本日 30 人 - 昨日 147 人 - 累計 127856 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

梅雨のだるさ

こんにちは。
横浜市港北区大倉山 頭痛めまいケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は梅雨のだるさのお話。

最近は梅雨らしいお天気で、疲れがなかなかとれず
「だるい」
と感じている方も多いのでは?

この梅雨の時期のだるさや眠気を感じながら
頑張り過ぎると、頭痛やめまいの症状が出やすくなります。

どうして梅雨の時期は不調になりやすいか?

大きく分けると3つの原因が考えられます。

画像
①低気圧

梅雨の時期は、低気圧で覆われます。
低気圧とは、大気中の酸素の量が少なる状態。
反対胃に高気圧は酸素の量が多くなる状態です。

酸素の量が少なくなると、
血中の酸素の量が減り、
カラダはリラックス状態になります。

だから、眠くなるんです。

そして、リラックスが進んでいくと、
今度はカラダがだるくなって行きます。

梅雨の時期は、特に強い低気圧がやってくるので、
だるくなったりやる気が出なくなったりします。
画像
②湿度

梅雨の時期は、大気中の湿度が高い。

湿度が高いと、カラダの表面も湿気に覆われます。
すると、カラダから汗を出したくても出にくくなります。
この時期は、気温も上がるので余計に影響を受けます。

カラダの中で水分を出すことが出来ず、
本来は汗と一緒に排出される、
毒素や水分が体に閉じ込められます。

この「五臓六腑」は鍼灸医学の考え方で、
五臓の1つである「脾(ひ)」が梅雨時の
カラダのだるさや眠くなる理由に関係しています。

しかし脾は湿気に弱いため、雨の日の多湿が
体内に水分を停滞させてしまい、気血の流れが
悪くなり、体調不良を引き起こすのです。

このことが、カラダのあちこちに悪影響を与えます。

③日照時間

太陽の光を浴びることでメラトニンという、
カラダのバランスを整えるホルモンを作ります。

当然、梅雨の時期になると、
太陽の光に浴びる時間が減ります。

ホルモンが作られにくくなるので、
体調を崩しやすくなります。
女性は特に悪影響を感じやすいです。

梅雨のだるさと眠気の対策は?
画像
①カラダを動かす

雨の日でも家でできるのは、ストレッチ。
筋肉を動かすことで、血行や新陳代謝を良くしましょう。
足踏みや階段の上り下りでもオッケーです。

カラダから水分と一緒に毒素が排出されるのを促します。
無理のないように運動することで、だるさが解消され、スッキリするはずです。

②入浴する。

38度~40度くらいのお湯に半身浴で30分。
汗をたくさんかくことで、これもリフレッシュすることができますね。

時間がなければ、できるだけ湯船にしっかりつかりましょう。

③晴れたら外へ出る。

散歩程度でも良いので、
晴れた日には外へ出かけるようにしまよう。

太陽の光に当たることで気分をリセットしましょう。
太陽を浴びると体内時計を整えることができて、睡眠の質もよくなります。
赤ちゃんが夜泣きするなどの場合でも昼間に太陽を浴びることをおすすめしています。

④好きなことをして、ストレスを解消。

音楽を聞く、本を読む、映画を見る、花や木など自然に触れる。

友達と話したり、特にストレスのない女子会をすることは女子には大切。
ゆっくり出来る時間を作ってみましょう。
画像
新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
寒くなると自律神経が乱れる (11月21日)
大倉山新横浜 台風がくると調子が悪い (10月17日)
季節の変わり目の不調 (09月21日)
大倉山菊名 耳鳴りの原因は自律神経の関係している (07月23日)
大倉山菊名 自律神経の鍼灸 (07月17日)
真夏への備え (07月13日)
大倉山 スマホの見すぎでホルモンが乱れている!? (07月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):