本日 145 人 - 昨日 152 人 - 累計 116718 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

春のイライラ

こんにちは。
大倉山 鍼灸治療が得意
腰痛肩こり改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は春のイライラのお話。

東洋医学には陰陽五行説と考えがあります。
どのような考えかというと、簡単に言えば、

東洋医学の生みの親

自然界の物を5つの要素
(木火土金水)
に分け、それらの関係を「陰」と「陽」の2つに分ける考え方です。

(簡単に言いすぎているので、詳しくは栗原博士まで)

五行説で春に関係する五臓は「肝」です。
「肝」は、現代医学でいう肝臓よりも広い概念です。

東洋医学で言うところの五臓六腑の「肝」の臓は、
現代医学でいう肝臓と同様の働き
(血液を貯蔵する、解毒など代謝に関わる、胆汁の分泌)に加え、
「気」「血」のめぐりや目、筋の機能、情緒にも深い関わりを持つとされています。
思考力や判断力、計画性などで生命活動を円滑にする働きをもっています。

肝の機能が低下すると、イライラしたり、怒りっぽくなったりすることがあります。
先日、普段は温厚な方が、仕事で無茶ぶりばかりされ、
「もう、いい加減にして!自分の仕事は人に振らないで!」
とブチ切れたそうです。春のせいですね。

東洋医学で、春の気象の特徴であるのが、

「風(ふう)」です。

 ・高く舞い上がる
 ・吹いたり止んだり、変化が速い
 ・あちこちと移動する
などが特徴的だとされています。

この「風(ふう)」はカラダにどんなの影響があるのか?

・のぼせ
・ふらつき
・頭痛
・目のかゆみ
・血圧の不安定
・感情が不安定になりやすい
・自律神経のバランスが乱れやすい
こともあります。

「陽」がどんどん強くなる時期なので、
「陽」が強くなりすぎて「陰」が不足する、
という状態になりやすいのも特徴です。
具体的には「気」「血」「水」のうちの、
「血」と「水」が不足しやすくなります。


春の過ごし方
東洋医学の古典「素問」という古典書に書いてありますが、難しすぎるので

一言にまとめれば、

「早寝早起きをして、のびのびとした気持ちで、適度に活動する、
ということ」
ワンフレーズで言えば
「ゆっくりしよう」

(簡単に言いすぎているので、詳しくは栗原博士まで)


です。

よく薬膳とか漢方のレシピ本に紹介されている食べ物は

「気」「血」のめぐりをよくする食べ物
かんきつ類(とくに皮)、こしょう、ミント、紫蘇、えんどう豆、
さやえんどう、春菊、玉ねぎ、大根、ニラ、ねぎ、
らっきょう、しょうが、にんにく、ジャスミン茶など

「血」や「水」を補う食べ物
小麦、黒豆、松の実、ゴマ、やまいも、はちみつ、牛乳、豆乳、
白きくらげ、黒きくらげ、ゆり根にんじん、ほうれん草、
なつめ、ぶどう(干しぶどうもOK)、うなぎ、かき、すずき、
たちうお、牛肉、鶏肉、豚肉、レバー、卵など

「肝」を養う食べ物
小松菜、ピーマン、春菊、セロリ、セリ、食用菊、金針菜、
シジミ、あわび、うなぎ、すずき、にじます、レバー、牛スジなど


当院では、「肝」の機能を高めたり、整える鍼灸をしています。
ストレスや自律神経に効果的なツボありますよ~。

不思議がいっぱいの東洋医学の考えとデーター重視理論の西洋医学をブレンドさせた鍼灸治療をしています。

そして、総合的に考えて、
カラダまるごと改善するピッタリなツボを選びます。

治療した日の夜はよく寝れて、翌日カラダがスッキリされる感想を頂いてます。

もんでも、押しても、繰り返すお悩みの方はぜひ当院の鍼灸をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
内臓の炎症とツボ (09月09日)
大倉山新横浜 内臓の炎症とツボ (07月19日)
大倉山 胃のむかつき (05月25日)
大倉山 骨折が早くよくなる鍼灸 (03月30日)
大倉山新横浜 鍼灸の効果は何?? (03月14日)
卵巣は腎のツボと深い関係がある (02月18日)
寒くなると古傷が痛い (11月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):