりますし、症状がよくなって
  マタニティライフを楽しまれている方もいます。
画像

Q 妊婦の腰痛はどのような治療になりますか?


A 妊婦さんに限らず、痛みがかなり強い症状ではマッサージはできませんので、はり治療になります。 そこまでの痛みでなければマッサージでも可能です。 組み合わせも可能です。

画像

Q 他では妊娠している人はできないと断られたのですが、スタイル鍼灸整骨院さんでは問題ありませんか?


A 大丈夫です。カラダに負担をかけないソフトな施術をします。

画像

Q 鍼灸のことは全く知らないので少し怖いのですが、受ける前にお医者さんに相談してもいいですか?


A ご心配な方はかかりつけのお医者さんの意見をお聞きください。また、当院での施術を受けるにあたりお医者さんの許可が必要というわけではありません。

画像

Q 妊婦なので電気治療や湿布などは受けたくないのですが。

A 電気治療も湿布も使いませんのでご安心ください。
  すべて、手をつかったソフトな施術です。


Q 妊婦向けのマタニティマッサージは具体的にどのようにするのですか?

A 妊婦さんなので横向きの姿勢で行います。気分が悪くないか、確かめながら
  施術しますので、ご安心下さい。
画像

Q 資格をもった先生ですか?

A 当院の施術スタッフは3年間学校へ通い、国家資格を持った先生が担当
  しますのでご安心ください。

Q 上の子がいますが、子供連れでもいいですか?

A お子さん連れOKです。お好きなDVDがあればお持ちください。また
予約の時にお子さんと一緒に来院することを伝えて頂けると助かります。
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療腰痛肩こりカラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、「つわりもよくなるんだ」というお話。

現在、つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。

画像

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 安産
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊婦さんの症状でお困りの方のお話。

当院、妊婦さんの安産のサポートをしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減
・腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル

などの症状でお困りの方が来院されています。

ママもベビちゃんともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。

なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康維持や促進することが治療方針になります。

自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 


お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度
などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
また、冷えの改善にもなるんです。


研究機関により実証されていますよ。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、
時期によっては激しく変わりやすいものがあります。

また、
・呼吸器
・肌荒れ
・むくみ
・便秘
・頻尿
・腰痛
・恥骨痛
・股関節痛
などの症状。

妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、
より健康に妊娠時期を過ごすサポートをしますよ~。

妊娠中のお悩み、安産灸に興味のある方は
お問い合わせください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊婦さんの施術

2015年05月06日
こんにちは。
大倉山 妊娠ケアが得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの施術のお話。

妊婦さんの施術

画像
Q つわりなどの場合はどのような治療になりますか?

A つわりなどの症状には主に鍼灸による施術になります。現在、つわりでお困りの方が来院しており、症状が軽くなっています。


Q 妊婦の腰痛はどのような治療になりますか?


A 妊婦さんに限らず、痛みがかなり強い症状ではマッサージはできませんので、鍼灸での施術になります。 そこまでの痛みでなければマッサージでも可能です。 組み合わせも可能です。



Q 他では妊娠している人はできないと断られたのですが、スタイル鍼灸整骨院さんでは問題ありませんか?


A 大丈夫です。これまで妊婦さんの施術を10年以上行っています。カラダに負担をかけないソフトな施術をします。


Q 鍼灸のことは全く知らないので少し怖いのですが、受ける前にお医者さんに相談してもいいですか?


A ご心配な方はかかりつけのお医者さんの意見をお聞きください。また、当院での施術を受けるにあたりお医者さんの許可が必要というわけではありません。



Q 妊婦なので電気治療や湿布などは受けたくないのですが。

A 電気治療も湿布も使いませんのでご安心ください。


Q 妊婦向けのマタニティマッサージや鍼灸は具体的にどのようにするのですか?

A 妊婦さんなので横向きか仰向けの姿勢で行います。姿勢がつらくないか声をかけながら施術します。


Q 資格をもった先生ですか?

A 当院の施術スタッフは全員国家資格を持っています。国家資格を持つ先生が担当し、安全に施術しますので、ご安心ください。

Q 上の子がいますが、子供連れでもいいですか?

A お子さん連れOKです。お好きなDVDがあればお持ちください。また
予約の時にお子さんと一緒に来院することを伝えて頂けると助かります。
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠さんのケア

2015年05月04日
こんにちは。
大倉山 妊娠さんの治療が得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

お天気かよく、お出掛け日和になりましたね。

今回は妊娠さんのケアのお話。

4月は過去最高の妊婦さんの方が来院されました。

・つわりがひどくてつらい
・股関節の痛みで歩くのがきつい
・腰が痛くて家事ができない

などのつらい症状でお悩みでした。
働きながらのマタニティライフの方も多く来院されました。

出産までギリギリ仕事を続けながらのマタニティライフは、大変。なんとか妊婦さんにとって快適なよい制度ができないものかと思いますね。

お仕事をしながらの妊婦さんのお悩みで多いのが、
休めないということ以外に


・デスクワークの悩み

デスクワークのお仕事は長時間座った姿勢が続く。
つらいけど休憩できないことでした。
座ってるんだからいいでしょ?という雰囲気もあるそうです。

・立ち仕事の悩み

立ち仕事の悩みで多いのはしんどくても座れないこと。
力仕事も自分から「代わってほしい」と言い出せず我慢していることがあります。

休んだほうがいい気になるサインは?

こんな症状は危険かも!?

カラダや心にも負担がかかる仕事。
続けていることでこんな症状は出ていませんか?もしかしたら危険なサインかもしれません。

そんな症状は…?

お腹の張り、痛み
高血圧
疲れやすい
出血 
褐色のおりもの   
いつもと違うな?と感じることがあったら、病院で相談してみてください。
このような症状が出るということは「頑張りすぎだから休んで」とカラダが言っているのかもしれません。

なるべく寝て過ごしたり、家事なども家族に任せるくらいでいたほうがいいこともあります。

当院では、
・つわり、
・膝の痛み、
・腰からおしりやももの裏の方まで痛み響く感じがする
・おなかが大きくなるにつれて腰痛がひどくなってきた
・座っているのも股関節がつらい
・足のむくみがひどい
・首、肩のコリがつらい
・足がつる

の妊娠のつらい症状をケアしています。
鍼を深く刺すことはありませんので、ご安心ください。
顔に刺す美容用の鍼を使うため、ほとんど痛みはありません。
また、妊婦さんが安全に安心して施術をうけられるように
配慮しています。

病院の先生に聞いてもいいのかなという質問など
一人で悩まずにご相談ください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は「妊婦ですが、背中が痛くて診てもらえますか?」のお話。

「妊婦ですが、背中が痛くて診てもらえますか?」
大倉山で妊婦さんを治療できる治療院を探している方から問い合わせがありました。

「できます!」

当院は、妊婦さんの腰痛、股関節痛、つわり、逆子、肩こり、疲労など
妊娠トラブルの症状も得意です。

妊婦さんの背中の痛みの症状の多くは

背中に引っ張られるような痛みがあり、背中を動かすのもつらい。

立っているときは後ろに体重をかけると背中は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、つかれてしまう。

という状態です。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

おうちで簡単にできるのでぜひお試しください。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。
現在、複数人の妊婦さんが来院しています。
つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずに
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりの改善

2015年04月24日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

だんだん暖かくなてきましたね。

今回はつわりの改善のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」


とある妊婦さんがお話されていました。

最近は妊婦さんの症状をよく治療します。

お兄ちゃん・お姉ちゃんの兄弟がいる方、初めの出産の方、
仕事をされている方

仕事に育児や家事をこなしながらのマタニティライフ。

それだけでも大変なのに、

つわりが加わると本当にしんどいし、ストレスの日々です。

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が症状として多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。

さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!


