本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

大倉山菊名 婦人科の症状は内転筋をほぐす

こんにちは。
大倉山 婦人科ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は婦人科の症状は内転筋をほぐすのお話。

生理痛・生理不順・更年期の症状・妊活・冷え性などを改善するために、

・太ももの内転筋を動かすようにするといい
・太ももの内転筋を柔らかくするといい

と言われています。

内転筋群の筋肉を付けて温まりやすい状態にすると、
骨盤内や足の血流もよくなり、ホルモンバランスの乱れが
改善して子宮の働きが活発になります。

助産師さんが、
「昔は旦那にうちももを踏ませた。」
とお話しされていました。

下半身が血行不良を改善すると、
授かりやすくなったり、冷えや生理痛の症状も軽減されます。

ちなみに、太ももの内転筋群と言うのは、太ももの内側にある筋肉のことです。

「太ももの内側はやたら脂肪が付きやすい。」

なんて思うかもしれませんが、
普段効率良く内転筋群を動かすことができていなかったり、
内転筋群を使っていないだけかもしれません。

内転筋群は普段はそこまで意識的に使うことのない筋肉です。

ただ、意識して動かすようにすれば、十分鍛えることができる筋肉です。


内転筋群を効率的に動かすことができれば、きっと生理痛と同時に下半身の冷え、下半身太りなども改善するはずです。

女性特有の症状があり、内ももを触って硬いや痛いなどがある方は
薬に頼らなくても、自分のケアで改善する可能性ありますよ。

簡単な鍛え方

イスに座り、両手をグーにして、膝のやや上におき、挟むだけ。
ここで注意!
挟むときは、おしりの筋肉を使わないように、内ももに力がはいっていることを意識しましょう。
3秒間力を入れましょう。1日3回を目標にしましょう。


緩め方

・お風呂で内ももをマッサージしましょう。
・あぐらの姿勢で内ももをマッサージしましょう。

ただし、急に目一杯力を入れると痛めることがあるので、ゆっくりやりましょうね。

・それでも改善しない
・初めからプロにお願いしたい
・鍼灸をまだ受けたことがない
・鍼灸の効果がよく感じられなかった
・鍼灸に興味があるけど痛そう・・・


そのような方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山 顔がのぼせる原因は? (06月13日)
大倉山新横浜 妊活に鍼灸 (06月10日)
大倉山綱島 更年期のお悩み (05月16日)
大倉山菊名 顔のぼせ (05月07日)
大倉山新横浜 不妊と鍼灸 (04月13日)
大倉山菊名 婦人科の症状は内転筋をほぐす (03月29日)
大倉山菊名 顔がのぼせる原因は? (03月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):