本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

関節を鳴らすのは良い?悪い?

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は関節を鳴らすのは良い?悪い?のお話し。

以前、患者さんに

「関節をポキポキ鳴らすのって良いの?」

という質問を受けました。

指の関節をポキポキ鳴らしたり、

首を横に倒したり、ぐるぐる回してボキッと鳴らしたり、

座ろうとするときに膝がパキッと鳴ったり。 などなど

カラダの中でポキポキと音が鳴るところは意外と多いものです。
そして、音が鳴るとなんとなくスッキリした感じもするようですが。。

結論から言うと、

関節を鳴らすのは良くない、

ということです。

ではなぜ良くないか?

そもそもなんで関節が鳴るのかを踏まえてご紹介します。


関節が鳴る原因として2つ考えられることがあります。


①関節内の気泡が弾ける

関節の中は「関節液」という潤滑油のようなものが入っています。

長時間、関節を動かさないでいると、関節液の中に気泡ができます。

この気泡がある状態で、関節を動かすと気泡が弾けて音が鳴るわけです。

この現象を「キャビテーション」といいます。

音が鳴るだけならカラダには弊害はありませんが、

この気泡が弾けた時に関節内には約1~2トン近くの負荷がかかっています。

当然、関節の中の軟骨や骨、靭帯や腱には大きなダメージを与えることになってしまいます。


②靭帯や腱が骨と擦れる音

長時間同じ姿勢でいると、筋肉や靭帯、腱などは硬く収縮します。

硬く収縮するとスムーズに伸び縮みが出来なくなり、動かしたときに骨と接触しやすくなります。

この時に張り詰めた腱や靭帯が擦れて音が鳴ってしまいます。

当然擦れているので、炎症を起こしたり、酷いと切れてしまったりすることもあるようです。


普段何気なくしていることもカラダには大きな影響を与えてしまいます。

ポキポキと音を鳴らすよりも、筋肉をストレッチする方がカラダにも優しく、効果があるようです。

どうしても関節を鳴らしてしまうという方、是非試してみて下さい。



新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
パス (07月23日)
大倉山菊名 GW前に交通事故の備え (04月27日)
関節を鳴らすのは良い?悪い? (04月26日)
大倉山新横浜 産後の頭痛の対応法 (04月16日)
春は肝臓の季節 (04月10日)
枕が合わない原因は?? (04月07日)
大倉山新横浜 花粉対策 (03月30日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):