当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりを改善できます。

現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をして、改善しています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療腰痛肩こりカラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今日は涼しいのか寒いのかよくわからない天気ですね。
のどを痛める方が増えてきました。
うがいや口呼吸しないように気を付けましょう。

今回は、妊娠トラブルの治療というお話。

今月は妊婦さんの方が多く来院しています。

妊婦さんのつわりや股関節痛みや腰痛など。

出産の不安や準備などいろいろストレスも多い中、
つわりや腰痛など、カラダのストレスもプラスになるとさらに
ストレスでますよね。

つわりは、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいます。

股関節の痛みも湿布で様子を見ましょう。で結局我慢。

こんなつらい症状があるのに
我慢されている妊婦さんが多いです。


「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!

当院は、
つわりや股関節痛などの妊娠トラブルの原因を体質・食生活や
ライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
妊娠トラブルを改善できます。


特に、ひどい症状や長期間の症状は、
妊婦さんにかなりストレスをかけで、
赤ちゃんにとっても負担になるかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
症状を楽にしていくことを試してみませんか?


当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は妊娠さん産後のママさんの股関節の痛みというお話。

妊婦さん、ママさん
こんなお悩みありませんか??

・妊娠してから股関節とおしり回りからもものまわりが痛み
・もともと腰痛があり、おしり回りが固い
・開脚のストレッチができない
・腰痛がでると足やももにしびれがでる
・産後に赤ちゃんを抱っこしているとつらい
・授乳していると腰から足が痛だるくなる

妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きく姿勢も変化しカラダは疲れてしまし、肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。

姿勢変化は数か月間のマタニティ生活のクセとして残っていることが多く、
普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

疲れた状態を我慢しているとやがてカラダへの悪さが進行し、歩くだけで足に痛みやしびれがでる場合もあります。

家事をするのもつらくなり、生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとってもあまりいい状態とは言えません。ママがが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。

腰痛や股関節の改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

特に当院の鍼灸治療は、


股関節の痛みはなぜでているのか!
股関節以外のカラダのどこに原因があるか!

を脈やお腹や首の反応を診て手当てします。

カラダまるごと改善することで、妊娠トラブルや産後のトラブルなど
も合わせて対応します。
さらに、股関節に負担のかからないカラダの使い方や、
疲れをためやすい食事などのお話もします。



股関節のトラブルて困ってる方のお力になれますよ!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
院長 佐々木です。

今週月曜日から花粉をすごく感じ、鼻水がたれてきました。
栗原先生に花粉症治療して、鼻水がてれることはなくなりました。


今回は、妊婦さんの膝トラブルというお話。
膝のトラブル

・階段の上り下りで膝が痛い
・膝に水がたまった
・下に落ちたものを拾うとき膝が痛む
など。

妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きくカラダも変化し、膝の痛みや肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。


普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。
普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。
その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

我慢しているとカラダへの悪さが進行し、
「膝のトラブル」になる場合もあります。

生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとっても
あまりいい状態とは言えません。
ママが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、
お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

膝のトラブル

・膝が痛い
・膝に水がたまった
という妊婦さんも手当てしています。


「どうやって、水を抜くんですか?」
「鍼で水をだすんてすか?」

とご質問を受けます。

鍼灸は、注射器と違い、水をだしたり、抜いたりしませんので、ご安心を!

特に当院の鍼灸治療は、
膝に直接施術することはほとんどありません。

膝の痛みはなぜでているのか!
水がたまる原因は何か!
膝以外のカラダのどこに原因があるか!
を脈やお腹や首の反応を診て手当てします。

カラダまるごと改善することで、膝の水が減ることが可能ですし、
あなたが気がつかない部分の痛みなどの調子かまよくなります。
さらに、膝に負担のかからないカラダの使い方や、
疲れや水をためやすい食事などのお話もします。

水がたまってしまった膝に注射しなくても、、
当院の鍼灸ならば改善できます。

膝のトラブルて困ってる方のお力になれますよ!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんお悩み改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんからの質問のお話。

妊婦さんの治療


Q つわりなどの場合はどのような治療になりますか?

A つわりなどの症状には主に鍼灸による施術になります。


Q 妊婦の腰痛はどのような治療になりますか?


A 妊婦さんに限らず、痛みがかなり強い症状ではマッサージはできませんので、はり治療になります。 そこまでの痛みでなければマッサージでも可能です。 組み合わせも可能です。



Q 他では妊娠している人はできないと断られたのですが、スタイル鍼灸整骨院さんでは問題ありませんか?


A 大丈夫です。カラダに負担をかけないソフトな施術をします。


Q 鍼灸のことは全く知らないので少し怖いのですが、受ける前にお医者さんに相談してもいいですか?


A ご心配な方はかかりつけのお医者さんの意見をお聞きください。また、当院での施術を受けるにあたりお医者さんの許可が必要というわけではありません。



Q 妊婦なので電気治療や湿布などは受けたくないのですが。

A 電気治療も湿布も使いませんのでご安心ください。


Q 妊婦向けのマタニティマッサージは具体的にどのようにするのですか?

A 妊婦さんなので横向きの姿勢で行います。


Q 資格をもった先生ですか?

A 当院の施術スタッフは国家資格を持った先生が担当しますのでご安心ください。

Q 上の子がいますが、子供連れでもいいですか?

A お子さん連れOKです。お好きなDVDがあればお持ちください。また
予約の時にお子さんと一緒に来院することを伝えて頂けると助かります。
画像

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 膝痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今日はあったかいですね。。

今回は妊婦さんのもも、股関節・膝や足首の痛みのお話。

妊婦さんは、おなかが大きくなるにつれて、もも、股関節・膝や足首など下半身に痛みがよくでてきます。腰痛だけではありませんよ。

もも、股関節・膝や足首など下半身に痛みで悩まれてる多いですね。

当院は、お医者さんでないので薬や注射は使いません。

股関節から下の足首にまで痛みのある方に、直接患部に鍼を打たれるかと怖くて不安だとご質問がありました。

注射のように、膝や腰に太い鍼をすることはありません。
そんなことしたら、逆に痛みが強くなることがあります。

手や足のツボを効果的に使うだけでも、症状は軽くなります。


鍼灸と聞くだけで、
・怖い
・痛そう
・おじいちゃん先生

というイメージが強いですね。

鍼が怖いが、治療を受けたい方のために刺さない、こする器具で治療も可能です。

妊婦さんの方で
もも、股関節・膝や足首など下半身に痛みでお悩みの方は、
当院の鍼灸治療をお試しください。

お兄ちゃん・お姉ちゃんのお子様連れもOKですよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

ぎっくり腰になる方増えてます!湯船につかって温まりましょう!

今回は妊婦さんの背中の痛みのお話。

先日友達から奥さまが
「妊娠6ヵ月で、背中の痛みがひどい。何かよい方法はないか?」
とご質問があったので、
「横浜に来て!」
「・・・仙台なんだけど・・・」

ということで、いろいろ方法を教えました。

症状は

背中(肩甲骨周辺、特に右側)につっぱるような痛みがあり、ビリビリする。
ソファーなどに寄りかかるように座ると背中の痛みは少しよくなる。

立っているときは後ろに体重をかけると背中は楽になるけれど、お腹が張ってしまう。

前に体重をかけるとお腹は楽になるが、今度は背中が痛む。

痛みを我慢して無理に動いているとカラダ全体に力が入ってしまい、つかれてしまう。

というつらい状態でした。近くにいれば、治療できるのですが・・・。

近くの整体や整骨院に連絡したら、断られた。

ということだした。

すぐに自宅でできる方法

・シャワーを一度温度を上げて、背中に30秒あてる。
・ドライヤーや布団乾燥機を背中にあてる
・ホッカイロを貼る
・甘いものとパンを控える
・横向きに抱き枕風に布団や毛布を抱き、膝の間に挟む
・肩甲骨を寄せる運動をする
・おしりの仙骨を温める
・うちももをマッサージする

