本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

足は冷えているけど顔がのぼせる

こんにちは。
港北区大倉山 冷え症ケア
スタイル鍼灸整骨院 佐々木です。

2017年2月11日(土)は祝日ですが、9時~16時まで診療しています。




今回は足は冷えているけど顔がのぼせるのお話し

「顔は熱いけど、足が冷えている」

というお悩みの方は多いです。

上半身に熱がこもりやすくなり、下半身が冷えてしまう状態

これを

冷えのぼせ

と呼びます


通常の冷え気味の方は手足を始め、様々な一部に冷えを感じます。

冷えのぼせの場合は

下半身を中心に冷えが気になり、上半身には熱が
こもったような感じになります。

上半身が熱く、下半身が冷えている状態の体は、
上半身と下半身に極度な温度差が発生した状態が続いています。

上半身が熱くて下半身のみが、冷たくなるこの温度差は、
カラダにとってはあまりよい状態とはいえません。

冷えのぼせになってしまうと

頭痛が頻繁に生じる・頭がボーッとするなどの
カラダの不調を引き起こしやすくなります。

これは、「冷えのぼせ」によって
上半身のみ血行(熱)がよくなる事によって、
脳を圧迫しまうことが原因といわれています。


冷えのぼせになりやすい3つの原因

・おしりの筋肉が硬い
長時間座っている事が多い方や運動不足・加齢によって筋力が
低下している方は、おしりの筋肉が硬くなってしまいます。

通常、血行の流れはスムーズに隅々まで行き渡りますが、
おしりの筋肉が固まってしまうと、
おしりのすぐ下に存在する坐骨神経(ざこつしんけい)を
圧迫しやすいといわれています。

坐骨神経を圧迫してしまうと、血行が下半身に
うまく流れにくくなくなってしまい、
下半身冷えへと繋がってしまいます。

・股関節のゆがみ
姿勢が悪い・いつも右か左に重心をかけて立ってしまう方は、
全体的に歪みやすくなってしまうといわれています。

骨盤には、上半身と下半身をつなぐ大切な役割があります。

歪みやすくなってしまうと、下半身の血行は
更に圧迫されやすくなります。

血行が圧迫されやすくなってしまうと、
血行が上半身から下半身へとスムーズに流れにくくなり、
下半身自体の熱を作る事ができにくくなってしまいます。

・ストレスなどによるの乱れ
自律神経などストレスや日常生活の影響を受けやすい為に、
ストレスなどの影響によってはバランスを
崩しやすくなってしまうことがあります。

私たちのカラダは日頃、自律神経の働きにより、
一定の体温を保ちながら、血行の流れをコントロールしています。

この自律神経が何らかの影響を受けて、
バランスを崩しやすくなってしまうと、
血行の流れをコントロールする事が出来にきくなり、
冷えへと繋がってしまいます。


冷えのぼせ対策は?

冷えのぼせの対策には、

・カラダを冷やさない事
は大前提です。

・おしりの筋肉をほぐす
・日常でもカラダを動かす

運動不足だと感じている方は、いつもより多く歩く
階段を使う
を心がけて行動しましょう。

・内臓を温める
1 温かいものを飲みお腹を冷やさない
2 シャワーで腰とおなかを1分温める習慣をつける
3 ホッカイロでお腹とおしりの仙骨を温める
4 五本指の靴下をはく
5 甘いものやパンなど小麦系を控える 



冷えのぼせを改善するには、

下半身の血行をよくすることが

大きなポイントです

当院の患者さんで

「夜靴下をはかなくても眠れるようになった」
「外にいても足の冷えを感じなくなった」

などの声をいただいています。

本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
冷え性を悪化させているのは食べ物? (06月11日)
大倉山綱島 冷え性の原因は瘀血(おけつ) (04月19日)
大倉山新横浜 冷えのぼせ (03月24日)
大倉山綱島 冷え性と食べ物の関係 (12月29日)
冷え性の原因は (12月19日)
大倉山 冷え性と腰痛 (07月06日)
冷え性の原因は瘀血(おけつ) (03月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):