本日 22 人 - 昨日 146 人 - 累計 127701 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大倉山菊名 背中が痛い時の対応法

こんにちは。
大倉山 背中の痛みケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、背中が痛い時の対応法のお話。

最近の寒暖差で背中を痛めてロボットのように
動きの悪い方が増えます。

「荷物を持ったら、グギッときた」
「朝布団から起きようとしたら痛みで動けなくなった」
「洗顔しようと思い前かがみになったら痛みがでた」

など、日常の些細な動作でカラダが簡単に痛みを出します。


「朝起きたら、背中が痛い。ヤバいどうしよう。。。」

こんなとき
冷やすべき?温めるべき?
この判断迷いますよね。

結論から

・急に痛み出した場合は冷やす
・慢性的な痛みの場合は温める


の2つです。
冷やしてから温める場合でも、その逆の場合でも、
最初にとるべき方法は、この2つの方法のどちらかです!

「つらい部分は冷やしたらいいのか、温めたらいいのか」

という質問されることが多いです。


湿布にも、冷感湿布、温感湿布と2種類あり、
「どっち?」
迷うと思います。

急な痛みは冷やし、

慢性的な痛みは温める。

温める、冷やす、の2パターンの他に、

冷やしてから温める、

というパターンもあります。

迷ったら

急に痛み出した場合は、まず冷やす
冷やしても改善しない・痛みが強くなったら
反対に温める


ことをおススメします。

慢性的な痛みの場合は、まずは温めてみる
温めても改善しない・痛みが強くなったら、
反対に冷やしてみる

だいたいの場合、冷やす・温めるのどちらかするとカラダに変化がでます。

それでも痛みがよくならなかったり、繰り返す場合は、
身近な専門家に施術してもらうほうが治りは早いです。

身近な専門家がいない場合は、ぜひ当院の施術をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
背中が痛くなる理由 (09月13日)
背中の痛みと内臓の関係 (08月25日)
背中の痛みは甘いものが原因 (07月18日)
大倉山綱島 背中の痛みは甘いものが原因 (06月20日)
大倉山綱島 背中が痛くなる理由 (06月15日)
大倉山菊名 背中の痛みと内臓の関係 (05月09日)
大倉山綱島 ぎっくり背中にならないために (04月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):