などを伝えました。あとは、妊婦さんの治療ができる治療院を探す。

その後
温めたり姿勢を気を付けたりしたようで、だいぶ痛みが楽になってきたそうです。

妊婦さんの治療ができる治療に通って症状も落ち着いてそうです。

よかった。よかった。

港北区や大倉山で妊婦さんの治療ができる治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

今ある症状だけではなく、安産や出産後のケアとサポートをします。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

よだれつわり

2015年03月24日
こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はよだれつわりのお話。

病気ではない病気?
つわりについて。

食べつわりはよく聞きますが、それだけではありません。

唾液がでる よだれつわり
という症状があります。かなりつらい症状です。

唾液 よだれつわりとは、唾液 よだれがたくさん出てきて 困った状態のことをいいます。お悩みの妊婦さんも多くの方がおられます。


症状としてはお口の中に唾液、よだれが大量に出てしまう状態になるようです。

・唾液、よだれがネバネバ、ドロドロした感じになる
・唾液、よだれが気持ち悪くて飲み込めない
・口の中で唾液 よだれが泡立ってしまう
・スッパイ食べ物を考えた時のように唾液、よだれがどんどん出てしまう。
・ゲップが出るときに一緒にお水のような唾液 よだれも出てくる
・唾液、よだれでお腹がいっぱいになる
・しゃっべいると唾液 よだれが出てしゃべりにくい

などの症状です。


対策は?

飲み込むと気持ち悪くなるので、なるべく吐き出すようにしましょう。

「食べつわり」
「吐きつわり」
「唾液つわり よだれつわり」
は胃腸の熱と水分の停滞や流れの悪さになります。

妊娠前まではカラダの熱や水分がスムーズに巡っていたのが、
お腹の中に赤ちゃんがいるので
ホルモンやカラダが活発になり、
そのための熱が 胃腸にこもりオーバーヒートのようになってしまいます。

その生命力の熱が水分を熱して唾液や胃液が濃くさせて
唾液がネバネバになり、水分が流れが悪く、気持ち悪くなってしまうんです。

鍼灸治療で熱や水分がスムーズに 流れるようにすることで、唾液つわり よだれつわりの改善をしていきます。

つわりの症状だけではなく、カラダまるごと改善させていきます。
カラダまるごと改善することで
安産に向けた体調管理のお手伝いもしていきます。

病気でないので、耐えるしかないとあきらめている方や
どこに行けばいいかわからない方は
ぜひ当院の鍼灸治療にお任せください!

もう一人で我慢することはありませんよ!!
045-859-9959

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

先日こどもが便秘になり、チタン製の刺さない鍼やシャワーのマッサージで治療しました。
いろんなことを試して、次の日にはよいものがでてくれてよかったです。

今回は肩と背中をほぐすとつわりが楽になるのお話。

つわりの時、肩や背中が痛むことがあります。
肩や背中をほぐし、カラダにかかる負担を軽くしましょう。

肩や背中が張っている、コっている原因。

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちです。

横になっている時間が長く、カラダを動かさないので血の流れが悪くなってしまいます。

同じ体勢でいると、カラダにコリがたまってしまいます。

また、胃や頭が痛むと、カラダが緊張して力が入ります。
カラダの緊張がコリにつながることもあります。


解消法

・動かしてほぐす

肩と背中のコリをほぐすには、肩甲骨を動かすのが効果的です。
両腕を肩から大きく回しましょう。背伸びをしたり、首を回すだけでも効果的です。

 体調が良くなってきたら、軽いウォーキングも血行が良くなるのでお勧めです。


・温めてほぐす

冷えると血の巡りが悪くなり、コリがひどくなります。お風呂に入れるなら、ゆっくり温まってください。 

つわり中なので、気分が悪くて湯船に入れないなら、他の方法もあります。
蒸気が出るタイプの温めシートや、温感湿布を貼ると良いでしょう。
蒸しタオルを首の後ろ側にあてるのも効果的です。
温かい食べ物や飲み物を摂ると、体の内側からポカポカと温まり、血行促進になります。

少しの工夫で、コリがほぐれることもあります。体を軽く動かしたり、温めるのは、他のつわりの症状の軽減にもつながります。ぜひ試してください。

これでも改善しない場合は
身近のかかりつけ治療院へ受診することを、おすすめします。

私の妻も妊娠中、入院しました。そのときに、同じ部屋に入院された方の症状を聞くともう少し早く手当てしていれば、入院しなくてもよかったのではないかと思う方もいました。

一人で悩まないで、カラダの不調があればなんでも教えてくださいませ!
電話だけでもいいですよ~!

もし、身近にかかりつけがいなくてお困りの方は、スタイル鍼灸整骨院がお力になります!妊婦さんの治療経験もあるので安心してお越しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
マタニティ鍼灸 大倉山 肩こり腰痛改善
カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回はマタニティ鍼灸で安産のお話。

鍼灸は、妊娠からママが赤ちゃんを抱きしめる時までケアします。ママの幸せ気分とリラックスした時間がお腹の赤ちゃんの成長のためにも、これから始まる育児にとっても大切です。妊娠したら出産力をアップするためにご利用ください。

安産・体質改善ケア(妊娠初期~分娩まで)

安産のためのカラダ作りは冷えの改善から始まります。
冷えはお産の大敵!血行を良くすることで、お腹の赤ちゃんはすくすく元気に育ち、ママもお産の時に頑張れる力が付きます。
あなたの今のカラダの状態・妊娠前のカラダの状態と冷えのレベルに対応して施術します。

セルフケアのお灸もおすすめしています。せっかく安産灸をするのだから、あなたにピッタリなツボを教えます。一人一人ツボの場所は違いますからね。

鍼灸の効果って?

・痛みを和らげる鎮痛効果
・血行を改善し疲労回復を促す効果 
・筋肉の緊張を緩め動きをよくする効果
・自律神経や運動神経の失調を整える効果 
・免疫能力を高め抵抗力を強める効果
・ホルモンバランスの乱れを整える効果


などがあげられます。

当院の鍼灸の特徴
  
 カラダまるごとオーダーメイド治療。

不調のある症状や病気だけを診るのではなく、患者さんそのものを診る。

症状や病気がどのようにして起こったのか、その背景には何があったのか、ライフスタイルなどを知っておくことは治療する上で、とても大事なことです。病気だけでなく、カラダまるごと治していきます。

妊娠中はカラダの変化により、不安を抱え、気持ちも不安定になりやすいです。カラダの変化ででた症状や安産に向けたお手伝いを全力でサポートします。

妊娠中のトラブルでお困りのママは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちわ。

大倉山 妊婦さん肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方のお話。

当院は妊婦さん特有の症状の治療が出来ます。

鍼灸は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中だけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のお母さん、

今後妊娠の可能性がある方にとって、安全で信頼性の高い治療とされています。

また、妊娠期はつわりに始まり腰痛、肩こり、逆子などマイナートラブルに悩む方が少なくありません。元気な逆子の赤ちゃんを何人もひっくり返してきました。ひっくり返したといっても、その環境を作っているママさんやひっくり返った赤ちゃんがえらいのであって、私はお手伝いしただけですが・・・。


妊婦さんの鍼灸はどんなことをするの?

まずは、妊婦さんの大きくなったお腹に負担がかからない安定した安全な姿勢で、ツボに鍼やお灸を施して行きます。

多い症状は

腰痛や肩こり、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった、妊婦さんのカラダにおこる様々なトラブルの解消のため、脈やおなか・首の固さ、冷えているツボを調べ、カラダ全体を調整します。

また、リラックスさせる(副交感神経)機能を高めるので、自律神経やホルモンバランスがよくなり、ストレスを軽減し、精神的にも肉体的にもリラックスできますよ。

妊婦さんが鍼灸に行ける時期は、いつからいつまで?

自然妊娠で母子ともに健全な状態で成長していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。妊娠糖尿病など何から白の体調不具合がある妊婦さんは、お医者さんの許可を受けた上で、安定期から施術を開始してくださいね。いつまでという時期は特になく、出産直前まで通ったという妊婦さんもいますよ。

できれば、妊娠前から治療をうけるのがおすすめです。

前職では、妊婦さんへの施術経験はあります。

「整骨院なのに、妊婦さんの治療できるんだあ」

と言われていました。


鍼灸を受けて、リラックしたマタニティライフをすごしませんか?

妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスしたマタニティライフを過ごしてくださいね。

大倉山で妊婦さんの治療が出来る治療院をお探しの方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦治療腰痛肩こりカラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、「つらいつわりの改善」というお話。

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、詳し鍼の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、身内の妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は、腰を痛める抱っこの特徴のお話。

この寒い時期の夜の授乳中の抱っこはつらいですよね。

こんな抱っこの姿勢していませんか?

1 授乳時に背中を丸めるてしまう

壁などによりかかる、クッションをおくなど工夫しましょう

授乳用クッションは、しっかりとした厚みで赤ちゃんを支えるため、ママさんが猫背になりにくく、背中や肩・腕への負担を和らげます。
私の妻も使っていました。

2 中腰でおむつを替える

両膝を床につけたり、足を広げたり、中腰を避ける姿勢をしましょう。
中腰での育児は腰をやられますよ~。

3 抱っこひもなどを使った際、姿勢が反り返る

ウエスト位置で抱っこした方が、 腰も肩も楽です。抱えるように密着しましょう。 重心が上にくるので、 姿勢もよく見えますよ~。

4 ひざを伸ばしたまま持ち上げる

床から抱き上げる時は、必ずヒザを曲げて、 腰を落とした状態で抱き上げるように気をつけましょうね。

この対策をしても腰に痛みでお悩みの方は専門家に診てもらうほうがよいです。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。

腰痛の改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう方、ここもあっちもカラダが不調のママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

横浜市は明日の夜は雨ですね。
体調を、崩さないように気をつけてくださいね!

今回は大倉山の妊婦さんの治療でお悩みというお話。

こんな症状で困っていませんか?
・赤ちゃんが大きくなってくるにつれて、腰痛がひどくなってきた
・おしりにも痛みが広がっている
・背中がガチガチで座っているのもつらい
・股関節や恥骨が痛い
・むくみがひどい
・肩や首のこりがひどい

普段は健康体であっても妊婦中は腰痛、背中痛、首から肩のこり、股関節痛、コムラ返り、むくみ、悪阻など、とても辛い症状がたくさん出てきます。
そんなときには赤ちゃんとご自身のため、そして安産のためにぜひ、スタイル鍼灸整骨院でカラダの環境を整えて、楽しいマタニティライフを送って下さい。

当院では東洋医学をベースとした鍼灸治療で妊婦さんからも支持をいただいております。東洋医学で大切なことは陰陽のバランスです。赤ちゃんがお腹にいるということは、アンバランスな状態になりやすく、骨盤内や腰、背中、お尻の筋肉や周辺組織に熱を持ちやすくなっています。それが痛みとなって出てきます。西洋医学的には腰が反り返ったり、臨月近くなると骨盤が開いてきたりするので、それが原因だと考えられています。

当院ではカラダのバランスを調節していくことで、痛みや不調の症状を改善していきます。


施術回数は続けて5~6回ほど受けて頂くことで皆さん改善されています。
辛い痛みやこりを我慢せずに当院の施術を受けてみて下さい
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山新横浜 マタニティーケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの治療というお話。

当院は、妊婦さんの治療をしています。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹も大きくなり、カラダの外側、内側の変化により、腰や背中、膝や首などに痛みがきやすくなります。
ひどくなると、座骨神経痛や膝に水がたまったり、
動けなくなることもあります。

体重制限が厳しいから、お散歩したり動きたいのに動けない。
不安になりますよね。

私の妻も妊娠中、入院しました。そのときに、同じ部屋に入院された方の症状を聞くともう少し早く手当てしていれば、入院しなくてもよかったのではないかと思う方もいました。


他院で、妊娠中だから断られた方を治療してました。身近にかかりつけの治療院があれば早く受診することを、おすすめします。
一人で悩まないで、カラダの不調があればなんでも教えてくださいませ!電話だけでもいいですよ~!
もし、身近にかかりつけがいなくてお困りの方は、
当院がお力になります!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの治療のお話。

結論!キッパリ。

当院は、妊婦さんの治療をしています。

妊婦さんは、赤ちゃんが大きくなるにつれて、腰や背中、首に痛みがきやすくなりますよね。体重制限が厳しいですし、なにかと不安になるのもわかります。私の妻も妊娠中、入院しました。そのときに、同じ部屋に入院された方の症状を聞くともう少し早く手当てしていれば、入院しなくてもよかったのではないかと思う方もいました。

他院で、妊娠中だから断られた方を前職でも治療していました。一人で悩まないで、カラダの不調があればなんでも教えてくださいませ!電話だけでもいいですよ~!
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今日は天気もよくすがすがしいですね。
こんな日はいきなり動いたり、重いものもったり、中腰からの抱っこに要注意。
グキッと腰をやらないようにゆっくり動かしましょう。


今回は妊娠中・産後の股関節の痛みというお話。

当院には

・妊娠してから股関節とおしり回りからもものまわりが痛み
・もともと腰痛があり、おしり回りが固い
・開脚のストレッチができない
・腰痛がでると足やももにしびれがでる
・産後に赤ちゃんを抱っこしているとつらい
・授乳していると腰から足が痛だるくなる

こんなお悩みで来院されるママさんが多く来院されます。


妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きく姿勢も変化しカラダは疲れてしまし、肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。

姿勢変化は数か月間のマタニティ生活のクセとして残っていることが多く、
普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

疲れた状態を我慢しているとやがてカラダへの悪さが進行し、歩くだけで足に痛みやしびれがでる場合もあります。

家事をするのもつらくなり、生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとってもあまりいい状態とは言えません。ママがが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。

腰痛や股関節の改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。
妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、
ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊娠の腰痛

2015年02月17日
こんにちは。
横浜市港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院

院長 佐々木です。



妊婦さんは腰痛が多いです。

前職でもたくさんの妊婦さんを診てきました。
妻が妊婦さんの時に、よく治療していました。

短期間でカラダがドンドン重くなるので当たり前ですよね。




ひどい方ですと「しびれ」があるかた「坐骨神経痛」の方もいます。

歩くように、病院の先生から指導されて、歩かなくてはいけないのに

歩けない・・・・。




これはとてもつらいですな。

妊婦さんだと施術をうけられないと思っている方がいますが、問題ありません。

妊婦さんが治療を受けやすいベットにしてあります。


妊婦さんも施術が可能です!




座った状態・横向き・仰向けなどいろいろな状態でも施術はできますので、問題ありませんよ~。。

なかなか外出できない方もいますので、自宅のケアもあなたのカラダのスタイル合わせてお話ししますので、ご安心を。

腰痛の問題をカラダまるごと改善していきます。
腰痛があるから腰に直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけで改善することができます。

今まで、もんだり・押したり・ボキッとしたりしても
また、繰り返す慢性化・長期化した腰痛でお困りの方は、
ぜひ、当院の鍼灸治療をお試しください。

帰り道にスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

お電話でご予約ください。

スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

当院は妊婦さんや産後の女性のケアもサポートしております。
気軽にご相談くださいね~。

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


今回は妊娠中・産後に膝が痛いというお話。

こんなお悩みありませんか?

