本日 124 人 - 昨日 188 人 - 累計 159736 人
  • 記事検索

RSS

ブルーライトが目に及ぼす影響とは?

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回はブルーライトが目に及ぼす影響とは?のお話し。

スマホやパソコン、テレビや電気などの光(ブルーライト)を目の当たりにする時間は多いですよね。
このブルーライトが目に様々な影響を及ぼしている、というのもよく耳にします。
MAX88_suwaipu20141025133450_TP_V
まずはブルーライトとは?

ブルーライトは人間の目で見える光(可視光線)のひとつです。

他にも赤、緑が可視光線ですが、ブルーライト(青)はその中でも他の可視光線に比べ目に届く光が強く、モノのコントラストをはっきり映し出す効果があるようです。

そのため、目には刺激が強く、視力低下やドライアイなどの症状の一因にもなっているようです。

ドライアイとは涙が減って、眼の表面が乾いて、いろいろな症状を起こしてくる状態をいいます。

ドライアイの場合、ブルーライトだけでなく、画面を見ている時にはまばたきの回数が減っていることも原因になっています。

また、ブルーライトは目だけでなく全身に影響を及ぼしています。
(詳しくはPCスマホの見すぎでホルモンが乱れている!?


画面の光から身を守るにはとにかく目を休めること。

また寝る2時間前には画面の光を見ないようにした方が良いようです。

とても単純なことですが、とても効果があり、大事なことです。

SAYA160312200I9A3531_TP_V
しかし、仕事で見なくてはいけない、連絡をしなくてはいけないなどでなかなかできない方も多いと思います。


そこでおススメなのは

蒸しタオルで目をあたためること

です。

やり方は簡単。

1 タオルを水に濡らしておしぼりのような形にします。

2 次に電子レンジで600wの40秒ほど温めます。


500Wで1分くらいでもいいと思います。好みよって調整しましょう。

3 3~10分程目の周りを温めます。
途中タオルが冷めてしまうので何本か用意するか、その都度電子レンジで温めるようにします。


最近ではブルーライトカットのメガネやカットフィルムなどもありますが、

医学的に効果が実証されているわけではないようです。
(効果があるという方、そうでもないという方がいるようです。ちなみに僕はブルーライトカットのメガネを愛用しています)


また当院の鍼灸でもよく目の施術は使っています。

目というよりホルモンを出している脳下垂体の回復を図るような鍼灸です。

あるツボにとても反応が出るのですが、

ふだんからパソコンを使っている方はそのツボがとても硬く、
中には冷たくなっている方もいます。


まずは蒸しタオルで目をケアすることを習慣にしましょう。

それでもキツイときは当院にご相談ください。

目は見るためだけでなく、光を感知してホルモンバランスを行う
器官としてとても重要な役割をしています。

とても大事な感覚器なのでケアしながら目を守ってあげましょう。
11.10atsumeki122
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山菊名 GW前に交通事故の備え (04月27日)
関節を鳴らすのは良い?悪い? (04月26日)
大倉山新横浜 産後の頭痛の対応法 (04月16日)
春は肝臓の季節 (04月10日)
枕が合わない原因は?? (04月07日)
大倉山新横浜 花粉対策 (03月30日)
1 (03月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):