本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

大倉山 卵巣と腎のツボ

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は卵巣と腎のツボのお話し。


東洋医学で「腎」とは、広く
生殖や成長・発育、ホルモンの分泌、免疫系などの機能を併せ持つ

”生命の源“

と考えられています。

この中には卵巣の機能も含まれていて、

生殖器としての機能、そしてホルモンを分泌する機能の2つです。

(ちなみに子宮は東洋医学では「肝」に属します。)

腎の主な働きは、
生命を維持するエネルギー源=「精」
(成長・生殖機能)を蓄えて

・体内の水分をコントロール(排尿機能)
・酸素を体内に深く吸い込む(納気機能)
・骨や歯、脳、髪などの生育、耳や尿道、肛門の機能維持


といった働きをしています。

このように、腎はカラダ全体の健康と深く関わっています。

そのため、

腎に蓄える精が不足して機能が衰えると、

・不妊症や精力の減退
・更年期障害
・骨粗鬆症
・排尿トラブル(尿漏れなど)
・脱毛
・聴力の低下


などの不調や老化現象が現れます。

また、腎が弱くなると他の臓器にも影響するため、
身体の免疫力や回復力が低下してしまうこともあります。

これを「相生関係」と言います。

五行 (木・火・土・金・水) の循環の仕方に

木は火を生じ,(火を生むには木の力が必要)

火は土を生じ,(土を生むには火の力が必要)

土は金を生じ,(金を生むには土の力が必要)

金は水を生じ,(水を生むには金の力が必要)

水は木を生じる(木を生むには水の力が必要)


というようにお互いに持ちつ持たれつの関係でいる、という考え方です。

「子宮は肝に属する」と紹介しましたが、

肝=木、腎=水なので、

水は木を生じる(木を生むには水の力が必要)

つまりは

「肝を生むには腎の力が必要」

なので、腎の機能を高めることは子宮の機能を上げることにも繋がります。

また、簡易的ではありますが、

腎の機能を調べる方法があります。


それは腎経の「然谷」というツボをさすって痛みがあるかどうかで分かります。

(詳しくは内臓の炎症をあらわすツボをご覧ください)

この方法だけでなく、脈やお腹の状態でも腎のはたらきやカラダの機能を診ることが出来ます。

「然谷」に痛みがあり、卵巣などの機能が心配…という方は一度当院にご相談下さい。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山 顔がのぼせる原因は? (06月13日)
大倉山新横浜 妊活に鍼灸 (06月10日)
大倉山綱島 更年期のお悩み (05月16日)
大倉山菊名 顔のぼせ (05月07日)
大倉山新横浜 不妊と鍼灸 (04月13日)
大倉山菊名 婦人科の症状は内転筋をほぐす (03月29日)
大倉山菊名 顔がのぼせる原因は? (03月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):