・妊娠してから腰や股関節の痛みがあり、最近膝が痛い
・階段の登り降りで膝が重い
・産後に赤ちゃんを持ち上げことがつらい
・授乳している姿勢で膝に違和感がでて、立ち上がりが痛い

妊娠中は薬の制限があり、我慢してばかりでつらいですね。

妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きくカラダも変化し、膝の痛みや肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。

カラダの変化は数か月間で内側も外側も変わります。

普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

我慢しているとカラダへの悪さが進行し、「膝の痛み」になる場合もあります。
生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとってもあまりいい状態とは言えません。ママがが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 安産
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

当院、妊婦さんの安産のサポートをしています。

・妊娠中の全体調整
・つわりの軽減腰痛、背部痛
・逆子の改善
・出産前の体調調整
・妊娠トラブル
など
母子ともに健康で快適な出産を目指します。

東洋医学は、養生・未病の考え方を大切にしています。
なので、病気を治すことで終わりではなく
病気にならない、健康を促進することが治療方針になります。
自宅で安産灸をおこなってもらうことが多いです。

妊婦さんの健康維持である安産灸は
千年以上の歴史もある鍼灸の世界では、メジャーな話なのです。

安産灸にはどんな効果が?

・妊娠中:体調・気分の安定。足のつり・むくみ・だるさなどの軽減。
・出産時:陣痛促進及び疼痛緩和・分娩時間短縮・後陣痛の軽減。
・産後:産後の肥立ち良好。母乳の出も良好。 

お灸の効果として


灸の刺激が、血液中の赤血球・白血球・血小板、各種免疫物質アルカリ濃度などを増量する。
(つまり貧血予防や抵抗力・止血作用・免疫機能の強化になるということ)
又、血管を一時的に収縮し後に拡張するため局所血流障害や冷えの改善になる。
全身の組織細胞の働きを活性化する。

研究機関により実証されています。

妊娠の間、ママのカラダは、いろんなの変化があります。
出てくる症状も、つわりばかりでなく、時期によっては激しく変わりやすいものがあります。
また、呼吸器や肌荒れ・出来物といった皮膚の症状や、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。

妊娠中はカラダもココロもデリケートです。
昔から伝わるやさしく効果的な経絡治療で、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中全体の体調管理が可能です。

赤ちゃんの健やかな成長とあわせて、より健康に妊娠時期を過ごすサポートをします。

妊娠中のお悩み、安産灸に興味のある方は
お問い合わせください。

スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

妊婦さんの腰痛

2015年02月03日
こんにちは。
横浜市港北区大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
院長 佐々木です。

今回は妊婦さんの腰痛のお話。

妊婦さんは腰痛や股関節回りを痛めるが多いです。
私の妻も痛めて、ケアしました。
お灸や鍼で妊娠中はサポートしてました。
今となっては、懐かしいですね。

妊婦さんは
短期間でカラダがドンドン重くなるので、
腰や股関節に負担がきるのは当然。

ひどい方ですと「しびれ」がでたり、
「坐骨神経痛」の方もいます。

歩くように、病院の先生から指導されて、歩かなくてはいけないのに

歩けない・・・・。


これはとてもつらいですな。

妊婦さんだと施術をうけられないと思っている方がいますが、問題ありません。

妊婦さんが治療を受けやすいベットにしてあります。


妊婦さんも施術が可能です!

座った状態・横向き・仰向けなどいろいろな状態でも施術はできますので、問題ありませんよ~。。

なかなか外出できない方もいますので、自宅のケアもあなたのカラダのスタイル合わせてお話ししますので、ご安心をくたさい!


当院は妊婦さんや産後の女性の腰痛や肩こり、ホルモンバランスの乱れによる謎の症状、ムクミや冷え性などサポートしております。カラダまるごと改善して、安産や育児に集中できるお手伝いをします!
気軽にご相談くださいね~。

お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回妊婦さんや産後のトラブル

こんなお悩みでストレスわ感じていませんか?

・妊婦さんの腰痛
・股関節の痛み
・産後のケア
・子育てによる疲労、ケガ

妊娠中は痛み止めのお薬が使えませんし、カラダのバランスが変わるので痛みが大きなストレスになります。当院では、安全に、安心して受けていただける痛みの緩和をはじめ、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康をサポートする鍼灸治療を豊行っています。
人生で一番大事な時期をストレスなく過ごし、いいお産をされることを目標に、おひとりおひとりの体質やライフスタイルに合わせたオーダーメイドの治療を組み立てます。


産後の方で多いのは、骨盤の張りや股関節の痛み、腰痛、腱鞘炎のお悩みです。赤ちゃんを抱っこして世話する時期には、腱鞘炎をはじめとして全身に痛みの症状が現れます。産後も授乳をされている場合にはお薬を飲めないため、痛みを施術で上手に緩和することが大切になってきます。また、出産によって広がってしまった骨盤のケアや効果的なトレーニング指導も行っています。

当院は、お子さん連れOKです。予約の時にお子さん連れのお話を伝えてください。おもちゃや本もありますし、お好きなDVDをお持ちになられてもOKです。ママは治療に集中・おこさんは遊びに夢中の環境を大切にしています。
小さな赤ちゃんやお子さんはだっこひもをお借りできれば、院長の佐々木が装着して治療します。前職では、だっこひもをみなさんからお借りしていました。
なかなか預けることは難しいですよね。こちらのことは気にせず、お姫さま・王子さまをお連れください。

お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 妊婦さんお悩み改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの治療Q&Aのお話。

妊婦さんの治療


Q つわりなどの場合はどのような治療になりますか?

A つわりなどの症状には主に鍼灸による施術になります。


Q 妊婦の腰痛はどのような治療になりますか?


A 妊婦さんに限らず、痛みがかなり強い症状ではマッサージはできませんので、はり治療になります。 そこまでの痛みでなければマッサージでも可能です。 組み合わせも可能です。



Q 他では妊娠している人はできないと断られたのですが、スタイル鍼灸整骨院さんでは問題ありませんか?


A 大丈夫です。カラダに負担をかけないソフトな施術をします。


Q 鍼灸のことは全く知らないので少し怖いのですが、受ける前にお医者さんに相談してもいいですか?


A ご心配な方はかかりつけのお医者さんの意見をお聞きください。また、当院での施術を受けるにあたりお医者さんの許可が必要というわけではありません。



Q 妊婦なので電気治療や湿布などは受けたくないのですが。

A 電気治療も湿布も使いませんのでご安心ください。


Q 妊婦向けのマタニティマッサージは具体的にどのようにするのですか?

A 妊婦さんなので横向きの姿勢で行います。


Q 資格をもった先生ですか?

A 当院の施術スタッフは国家資格を持った先生が担当しますのでご安心ください。

Q 上の子がいますが、子供連れでもいいですか?

A お子さん連れOKです。お好きなDVDがあればお持ちください。また
予約の時にお子さんと一緒に来院することを伝えて頂けると助かります。

不安なことがあればお電話ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

夜の冷え込みが厳しいですね。インフルエンザにご注意ください!

今回は、妊婦さんの顔にピクピク感についてのお話。
妊婦さんは、赤ちゃんの成長とともにカラダにいろんな変化がでてきます。お腹が大きくなってきたり、ホルモンなどの分泌量がふえたり、カラダの外側と内側が変わるため、それにともないトラブルも多くなってかいます。
産婦人科でよく言われる妊娠トラブル以外にも、
手のシビレや腰、肩、背中など筋肉の痛みなどのトラブルもあります。

意外なんですが、他に
首から耳の裏にかけてのこわばりや
顔がピクピクすることもあります。

肩こりや首こりが原因だったり、カラダや心の環境の変化やさまざたなことが重なりでてきます。

妊娠してることもあり、不安になるかもしれませんが、脳が原因の症状以外は改善が見込まれます。

当院では肩こりや首こりだけでなく、カラダ全体の緊張感をとり、リラックスできるようなカラダにしたり、ホルモンなどのバランスを整えたり、出産に向けてベストなカラダを目指した治療をしていきます。

顔がピクピクして不安な妊婦さんは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は、妊娠中・産後に手首が痛くなったというお話。

「鞘炎かな?家事や抱っこし過ぎたから、放っておけば治るでしょ。」

そんな感じで放置しちゃいますよね。
治療する時間がなかなか作れないですし。

放っておいて痛みが減っていれば、わざわざ受診することもないですが、痛みが変わらない場合は早めに受診しましょう。

妊娠中や産後のママでに手首の痛みで悩まれる人がいます。

腱鞘炎と安易に決めつけるのは早いです。

腱鞘炎なのか、簡単テスト方法。

1 親指を他の4の指で包むように握ります。
2 握ったら、下の方向へ(小指側)に手首を下げます。
そのときに、親指側の手首に痛みがでたら、腱鞘炎の疑いがあります。



