本日 30 人 - 昨日 147 人 - 累計 127856 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大倉山新横浜 冬の肩コリ対策

こんにちは。
大倉山 肩こりケア

スタイル鍼灸整骨院 佐々木です。

2017年2月11日(土)は9時~16時まで診療しています。

今回は冬の肩コリ対策のお話。

寒暖差のつらい季節が続いていますね。

冬に多い肩コリの理由は?

重いコート!?が原因

重いコートを着ていると、肩に重さがかかってしまい、筋肉を緊張させてしまう。
肩のサイズが合わないコートも、重さの分散ができずに筋肉に負荷をかけてしまう。

女性は上半身だけ厚着で下半身がスカートというファッション。
オシャレなのですが、女性にムッとされてしまうことはわかっていますが、
カラダの血行のバランスが悪く自律神経が乱れてしまう。
結果として筋肉がうまく働かない。
タイツなどの重ね着は身体を締め付けてしまうので、血流を悪くして筋肉を縮めてしまいます。

首元が開いている服装は寒さを感じやすく、自律神経を乱し肩こりの原因になる。
寒ければ厚着をして温かくすれば良いと言うご意見もわかりますが、、重さやバランスを考えないと肩コリになる原因になってしまいます。

寒くなると肩コリがひどくなる理由は、寒さによる「筋肉」「血管」の収縮や負荷が原因です。

では肩コリのない快適な冬を過ごすには、どうするの?

簡単です。
肩に負担のかからない服装を考えよう!
といっても寒さなんかよりオシャレですよね、女性は。。。

冬場の肩コリの原因はその寒さですが、単に温かい服装をすれば良いということではありません。寒くなるとカラダにピッタリな下着を重ね着する人がいますが、これは血流を悪くする原因になり、カラダを冷やしてしまいます。

冬こそを締め付けない、ゆったりとした服装がオススメなのです。
重ね着は服の重量を重くして、肩への負担を大きくしてしまうので、重ね着よりも温かく軽い素材の服を選びましょう。

ジャケットやコートなどの上着は、肩のサイズの合ったものを選び、肩ズレしないように注意して下さい。普段の服装が肩コリに直結していることはよくありますので、服装を選ぶ時には、バランスを重視するようにしましょう。

厚着よりカイロの方が効果的

軽い服装がしたいのだけど、どうしても寒いと言う方には「使い捨てカイロ」がオススメ。背中の首下辺りに一枚貼るだけで、カラダ全体が温まるのを実感できます。首下には血液が集まるポイントがあり、そこをカイロで温めることで、血液が温まり身体全体に広がるのです。また、僧帽筋を温めることになることから、肩コリの解消にも効果出てきます。

・服装はアンバランスに注意する

冬になると上半身は毛皮のコート、下半身はスカート、足元はブーツなどのファッションを見かけます。このような服装はアンバランスであり、交感神経が麻痺してしまう原因です。また女性を敵にまわしますが。。。

上半身が温かいので、脳は身体全体が温まっていると判断していますが、実際には下半身は無防備のままです。このような状態では無防備で寒さが身体に入り込むことになり、末梢神経の損傷に繋がるのです。カラダ全体が温かくなるような服装を心掛けましょう。

・内臓を冷やさないようにする

内臓の冷えは「万病の素」とも呼ばれる症状で、血流だけでなく姿勢にも影響が出てきます。内臓が弱く冷え性を持っている人には「猫背」が多いと言われており、その要因として内臓の冷えが上げられています。猫背は肩コリの原因であり、冬になると寒さから自然に猫背になる人もいます。

冬場に内臓を冷やさないようにするには、冷たい食品を食べることを控えて、温かいものを食べるようにしましょう。特に飲み物は、ホットコーヒーや温かいお茶などを飲むようにして下さい。

・運動で筋肉を柔らかくする

筋肉を柔らかく保つためには、筋肉を動かすことが必須です。そのためには冬場でも運動を定期的に行い、筋肉が収縮したままにならないようにしましょう。運動と言っても過度の運動は必要なく、風呂上りのストレッチや寝る前の柔軟体操でも効果はあります。

・お風呂はゆっくりとカラダの中心まで温める

最近ぎっくり腰になられた方のの中には、入浴をシャワーで済ます人が多いそうです。実は冬場に肩こりを悪化させる人には、シャワー派の人が多いことが知られています。シャワーは入り方にもよりますが、カラダ全体を温める効果は薄く、表面だけを温めます。

・睡眠時は首、肩を温めよう

前日はそうでもなかったのに、朝起きたら肩コリがひどくなっていることがあります。これは寝ている間に首や肩が冷えたり、寒さで首をすくめたりすることによる筋肉の緊張が原因と考えられます。

寝る前に首にタオルを一枚巻くことがオススメです。最近では首、肩を温める「肩当て」や「ネックウォーマー」などを利用するのも良いでしょう。

肩コリは何もしないで放置していると、少しずつ蓄積して悪化してしまいます。そうなると頭痛、吐き気、胃痛など様々な症状が出てしまい、日常生活にも支障が起きてしまいます。
冬の肩コリは寒さによるもので、明確な原因が判明しているのです。原因が判明している以上、積極的に解消を目指さない理由はないですよね。

肩コリに悩んでいる方はぜひお試しください。

毎年花粉症でお悩みの方はぜひ鍼灸をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
パソコンが原因の肩こり (11月13日)
肩こりと内臓下垂 (10月31日)
肩こりと扁桃腺のつながり (08月16日)
肩こりの原因 (08月07日)
首や肩こりの原因は!? (07月11日)
大倉山新横浜 内臓下垂による肩こり (06月23日)
大倉山新横浜 肩こりの原因は扁桃腺!? (06月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):