本日 124 人 - 昨日 188 人 - 累計 159736 人
  • 記事検索

RSS

冷え性の原因は

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛改善
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は冷え性の原因はのお話。

冷え体質の原因

さまざまありますが、鍼灸の視点からいうと

 瘀血(おけつ)
です。

瘀血(おけつ)って何?
11.10atsumeki134
血の流れが滞っている状態。
簡単に言えば、

血の流れの渋滞です。

「血」はサラサラで、カラダのすみずみまで巡っている状態が理想的です。

何らかの原因でそのネバネバ、ドロドロになり、流れが悪くなるとカラダに栄養を届けることができなくなり、各臓器の働きも弱くなります。

この状態のことを【瘀血(おけつ)】と言います。

瘀血は万病のもととも言われています。

<一般的な症状>

・顔色のくすみ
・唇の色が暗い
・しみ、そばかす
・目の下のくま
・おできなどしこりができやすい
・慢性的な肩こり、頭痛、関節痛
・生理痛がひどく、レバーの様な血塊が出る


<原因>

・過労
・冷えと寒さ
・運動不足、不規則な生活、偏食
・ストレス
・血・気の不足、巡りが悪い など


「血」の巡りが悪くなると、カラダのあちこちで痛みが起こったり、
しこり、肌が黒ずんできたりします。
th_2015821mn-222
瘀血の状態が進行していくと、血管の老化が進みます。
生活習慣病を引き起こしたり、子宮内膜症や
子宮筋腫などの婦人科系のトラブルに
発展することもあるので、気をつけましょう。

「血」は「気」の力によって本来スムーズに流れますが、
気虚(ききょ)や気滞(きたい)の状態であれば
「気」のエネルギーが充分にパワーを発揮できず血の巡りも悪くなります。

また、瘀血から胃腸の働きに充分なエネルギーが運ばれず、
消化吸収能力が弱り「血」の生成に悪影響を及ぼします。

瘀血→胃腸の働きの低下→気血不足→瘀血

という悪循環に陥ってしまわないように、
瘀血対策もしっかりしていきましょう。
血は冷えると固まる性質を持っていますので、
カラダを冷やさないことも重要です。

当院では、この【瘀血(おけつ)】を行っています。

カラダの数カ所を押すだけで、【瘀血(おけつ)】体質かわかります。
そして、【瘀血(おけつ)】を手や足のツボを使い改善させていきます。


腰痛や肩こり、頭痛などいろんな症状で、【瘀血(おけつ)】治療をしています。
th_2015821mn-335
もんだり、押したり、ボキボキしても、すぐに症状が繰り返す方は、特にこの治療が必要です。
冷え性でお困りの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。
帰り道、足やカラダがポカポカになりますよ~。
横浜市港北区大倉山のスタイル鍼灸整骨院は
西洋医学では原因不明で治療法がない、
薬に頼りたくないという方に東洋医学から治療を行う鍼灸院です。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
冷え性を悪化させているのは食べ物? (06月11日)
大倉山綱島 冷え性の原因は瘀血(おけつ) (04月19日)
大倉山新横浜 冷えのぼせ (03月24日)
大倉山綱島 冷え性と食べ物の関係 (12月29日)
冷え性の原因は (12月19日)
大倉山 冷え性と腰痛 (07月06日)
冷え性の原因は瘀血(おけつ) (03月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):