本日 85 人 - 昨日 188 人 - 累計 159697 人
  • 記事検索

RSS

コレステロール

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回はコレステロールのお話し。

現代では何かと悪者扱いをされてしまっているコレステロール。
肝臓や小腸、食事で摂った中性脂肪などからつくられます。

では
コレステロールのはたらきって何??
11.10atsumeki134
からみていきましょう。


・細胞膜の形成
 →細胞ひとつひとつを覆っている膜を作っています。
細胞はこの膜があるのでエネルギーを生み出すことが出来ます。

・ステロイドホルモンの原料になる
 →副腎皮質ホルモンやエストロゲン、
黄体ホルモンなどはコレステロールを原料として作られます。

・脳からの情報を正確にカラダに伝達する
 →他の細胞に誤作動を起こさないように
絶縁体のような役割をしています。


ざっと挙げてみましたが、この他にも

いろいろな役割を担っているコレステロール。

カラダにとって大切な栄養素の一つですよね。


コレステロールにもたくさんの種類があります。
大きく分けると

・善玉(HDL)コレステロール
・悪玉(LDL)コレステロール

健康診断やテレビなどでもよく耳にすると思いますが、
一体なにが違うのか。

実ははたらきは違えど、原料は一緒でそんなに変わりはないんです。

ではそれぞれどんなはたらきをしているのか。
th_2015821mn-361

・悪玉(LDL)コレステロール

主に肝臓から全身にコレステロールを運びます。

また脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、Kなど)も全身に運びます。
運ばれた先によって細胞膜に使われたり、ホルモンの原料になったりします。
そのため、HDL(善玉)よりもコレステロールの含有量は多いです。

こうしてみると「悪玉」といわれるのは可哀想な気もしますよね。。


続いて
・善玉(HDL)コレステロール
LDLが全身に運んで余ったコレステロールを回収します。
そのため、HDLはコレステロールよりもタンパク質の比重が
高いのが特徴で、余ったコレステロールと
くっつきやすい構造になっています。

また、小腸から作られたHDLの方がより
コレステロールを回収してくれるとのことです。

言い方を変えれば、
腸内環境が良いとより優秀なHDLをつくれるということです。

結果的に動脈硬化や血管の損傷を防ぐはたらきなので「善玉」なのでしょう。


では、コレステロールの値が高いという意味は??


コレステロールと関係のある疾患といえば

・動脈硬化
・脂質異常症(高脂血症)
・高血圧

などがあり、ゆくゆくは心筋梗塞や脳梗塞に繋がる疾患のほとんどです。

正常値でもこれらの疾患になってしまう方もいれば、値が高くてもならない方もいるようです。

ということは
コレステロールの値だけではあまり参考にならない、と言えます。

大部分は、体内でつくられるコレステロールがほとんどで、
食べ物の脂質からはあまりコレステロールはつくられないようです。

また、体内での生成、外部からの生成のバランスを保って、常に一定量で作られています。

つまり、

食事でコレステロール値は変化しない、

ということです。

変化するのはその割合。

例えば
普段は体内での生成が8、外部からの生成が2の人がいるとします。
この方がコレステロールを多く摂取すると、量は変わりませんが
体内での生成が6、外部からの生成が4
という割合になるということです。

ここで良くないのは外部からの生成が多くなること。

実はこれらが動脈硬化や脂質異常症の原因になります。


ちょっと長くなってきたので今回はここまでにします。


11.10atsumeki015

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山菊名 GW前に交通事故の備え (04月27日)
関節を鳴らすのは良い?悪い? (04月26日)
大倉山新横浜 産後の頭痛の対応法 (04月16日)
春は肝臓の季節 (04月10日)
枕が合わない原因は?? (04月07日)
大倉山新横浜 花粉対策 (03月30日)
1 (03月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):