本日 34 人 - 昨日 182 人 - 累計 115903 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大倉山菊名 つわりと背中が痛みの関係

こんにちは。
大倉山 婦人科対応院
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はつわりと背中が痛みの関係のお話。

「つわりの症状を改善できる場所がある。
これだけでも気持ちがかなり違うし、楽になる。」

とある妊婦さんがお話されていました。

画像

つわりがよくなった患者さんの声です。
画像

つわりは胃の症状が多いですが、胃の裏は背中になるので背中も痛めることがあります。甘いものを食べ過ぎても背中を痛めます。

妊娠中は制限が多くストレスがたまり大変ですが、つわりが重なるとますますストレスがたまりますよね。

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすればつわりがよくなります。


つわりの症状として多いのは

・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ

・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐

・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常


が多いですね。食べられるものが制限されてしまうのもつらいです。
画像
さらに

胃痛や吐き気がひどいと、無意識のうちにお腹をかばうような、
前かがみの姿勢になりがちで、背中や肩も張り

カラダ中に緊張状態がでます。

つわりと背中を痛める方もいます。
お腹に胃があると思いますが、背中に胃の反応がでることがあります。
胃の症状が背中に悪影響を与えるからです。
つわりの鍼灸をする場合、背中の反応点も注意して施術します。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適なのです!




現在複数人の妊婦さんのつわりの治療をしてよくなっています。
中には、調子が良すぎて食べ過ぎて・・・つわりに逆もどりの方も・・。
久しぶりに、食べられる気持ちになることはいいのですが、
食べ物は選びましょう。

つわりの症状の方に多いのは、
・カラダ、特に足が冷えている
・甘いものが好き
・パンや小麦類を食べる
・サラダばかり食べている
・むくんでいる
などです。個人差はありますが、あなたも当てはまることがあるのでは?

最近は過ごしやすくなりましたが、冷えにはご注意しましょう。

温かいものを食べ、冷蔵庫の飲料水ではなく、なるべく常温で飲みましょう。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

画像
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
つわりの悩み (09月10日)
妊娠中の腰痛とおしりの鈍痛 (09月05日)
つわりが楽になった (08月20日)
妊婦さんの治療が出来る治療院 (08月10日)
妊娠中の腰痛とおしりの鈍痛 (08月04日)
大倉山菊名 つわりと背中が痛みの関係 (08月02日)
大倉山綱島 妊娠中の膝の痛み (07月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):