本日 124 人 - 昨日 188 人 - 累計 159736 人
  • 記事検索

RSS

大倉山菊名 肩が痛くなったら

こんにちは。
大倉山 肩の痛みケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

2017年2月11日(土)は祝日ですが、9時~16時まで診療しています。


今回は肩が痛くなったらのお話し。

着替えをしていて、
重い荷物を持って、
お子さんを抱っこしていて、
などなど…

肩を痛めてしまう原因は人それぞれでたくさんありますが、

共通している大事なことは2つ

・姿勢を良くする。
・痛みがあるときでも、動かせる範囲で肩を動かす


この2つです。


肩が動いている時ってカラダのいろいろなところが連携して動いています。

中でも横の腹筋(腹斜筋)が収縮してしまうと、
肩の動きを制限させてしまいます。

この腹斜筋を収縮させてしまう原因は、
肩や背中が丸まるような日々の姿勢にあります。

まずは姿勢を正して肩を動かしやすい姿勢を保つこと。

おススメは座っているときに手のひらを上にすることです。

こうすると胸の筋肉が開いて、背中が丸くなるのを防いでくれます。


そして、動かせる範囲の中で肩を動かすこと。

この時重要なのは肩甲骨。

動かすといっても、腕は動かさず、肩甲骨だけを動かすことです。

肩が痛いときって腕は動くけど肩甲骨が動かず、
その間にある筋肉が強く引っ張られることで痛みが出てきます。

これを防ぐためにまずは

肩甲骨をしっかり動かすようにします。

腕の位置はそのままで、肩だけを上下にしたり

胸を開くように左右の肩甲骨を寄せるような動きが効果的です。


また姿勢を正したり、肩甲骨を動かすことは予防にもなるので、
お子さんを抱っこすることが多くなる方はぜひ試してみて下さい。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山新横浜 肩こりと鍼灸 (06月03日)
大倉山菊名 肩こりと内臓下垂 (05月09日)
大倉山菊名 肩こりの原因 (02月19日)
大倉山新横浜 内臓下垂による肩こり (02月07日)
大倉山新横浜 肩こりの原因は扁桃腺!? (01月26日)
パソコンが原因の肩こり (11月13日)
肩こりと内臓下垂 (10月31日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):