本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

大倉山 簡単な頭痛の見分け方

こんにちは。
大倉山 頭痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。
12月22日㈭は通常診療しています。
年末は12月29日午前まで診療しています。年始は1月6日より通常診療しています

今回は簡単な頭痛の見分け方のお話し。

頭痛には大きく分けて

・緊張型頭痛
・片頭痛

の2つがあります。

緊張型頭痛は頭部の筋肉が緊張して痛みを発します。

片頭痛は頭の中の血管が拡張して周りの神経に触れることで痛みを発します。



両者の違いは
・筋肉が原因なのか
・血管を動かす自律神経に原因があるのか

ということです。

こう考えると対処法も分かりやすいとおもいます。

緊張型頭痛は筋肉をほぐせば良くなる。
片頭痛は血管を収縮させれば良くなる。

つまりは、対処法が真逆になるになるということ。

筋肉をほぐす方法と言えば、

・温める
・マッサージ
などの血管を拡張し、血液の流れを改善することです。

血管が拡張して起こる片頭痛に同じような処置をすると
更に拡張してしまうので、悪化します。

一方、片頭痛のように血管を収縮するには
・冷やす
・マッサージなどのように手を触れない
などのように、炎症を抑えるような処置をすると改善します。


しかし、いざ頭痛がするとどっちなのかわかる方は
よほどの頭痛キャリアがないと難しいのが事実です。


そこで

頭痛の簡単な見分け方


座った状態からお辞儀をします。
このときに
・頭痛の程度が変わらなければ、緊張型頭痛

・頭痛が増すようなら片頭痛


になります。

これは片頭痛の仕組みを利用した方法です。

痛みを発しているのは脳の膜で、
脳そのものが痛みを感じているわけではありません。

片頭痛の痛みの原因は、脳を包んでいる硬膜の血管が
拡張するからだと考えられています。

硬膜とは脳と脊髄を覆っている膜のこと。
硬膜には敏感な神経がたくさん通っています。

先ほどのように、座ってお辞儀をすると脊髄を曲げるため、
硬膜が引っ張られて痛みが強くなるからなんです。

緊張型頭痛は筋肉の収縮による痛みなので、
お辞儀をしても痛みが強くなることはないようです。

大まかな判別の仕方ではありますが、以前、
家族を治療したときに
(姉が頭痛持ちで、緊張型も片頭痛もよく発症していました)、
よく使っていて、良い判断材料になっていました。


緊張型にしても、片頭痛にしても原因は様々です。

ストレス、食生活、生活サイクル、免疫低下、
自律神経、糖分過多、歯の噛み合わせ などなど。

いずれの原因でも緊張型にも当てはまり、
片頭痛にも当てはまるというのがほとんどです。

薬には頼りたくない、
頭痛の回数を減らしたい

という方は一度当院にご相談ください。



新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山新横浜 頭痛を感じたら (05月01日)
大倉山新横浜 頭痛の場所とツボ (04月27日)
大倉山菊名 春の頭痛について (03月26日)
スマホを見過ぎると (03月20日)
大倉山新横浜 眼精疲労からくる頭痛 (03月10日)
大倉山新横浜 慢性的な頭痛 (03月06日)
妊娠中の頭痛 (01月09日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):