本日 119 人 - 昨日 168 人 - 累計 154736 人
  • 記事検索

RSS

忘年会で気をつけたい腰痛

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は忘年会で気をつけたい腰痛のお話。

お酒を飲む機会が多く腰痛がのある方は要注意!
th_2015821mn-329
お酒が原因で腰痛のように感じていて
実は内臓を痛めていることがあります。

お酒で内臓を悪くすると言えば、
肝臓をイメージする方がほとんどですよね。。
アルコールを飲み過ぎることで、
内臓にはかなりの負担がかかることは言うまでもありません。

しかし、肝臓のほかに負担がかかる臓器があるんです。

お酒を飲んだ後、腰痛の他に
・背中
・肩回り
・腹部(みぞおち)

などに痛みを感じたら、

もしかしたら

膵臓(すいぞう)

が悪くなっているサインかも知れません。

特に、多量のお酒を飲んだ後に、
突然の激痛という場合には、

急性すい炎を引き起こしている可能性があります。

すい臓は、体内で脂肪・タンパク質・炭水化物等を「すい液」を分泌することで分解し、栄養の吸収を行っています。

ところが、大量のお酒を飲むことにより
すい液を分泌する膵管(すいかん)という管が腫れて、
すい液がすい臓の中に滞りやすくなり、

急性すい炎

となってしまうのです。

消化酵素のすい液がたまるので、
すい臓そのものが消化されてしまうような現象が起き、
激痛となって現れるのです。

急性すい炎の原因として最も多いのはアルコールです。

その次に多いのが胆石です。

アルコールによる腰痛の原因「すい炎」は慢性も怖いです。

急性すい炎には激痛が伴いますが、
慢性のすい炎の場合は鈍痛であることが多く、
ひんぱんに腰や背中の痛みに襲われるようになります。

慢性のすい炎は、急性のような激痛とはならないため、
知らない間にジワジワとカラダを蝕むこともある怖い病気なのです。

さらに、すい臓は血糖値の調整も行っていますので、機能が衰えると、「糖尿病」を発症させてしまうリスクもありますので注意が必要です。

すい炎の発症は、女性よりも男性の方が多く、
特に30~40代くらいの働き盛りの人は要注意と言えるでしょう。

通常、腰痛と言えば、整形外科などを想像すると思いますが、
すい炎から来る腰痛の場合は「
内科」や「消化器内科」で診断してもらいましょう。

普段できる予防としては、
自分はお酒に強いからと過信せず、ほどほどに飲むこと。

また、すい臓に負担をかけないためには、
油ものをとりすぎないようにするなど、
食生活に気をつけることも重要です。
胃酸の大量分泌を防ぐために、香辛料も控えましょう。


すい臓以外にも内臓疾患による腰痛

腎臓や肝臓、胃などの内臓疾患が原因で、腰痛が起こることがあります。

重篤な疾患だけではなく、胃炎などでも発症します。

近年、食生活の欧米化などにより、腎臓や肝臓、胃への負担は大きくなっているといわれています。

内臓が弱っているところに飲酒をすると、内臓への負担がさらに大きくなることから、腰痛が起こりやすくなると考えられます。

12月のなると忘年会などで冷たいビールで乾杯することが多くなる時期。

忘年会で長時間座りっぱなしで、ぎっくり腰にならないために

忘年会で腰を痛めないコツ
th_2015821mn-361
1 会場に着く前に、温かいものを飲む
2 乾杯後は、お湯割りなど温かいものを注文する
3 ホッカイロを腰につける
4 同じ姿勢を長時間続けないようにする
5 帰ったら、お風呂に長くつかる



飲み方、食べ方を工夫してカラダと相談しながら楽しんでくださいね。


当院の鍼灸では、すい臓や肝臓の負担を楽にする施術を行います。
二日酔い、胃のむかつき、居酒屋さんの長時間座りっぱなしからくる腰痛
など忘年会シーズンの困りごとで来院される方も多いです。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山綱島 腰を痛めたら? (05月14日)
大倉山菊名 腰を草むしりで痛めた (05月03日)
大倉山 椎間板ヘルニアと言われたら (04月29日)
産後の坐骨神経痛の原因は? (04月24日)
大倉山菊名 引っ越しで腰を痛めた (04月02日)
大倉山 ヘルニアと言われた (03月03日)
大倉山菊名 腰痛とお酒 (01月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):