本日 20 人 - 昨日 223 人 - 累計 171810 人
  • 記事検索

RSS

大倉山新横浜 背中を痛めた甘いものを好きな方

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、背中を痛める人には甘党が多いのお話。

甘党の方には耳の痛いお話になりますが、甘いものは、カラダを痛めやすい、回復を遅れさせる、疲れやすくなるなどいいことありません。

特に、背中を痛めた方は

生クリーム入りの甘い洋菓子はおすすめできません。
まだ大福などの小豆系は許せますが、痛みがあるときは控えたほうがいいですね。

どうしても食べたい方には、ドライフルーツにしてもらっています。

なぜ、生クリーム入りの甘い洋菓子がダメか!

もともと、甘くておいしいと感じてるのは、脳ミソだけで、首から下の内臓は甘いものを必要としていません。超ざっくり説明すると
消化や吸収されにくく、内臓の負担が大きいからです。

甘いものを食べないだけで、筋肉の回復があがります。
今背中を痛めている方でお困りの方は、まず甘いものを食べないことです。

もっと甘いものいけないんだろうと疑問に思う方には、栗原先生がわかりやすく厳しく(笑)教えてくれますよー!

甘いものを食べないようにしても、痛みのある方は
ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山綱島 背中が痛くなる理由 (06月12日)
大倉山綱島 ぎっくり背中にならないために (04月25日)
大倉山菊名 背中が痛い時の対応法 (04月04日)
大倉山新横浜 内臓の病気を疑う背中の痛み (03月01日)
背中が痛くなる理由 (09月13日)
背中の痛みと内臓の関係 (08月25日)
背中の痛みは甘いものが原因 (07月18日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):