手首の痛みは、産後の場合は赤ちゃんの首を手で支えながらお風呂にいれたり、抱っこしたり、と緊張しながら使いすぎになるとで痛くなりやすいです。

産後の腱鞘炎は使いながら治すのは非常に困難でやっかいなんです。

何もしないでおくと腕から肩、くびまで痛くなり、しびれたりうずいたり、頭まで痛くなり気分もさえなくなり、とても辛い症状に変わっていきます。

手首の腱鞘炎でも多くは首・肩や背中がとても硬く張っていることが多く、そちらからも治療する必要があります。

すでに出産前から腱鞘炎で困っている妊婦さんは今のうちにしっかりと手当てしておくことが痛みを増さないコツ。

手首を動かしても痛みがないが、何かの拍子で痛い。もしくは、じっとしていても痛みがある場合、ホルモンが大きく関与しているかもです。専門医療機関をおススメします。判断が難しい場合は、お電話ください。


小さい子を親にあずけて来院しなくてはいけないので、なかなか時間が取れない。どんどん赤ちゃんは大きくなるし、症状はつらくなるし・・・と悩んでいる人が多いです。

当院は、赤ちゃん連れ、小さいお子さん連れOK!
早く手当てして、カラダの心配なくお子さんの育児してもらいたいので、泣いたりしたら迷惑とか気にせずにお越しくださいませ。予約の電話のときに、赤ちゃん連れと伝えてもらえれば、ママが治療に集中できる環境を作りますので、ご安心ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山新横浜 肩こり腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの受付中というお話。

当院は、妊婦さんの治療をしています。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、おなかも大きくなって
腰や背中、首・膝に痛みがきやすくなります。

「薬に頼りたくないし、痛いしどこいったらいいのかな・・・。」

って
不安になる気持ちわかります。
私の妻も妊娠中
腰痛や股関節に痛みがあり、治療しましたね。

一人で悩まないで、カラダの不調があればなんでも教えてください!お電話の相談だけでもいいですよ~!

スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

こんにちは。
大倉山新横浜 マタニティ鍼灸が得意な
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。


マタニティ鍼灸

鍼灸は、妊娠からママが赤ちゃんを抱きしめる時までケアします。ママの幸せ気分とリラックスした時間がお腹の赤ちゃんの成長のためにも、これから始まる育児にとっても大切です。妊娠したら出産力をアップするためにご利用ください。

安産・体質改善ケア(妊娠初期~分娩まで)

安産のためのカラダ作りは冷えの改善から始まります。
冷えはお産の大敵!血行を良くすることで、お腹の赤ちゃんはすくすく元気に育ち、ママもお産の時に頑張れる力が付きます。
あなたの今のカラダの状態・妊娠前のカラダの状態と冷えのレベルに対応して施術します。
セルフケアのお灸もおすすめしています。
治療頻度と内容

妊娠初期 つわり症状と重なる時期ですので1週間に1回くらい。

妊娠中期 カラダの状態と冷えの程度にあわせて2週間に1回くらい。

後期~分娩 安産で出産するため健診と同じペースで2週間に1回くらい。

鍼灸の効果

・痛みを和らげる鎮痛効果
・血行を改善し疲労回復を促す効果 
・筋肉の緊張を緩め動きをよくする効果
・自律神経や運動神経の失調を整える効果 
・免疫能力を高め抵抗力を強める効果
・ホルモンバランスの乱れを整える効果

などがあげられます。

当院の鍼灸の特徴
  
 カラダまるごとオーダーメイド治療。

不調のある症状や病気だけを診るのではなく、患者さんそのものを診る。

症状や病気がどのようにして起こったのか、その背景には何があったのか、ライフスタイルなどを知っておくことは治療する上で、とても大事なことです。病気だけでなく、カラダまるごと治していきます。

施術後の流れ


1 問診 今回の症状、過去のケガ・病気・家族で多い病気など


2 脉診 脈診とは脈で今の体の状態や内臓の弱っている場所、カラダがストレスを感じているなどわかります。この脈診により治療方針を決めます。


3 腹診 お腹のかたさを調べ、かたさの場所やかたさの状態で弱っている臓器がわかります。

4 首の反応 首のかたさのあるなしでカラダの免疫力やストレスがわかります

5 患部 症状のでている場所の動きを見ます。


治療の方針
  
(1) 免疫系

カラダには外敵(ウイルス、細菌等)から守る免疫があります。

免疫力をアップさせることで、症状の早期改善できますし、風邪をひきにくうなります。


(2) 血管系

血行が悪いと冷えや内臓の調子が悪くなります。おなかや骨盤の血液循環をよくすることでカラダ全体の冷えの改善・内臓の調子がよくなります。


(3) 神経・ホルモン系

自律神経やホルモン系によって、カラダの全身調整が計られバランスがとられています。この自律神経・ホルモンバランスが乱れると病気になりやすくなります。
自律神経や内分泌の働きを調整する施術をして、カラダのバランスを改善させます。


(4) 筋肉系

かたくなったり、こったり、痛みがでたり、動きがわるくなっているそれぞれの筋肉をゆるめます。筋肉の柔軟性がアップ、ケガをしにくいカラダになります。

(5) 気系

東洋医学には「気」という考えがあり、「気」のめぐりをよくすることで
カラダの元気にさせます。

今でている症状だけでなく、カラダ全体の調子を調節することで、早期改善や効果が長持ちします。

妊娠中はカラダの変化により、不安を抱え、気持ちも不安定になりやすいです。カラダの変化ででた症状や安産に向けたお手伝いを全力でサポートします。

妊娠中のトラブルでお困りのママは、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

こんにちは。
大倉山 腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

インフルエンザが流行してますね。
特に妊婦さんは気を付けましょうね。

今回は妊婦さんのお悩みというお話。

こんな症状で困っていませんか?
・赤ちゃんが大きくなってくるにつれて、腰痛がひどくなってきた
・おしりにも痛みが広がっている
・背中がガチガチで座っているのもつらい
・股関節や恥骨が痛い
・むくみがひどい
・肩や首のこりがひどい

普段は健康体であっても妊婦中は腰痛、背中痛、首から肩のこり、股関節痛、コムラ返り、むくみ、悪阻など、とても辛い症状がたくさん出てきます。
そんなときには赤ちゃんとご自身のため、そして安産のためにぜひ、スタイル鍼灸整骨院でカラダの環境を整えて、楽しいマタニティライフを送って下さい。

当院では東洋医学をベースとした鍼灸治療で妊婦さんからも支持をいただいております。東洋医学で大切なことは陰陽のバランスです。赤ちゃんがお腹にいるということは、アンバランスな状態になりやすく、骨盤内や腰、背中、お尻の筋肉や周辺組織に熱を持ちやすくなっています。それが痛みとなって出てきます。西洋医学的には腰が反り返ったり、臨月近くなると骨盤が開いてきたりするので、それが原因だと考えられています。

当院ではカラダのバランスを調節していくことで、痛みや不調の症状を改善していきます。


施術回数は続けて5~6回ほど受けて頂くことで皆さん改善されています。
辛い痛みやこりを我慢せずに当院の施術を受けてみて下さい
まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

こんにちは。
肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの健康保険の取り扱いについてというお話。


当院は、妊婦さんの治療をしています。

こんな場合は健康保険を使って治療できます。

1ヵ月以内で痛めた理由がハッキリしているケガ

例えば

・赤ちゃんを抱っこした時に、肩(背中、腕、腰、肘、など)が痛くなった。
・3歳のお子さんを持った時に腰(背中、腕、肘、手首など)が痛くなった。
・授乳しようと抱きかかえたら、首(手首、腕、背中など)が痛めた。

