本日 44 人 - 昨日 173 人 - 累計 116086 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大倉山新横浜 足首をひねったら

こんにちは。
大倉山 捻挫早期ケア
スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。

今回は足首をひねったらのお話

スポーツで足首を捻ってしまうことありますよね。
私は、サッカーをしていましたが、なぜか、体育のバレーボールで激しい捻挫をしました。
その時の対応が悪かったので、治りが非常に悪かったです。左の足首を捻挫したのですが、あとあと左膝も痛くなりました。
なので、早期の対応がすごく大切になります。

・捻挫の治りが悪い理由

捻挫と聞くと“軽い怪我”と考えがちで、処置が遅れたり放置してしまいがちです。
私がまさに放置して、悪化させました。なので、

同じ思いをあなたにしてほしくありません。

自己流の間違った処置をしてしまうことも少なくありません。

筋肉を伸ばしたという軽度のものから重要な靱帯の損傷が
みられる重度のものまであります。
どこの部分がどれだけ損傷しているかによって
治療の方法も変わってきますので、適切な処置・治療が必要となります。

港北区大倉山 スタイル鍼灸整骨院の治療方法は?

当院では捻挫した部分の状態(痛みの場所。
腫れ・熱感・発赤を見て、それに適した治療をします。

関節や靱帯を痛めているものに対しては、
炎症をとるためのアイシング、
関節を動かさないよう安静に保つために
症状に合ったテーピング固定を行います。

筋肉を痛めているものに対しては、
伸ばされた筋肉は傷つくのを防ぐために逆に強く縮むという特徴
伸張反射と言いますがあるので
筋肉は固くなり、筋肉本来の力を発揮できず
捻挫後の慢性化した痛みの原因にもなります。
そのため手技で固くなった筋肉をやわらかくする必要があります。

必要最低限の固定と安静に加えて
早期の適切な筋肉へのリハビリが捻挫をクセに
しないために一番大切なのです。

足首の捻挫はふくらはぎとすねの筋肉で治す!?

足首のねん挫はスポーツの現場において指の怪我(突き指など)に次いで多いとされる代表的なスポーツ外傷です。
その多くは足首を内側に捻り、外くるぶしの周りを傷めてしまうケガで、内反捻挫と言われます。
一般的な知識はどこでも紹介されていますので、ここでは捻挫をしても出来るだけ早くスポーツやお仕事に復帰するためのポイントを少し紹介します。

1 靭帯が伸びたから歩けないのではない。

捻挫をすると、足首が腫れてきます。そして足を地面に着くと痛くてとても普通には歩けませんよね。でもこれは本当に靭帯が伸びたから(あるいは切れたから)痛くて歩けないのでしょうか。結論を言いますと歩けなくなる原因は伸ばした靭帯以外にあります。

2 傷めたところと悪い所は違う。
 

通常、足首のねん挫では外側の靭帯を伸ばしてしまったり切ってしまったりしますので、そこに負担がかからないように足首を固定します。しかしその処置だけでは傷めた外側の靭帯を保護しただけで、本当に悪い所の治療にはならないのです。早く歩けるようになるには悪い所への治療が必要なのです。

3 治療すべきはふくらはぎやすねの筋肉にある

ねん挫で伸ばした靭帯を治すには固定や安静がある程度必要です。
しかし、早く復帰するには歩けなくなった原因である筋肉を積極的に治療する必要があるのです。
その筋肉はふくらはぎの奥の方にある筋肉です。
ねん挫をしたときには靭帯を傷めると同時に筋肉にトラブルを起こしているのです。
筋肉への視点が抜け落ちていると無駄に固定治療だけに時間を費やしてしまい復帰が遅れるのです。

当院では足首のねん挫に対して損傷した靭帯の回復を固定や鍼灸で図りながらも、一日でも早いスポーツやお仕事の現場復帰の為に治療を行っております。

特に捻挫に対して鍼灸を併用することで早期回復ができます。

ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
足首を捻ってしまったら (09月03日)
足のむくみについて (08月12日)
大倉山 捻挫をしたら (07月26日)
大倉山新横浜 足の付けのが痛む (07月14日)
大倉山新横浜 足のむくみ (06月28日)
大倉山新横浜 足底筋膜炎について (06月19日)
足の裏の痛み (05月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):