本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

大倉山新横浜 バーナー症候群

こんにちは。
大倉山 バーナー症候群ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はバーナー症候群のお話し。

アメフト、ラグビー、レスリングなどの相手と激しく接触する
コンタクトスポーツで多いケガがあります。

バーナー症候群
と呼ばれるケガです。

コンタクトスポーツで相手と接触した際に、
首が強く横方向に曲げられる、
伸ばされたりしたとき、
首、肩~手に向かって電気が走る、焼け付くような痛み、
しびれと脱力を訴えます。

これは、バーナーに焼かれるような症状であることからバーナー症候群とも言われています。

首が反らされたとき、反らされた側の神経に症状が出る場合と、
その反対側に症状が出る場合とがあります。

たとえば、首が右後側方に反らされ、右側の肩や腕に症状が
現れることがあります。

この場合には、右側の神経根が、周囲の骨と
衝突して起こると考えられます。
また、首が同じように右後側方に反らされているのに、
左側に症状が現れる場合には、
神経根が引っ張られることで症状が現れていると考えられます。

バーナー症候群は神経根が刺激されて起こりますが、
神経根が明らかな傷はできていません。
そのため、一時的な症状しか現れないのです。

肘の内側を机の角などにぶつけると、
前腕から手の内側がしびれることがありますよね。
これと同じようなものなのです。

しびれ、感覚の異常、筋力の低下などの症状が現れます。
ただし、これらは一時的なもので、数分から1時間以内で回復します。

損傷を受けた神経の支配領域に、麻痺が起こり、
感覚や運動の異常が生じます。
どこに異常が生じているかによって、
何番目の頚部神経根が損傷を受けたのかを
推測することができます。

一時的な症状に終わり、そのまま回復するようであれば、

バーナー症候群と判断します。

この場合、診断のために特に検査を追加する必要はありません。

翌日以降も、痛み、脱力、感覚の低下、しびれなどの症状が残る場合、
あるいは、首を後側方に反らせると肩や腕にしびれやひびく痛みがある場合には、バーナー症候群ではない可能性が考えられます。

このような場合、頚部の椎間板ヘルニアなどの診断のために神経の症状や画像をきちんと検査する必要があります。

レスリングを学生のころからされていて
バーナー症候群によくなってしまう患者さんの声を頂きました。

メッセージをありがとうございました。

IMG_0003

Q どんな症状がお困りで来院されましたか?

首の痛み

Q 体調が回復して一番良かったこと、嬉しかったことはありましたか?

レスリングが出来た


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

治療だけでなくトレーニングの方法や自宅でのケア等わかりやすく教えてくれるので助かっています。
 
 
  田口遼平 男性 20代 

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山新横浜 バーナー症候群 (06月17日)
大倉山新横浜 寝違えと内臓は関係がある (05月27日)
首のコリと肝臓の関係性 (04月15日)
大倉山新横浜 寝違えと内臓の関係 (03月17日)
バーナー症候群 (03月15日)
大倉山新羽 寝違いは、冷やすのか?温めるのか? (02月28日)
大倉山 ストレートネック (02月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):