・くずったので抱きかかえて歩いたら、股関節(太もも、膝、足首)が痛くなった。
  

健康保険取扱いのルール知らなこと多いですよね。

・早く治したい
・不調があちこちある
・産後のケアしたい
とご希望がある方は、当院のカラダまるごと改善する鍼灸治療がおすすめです。

カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。


ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

授乳で肩がこった

2015年01月13日
こんにちは。
大倉山新横浜 肩こり腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

風が余計に寒さを強く感じさせますよね。
この時期の夜の授乳は大変ですよね。妻が頑張って起きて授乳しているのに
何も手伝えず寝ていることが多くて、残念な夫でした。反省。

今回は授乳で肩がこったというお話


赤ちゃんに授乳していると、不自然な姿勢で背中や首が曲がった状態でいることが多くなりますよね。

はじめのうちは赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいになってしまって、自分のケアを怠りがちになってしまいますよね。やることたくさんありますし。

授乳中、肩こりになる方が多いです。

授乳中の肩こりチェック


1 授乳をするとき足を組んだり、スマホを見ながら授乳している

正しく座ることも骨盤の歪みを改善する方法。足がしっかりつく椅子に座るか足台を置くとカラダの負担は減ります。
またスマホを見ると下を向いていると首や肩がこる原因になりますので、ゆったりリラックスできるような姿勢で授乳をしてみてくださいね。腕の下に枕がおくだけで違いますよ。

2 おんぶや抱っこをする時の姿勢が良くない

抱っこひもを利用している場合、正しい位置で使用していますか? 骨盤の出ているところに合わせ、子どもとしっかり密着できるように取り付けます。赤ちゃんと密着できるのが望ましいですが、サイズが合わなかったり、痛いところがあるなど気になることがあるようなら、購入したお店や抱っこひもを取り扱っている店舗などで、店員さんに一度チェックしてもらうと良いと思います。

3 台所に立ったり、掃除機をかけているときの姿勢が良くない

ついつい背中が丸くなったりしまいがち。肩が内側に入っていたり、首が前に出ていたりする場合は腰痛や肩こりの原因となるので要注意。一度背伸びをしたり、首や肩をまわしたりすると筋肉も和らぐので、背筋を伸ばしてから行ってみると良いですよ。

同じ姿勢が続くのが、肩だけでなくカラダに悪影響なので、
少しでよいので肩を動かしましょう。

肩がこる場合、簡単解消法

肩甲骨をよせる運動

です。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。
治療後は、肩がこりにくい姿勢やママの生活に合わせた体操・カラダにやさしい抱っこのやり方のフォローも行います。なかなか治療の時間を作ることも難しいと思うので、おうちで出来るケアを教えますよ~。

前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。抱っこひもをつけながら寝かせて治療したこともあります。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。
新生児でもいつの時期でも、赤ちゃん連れオッケーです。私は、自分の子とめい・おいを合わせ
8人のお世話をしてきました。スタッフの栗原先生もおじさんデビューしています。

肩こりの改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をします。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

こんにちは。
大倉山 膝痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

栗原先生がおじさんデビューして、たまに昼寝の寝かしつけを頑張っています。

今回は妊婦さんの膝の痛みのお話。

妊婦さんは、おなかが大きくなるにつれて、腰や肩・膝に痛みがでてきやすいです。
薬に頼りたくない
注射に頼りたくない

そんな悩みの方が多数来院されています。

膝の痛みで、特に腫れや水がたまってる方で悩まれてる多いです。

当院は、もちろんお医者さんでないので注射は使いません。

注射を使わなくても、膝の水をひくことはできます。ただし、まれに炎症が強くて腫れのの具合によってお医者さんをすすめる場合があります。

先日も膝に水がたまった方が、膝に直接鍼を打たれるかと不安になって来院されました。
膝に注射のように、直接施術することはあまりしません。
手や足のツボを効果的に使うだけでも、腫れは引きます。
その方も、膝に打たれるとかまえてこられたので、不思議そうにしておられました。

鍼灸と聞くだけで、多くの方はあまりよいイメージないですもんね。
鍼が怖いが、治療を受けたい方のために刺さない、こする器具で治療も可能です。

妊婦さんの方で膝の痛みや膝に水がたまりお悩みの方は、
当院の鍼灸をお試しください。
お早目にお電話でください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今栗原先生がおじさんデビューで頑張っています。ちなみに、私は5人のおじさんで一番上は、成人式をやりました。

今回は妊娠中・産後の腰痛がつらいというお話。

当院には

・妊娠してからおしり回りからもものまわりが痛み
・もともと腰痛があり、以前よりひどくて困っている
・腰痛がひどくなると足やももにしびれがでる
・産後に赤ちゃんを抱っこしているとつらい
・授乳していると腰から足が痛だるくなる

こんなお悩みで来院されるママさんが多く来院されます。


妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きく姿勢も変化しカラダは疲れてしまし、肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。

姿勢変化は数か月間のマタニティ生活のクセとして残っていることが多く、
普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

疲れた状態を我慢しているとやがてカラダへの悪さが進行し、歩くだけで足に痛みやしびれがでる場合もあります。

家事をするのもつらくなり、生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとってもあまりいい状態とは言えません。ママがが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。

腰痛の改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

スタッフの栗原先生がおじさんになり、お手伝いに奮闘中。

今回は妊娠中・産後の肩こりがつらいというお話。

当院には

・妊娠してから肩や首のこりがひどくなった
・もともと肩こりや首の重くてで困っている
・肩こりがひどくなると頭痛や手のしびれがでる
・産後に赤ちゃんを抱っこしているとつらい
・授乳していると肩や首がとにかく痛だるくなる

こんなお悩みで来院されるママさんが多く来院されます。

妊娠中の肩コリをほっておくと頭痛やしびれにつながることもあるんです。

妊娠されて、週数が進むにつれてお腹が大きく前に出てきます。
特に、妊娠後半(28週以降)にはお腹の赤ちゃんが大きくなるペースがあがります。
そのお腹を支えるために大きく姿勢も変化しカラダは疲れてしまし、肩こり・背中のこり・首のこり・腰・股関節の痛みなどが不調がカラダのあちこちに強く出てきます。

姿勢変化は数か月間のマタニティ生活のクセとして残っていることが多く、
普段使い過ぎている筋肉と、あまり使っていない筋肉のバランスが悪くなってしまします。普段使い過ぎている筋肉は疲労して 固くなっています。その反面使われていない筋肉は弱く、動きにくい状態になってしまいます。

疲れた状態を我慢しているとやがてカラダへの悪さが進行し、「頭痛」「手のしびれ」になる場合もあります。
生活に支障が出るレベルの痛みとなることも。
カラダが疲れたり、がんばりすぎるとお腹の赤ちゃんにとってもあまりいい状態とは言えません。ママがが健康で、疲れなくいい状態にあるとリラックスしたカラダになり、お腹の赤ちゃんも同時にリラックスしてくれます。

当院は、妊婦さんの治療も産後のケアも手当てしています。前職でも、たくさんの妊娠中・産後のママさんを治療してきました。妻の妊娠中のトラブルや産後のケアも経験しています。

特に、ママと赤ちゃんが安全な状態で治療が受けられるように気をつけています。

肩こりの改善だけでなく、カラダ全体の調子がよくなる治療をしています。妊娠中・産後はカラダ全体にいろんな症状がでてしまう時期なので、ここもあっちもとお悩みのママさんはぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
お子さん連れ歓迎です。予約の時に伝えていただけるとありがたいです。

スタイル鍼灸整骨院
045-859-9959

こんにちは。
肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、妊婦さんの治療を断られた方を治療したというお話。

キッパリ。

当院は、妊婦さんの治療をしています。

妊婦さんは、赤ちゃんが大きくなるにつれて、腰や背中、首に痛みがきやすくなりますよね。体重制限が厳しいですし、なにかと不安になるのもわかります。私の妻も妊娠中、入院しました。そのときに、同じ部屋に入院された方の症状を聞くともう少し早く手当てしていれば、入院しなくてもよかったのではないかと思う方もいました。

他院で、妊娠中だから断られた方を前職でも治療していました。一人で悩まないで、カラダの不調があればなんでも教えてくださいませ!電話だけでもいいですよ~!

