本日 93 人 - 昨日 149 人 - 累計 127189 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

目や頬がピクピクけいれんでお困りの方

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

成人式が近づくと数年前の大雪を思い出します。
あの日は横浜市内の山の上を運転してた時に大雪になり、坂道で大型トラックが前にも後にも行けなくて立ち往生。そんな中、エンジンブレーキを駆使して運転。地元の雪道を運転した経験が活かされました。、

今回は目や頬がピクピクしてのお悩みのお話。

・片側のまぶた周辺の筋肉がピクピク動く
・口もとがピクピク動く
・けいれんにより片目が開けられない
・目の下がピクピクする
・片側の顔が引きつる
・片側の顔が麻痺した

こんなお悩みでお困りの方は、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

顔面けいれんは、片側顔面けいれんともいいます。
顔の半分が勝手にピクピクと動いてしまう症状で、目の周囲から始まりだんだん口元へと広がります。

特に女性に多い症状です。

最初は疲れなどで、まぶたのピクピクする症状と目の症状・脳の症状と区別するのが難しいです。問診で専門機関に紹介する場合もあります。

症状が進むと、あごの下の筋肉もけいれんするようになります。

ピクピクの頻度は、最初のうちは緊張したときや疲労があるときなどだけです。
進むとけいれんしている時間が長くなっていきます。

直接の原因は脳の深部で顔面神経に血管が接触し神経が異常興奮することで起こります。高血圧や高脂血症などの症状をお持ちの方は、動脈硬化の進行した血管が顔面神経を圧迫し片側顔面けいれんを発症しやすいことがわかってきました。

疲労、精神的ストレス、睡眠不足などが誘因になるともいわれてます。

病院でのMRIなどの検査で異常がない場合、血管の接触がない場合、もしくは接触があっても良性で問題ない場合や血管があたっていても手術を希望しない方などが鍼の適応といえます。

また、原因が分からなく、ストレス性などと診断されたケースも鍼灸治療の対象となります。

こういうピクピクの症状の方を治療するとき、顔だけでなく、カラダ全体の調整をする必要があります。

顔に症状がでていても、首や肩に原因があったり、ストレスが原因だったりすろことが多いですね。

症状が進むと、人と対面することがストレスになって、引きこもりがちなったり、悪循環になることもあります。

おうちで出来る簡単ケア

・顔を温める
・ピクピクしている顔の耳の下を温める
・肩を温める

コツは、とにかくあっため作戦です。
ドライヤーでもホッカイロでも温めるツールならなんでもオッケーです。

それでも改善されない場合は、当院の鍼灸治療をお試しくださいませ。
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山綱島 顔面神経麻痺がおこる理由 (10月23日)
顔のけいれん (10月06日)
ラムズハント症候群 (09月19日)
顔のぴくぴくけいれん (09月12日)
大倉山 顔のぴくぴくけいれん (07月21日)
大倉山菊名 顔のけいれん (06月29日)
大倉山 顔と眼のけいれん (06月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):