本日 44 人 - 昨日 173 人 - 累計 116086 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

足の裏の痛み

こんにちは。
大倉山 足の裏の痛み対応
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です

今回は足の裏の痛みのお話

足の裏の痛みでお悩みの方は意外に多いです。

足の裏の痛みといってもたくさんの症状の名前があります。

足底腱膜炎とは、足の裏、特にかかとの裏に痛みが生じる病気で立ったり歩いたりする時に痛みます。
足底腱膜はかかとから足の指の付け根までとなっていて、かかとの方に負担がかかりやすく足底腱膜が伸びた時に傷つきやすくなっています。

痛みの特徴として、
起床後や長時間座った後など足を使わない状態が長時間続いた後の歩き始めの1歩目に「ズキン」という痛みがあらわれて、歩くにしたがって痛みは徐々に落ち着いていくのが多くなっています。寝ている時や長時間座っている時は足底腱膜に負担がかかっていないので、少し固くなっている状態になります。それが歩き始めると急に負担がかかって痛みが出やすくなります。

足底腱膜炎の原因

・柔軟性の低下
・繰り返しの負荷
・歩き過ぎ
・立ち過ぎ
・スポーツでの使い過ぎ
・ふくらはぎの硬さ


年齢は中高年以上、特に50~60代の女性がなりやすいです。
外回りのなどの歩くことが多い職業の男性にも多くみられます。
傷が治らないうちにまた傷をつけてしまうなどの繰り返しの負荷をしてしまうと、慢性の炎症、痛みを起こしてしまいます。

ふくらはぎの硬さは椅子に座りひざを曲げた状態で足首を上に反らし、その状態のままひざを伸ばして足首が上に反らない方はふくらはぎが硬くなっているかもしれません。ふくらはぎが硬いと歩く時などにかかとが浮いてしまって足底腱膜に負担がかかってしまいます。

足底腱膜炎をよくするには

痛みをよくするには足への負担を減らし炎症を治すことが大切です。
そのためにはまず足の使い方を変えることが大切になります。

踵に負担をかけない足の使い方やセルフケアを教えますよ~。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
足首を捻ってしまったら (09月03日)
足のむくみについて (08月12日)
大倉山 捻挫をしたら (07月26日)
大倉山新横浜 足の付けのが痛む (07月14日)
大倉山新横浜 足のむくみ (06月28日)
大倉山新横浜 足底筋膜炎について (06月19日)
足の裏の痛み (05月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):