まずは、お電話ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959

こんにちは。
肩こり改善
大倉山スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

相当冷え込んできましたね。冷え込んでくると腰痛だけでなく、耳鳴り・めまい・頭痛の方が多く来院されますね。今週は多かったですね。

今回は、「つわりだけでなくあちこちつらい」というお話。


つわりの症状だけでなく、
頭痛、肩凝り、背中痛、胃の不快感、全身のだるさ、腰痛、とカラダのあちこちにつらい症状がでている方がいます。というようり、多いです。

なぜ、つわりの症状だけでなく、カラダのあちこちにつらい症状がでるのか?


それは、現代人は、男子も女子も、冷えてるからです。

冷たい飲み物が好きだし、薄着がおしゃれだし、クーラーなきゃやってけないし。

こんな環境だと冷えていても仕方ないのはわかりますが、ちょっと待って!
冷えを防ぐ方法や温める方法はたくさんあるんです。

冷やす環境から、温める環境を作るだけで、つわりの症状が楽になることもあります。

例えば、
お湯につからずにシャワーだけですましている。

シャワーだけだと、冷えに弱いですね。

もし・・あなたが冷え性でしたなら、妊娠時は、お湯につかることをおススメ。

カラダを冷やしやすい食生活もなおすとより効果がでます。
けっこう、みなさん冷やす食べ物好きですよ。

つわりに伴うさまざまな症状が出てつらい方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
腰痛肩こり改善
大倉山駅
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、「つわりがつらい」というお話。

つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、詳し鍼の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


特に、ひどいつわりや長期間のつわりは、妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。

妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

当院の院長もつわりの治療経験があります。栗原先生も、不妊治療を多く治療している先生の院で今も月2回は研修に行ってますし、最近出産したお姉ちゃんの妊婦さん治療をしていたので、ご安心くださいませ。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。

子供たちに、サンタさんへクリスマスプレゼントの希望を紙に書いてもらいました。サンタさんも大変。
大倉山 腰痛最短改善の
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は、妊婦さんの施術はどんな感じ?のお話。

妊婦さんのママは体重が増加し、赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹を支えるようになると、様々な症状が出てくることがあります。

妊婦さんはお腹が突出してくるため反り腰となります。そのため、上半身と下半身のバランスが崩れ、姿勢のバランスもとりにくくなってきます。

下半身の症状としては、腰痛・股関節痛・恥骨通・坐骨神経痛・むくみ・足のしびれ、歩行困難など。

上半身の症状としては頭痛・肩こり・背部痛みなどが挙げられます。

これらの症状は「妊娠中は仕方がない」「産めば治る」などと軽視されがちです。

妊娠することで様々な症状が出てくるのに対し、妊婦や出産後の整体を断る整体院やマッサージ店は多く、マイナートラブルに困っている妊婦や産後のママはたくさんいるのが現状です。


当院には、妊娠中に痛みがあったのを我慢していたために、出産後も痛みも痛みで苦しんでいるという方が来院されます。

つらい痛みは早めに対処することが、母体にも赤ちゃんにもいいですよね

•お腹をさわられると怖い、ボキボキされるのが怖い。
•妊娠中って治療に行っても大丈夫?

当院は何とかこの痛みを楽にしたいというあなたの想いに答えます。

施術について

妊婦さんには、腹部への圧迫を避けるため、うつぶせ(下向き)での施術は一切行いません。全て横向きによる施術となります。

横向きの施術では、肩(首、肩、肩甲骨のまわりと上腕部)と腰(腰の筋肉、でん部や太もも、脚)を中心に、ゆっくり丁寧に施術していきます。

また、広いベッド施術いたしますので、ベッドから落ちる心配もございません。

安心して治療が受けられます。

妊婦さんで肩こり、腰痛、その他諸症状が気になる方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

「そろそろカラダがきついな」と感じているママさん、治療を受けたいけどおなかが心配という妊婦さんのママもどうぞ安心してご相談ください。

痛みのない元気な母胎は、元気な赤ちゃんのためでもあります。

*ただし、医師から胎盤の位置や切迫流産・早産などで安静を指示されている場合は、家での軽いマッサージ程度にしておきましょう

予約方法

お電話にてご予約を承っております。
【電話番号】045-859-9959

「はい、スタイル鍼灸整骨院です。」

と電話に出ますので

「予約を取りたいのですが」

とおっしゃって下さい。

○お名前
○ご希望の日時

をお申し付けください。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちわ。

先月産まれたばかりのいとこの赤ちゃんを抱っこしてみたい
妊婦さんの腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は、妊娠中の鍼灸のお話。

鍼灸は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中だけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のお母さん、
今後妊娠の可能性がある方にとって、安全で信頼性の高い治療とされています。

また、妊娠期はつわりに始まり腰痛、肩こり、逆子などマイナートラブルに悩む方が少なくありません。元気な逆子の赤ちゃんを何人もひっくり返してきました。ひっくり返したといっても、その環境を作っているママさんやひっくり返った赤ちゃんがえらいのであって、私はお手伝いしただけですが・・・。


妊婦さんの鍼灸はどんなことをするの?

まずは、妊婦さんの大きくなったお腹に負担がかからない安定した安全な姿勢で、ツボに鍼やお灸を施して行きます。

多い症状は

腰痛や肩こり、足のむくみ、こむら返り、冷え、つわりといった、妊婦さんのカラダにおこる様々なトラブルの解消のため、脈やおなか・首の固さ、冷えているツボを調べ、カラダ全体を調整します。

また、リラックスさせる(副交感神経)機能を高めるので、自律神経やホルモンバランスがよくなり、ストレスを軽減し、精神的にも肉体的にもリラックスできますよ。

妊婦さんが鍼灸に行ける時期は、いつからいつまで?

自然妊娠で母子ともに健全な状態で成長していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。妊娠糖尿病など何から白の体調不具合がある妊婦さんは、お医者さんの許可を受けた上で、安定期から施術を開始してくださいね。いつまでという時期は特になく、出産直前まで通ったという妊婦さんもいますよ。

できれば、妊娠前から治療をうけるのがおすすめです。

前職では、妊婦さんへの施術経験はあります。

「整骨院なのに、妊婦さんの治療できるんだあ」

と言われていました。


鍼灸を受けて、リラックしたマタニティライフをすごしませんか?

妊娠中の鍼灸は、カラダのトラブルを和らげるだけでなく、体質改善にも効果があり、安全性の高い治療の一つです。上手にママ自身の生活に鍼灸を取り入れていきながら、おなかの赤ちゃんのためにも心身ともに健康でリラックスしたマタニティライフを過ごしてくださいね。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
横浜市港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院

院長 佐々木です。



妊婦さんは腰痛や股関節回りを痛めるが多いです。

前職でもたくさんの妊婦さんを診てきました。
妻が妊婦さんの時に、よく治療していました。

短期間でカラダがドンドン重くなるので当たり前ですよね。




ひどい方ですと「しびれ」があるかた「坐骨神経痛」の方もいます。

歩くように、病院の先生から指導されて、歩かなくてはいけないのに

歩けない・・・・。




これはとてもつらいですな。

妊婦さんだと施術をうけられないと思っている方がいますが、問題ありません。

妊婦さんが治療を受けやすいベットにしてあります。


妊婦さんも施術が可能です!




座った状態・横向き・仰向けなどいろいろな状態でも施術はできますので、問題ありませんよ~。。

なかなか外出できない方もいますので、自宅のケアもあなたのカラダのスタイル合わせてお話ししますので、ご安心を


当院は妊婦さんや産後の女性のケアもサポートしております。
気軽にご相談くださいね~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金