本日 140 人 - 昨日 152 人 - 累計 116713 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

大倉山 マッサージと鍼灸の違い

こんにちは。
大倉山 肩こり腰痛カラダまるごと改善
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。
12月22日㈭は通常診療しています。
年末は12月29日午前まで診療しています。年始は1月6日より通常診療しています


今回は「マッサージと鍼灸の違い」のお話。

個人的見解になってしまいますが、以前からマッサージをしていて感じていたことからその違いをご紹介します。


マッサージの場合(筋肉の付き方や体質、生活習慣が違うので一概に「同じ症状」とは言えませんが)、すぐに治る方と治るのに時間がかかる方の幅がとても大きいということです。

対して鍼灸の治療ではマッサージに比べるとその幅が割と小さいように思います。

「どーゆーこと??」という声が聞こえてきそうですが。。
おおまかに言うと

・マッサージは「治すきっかけ」をつくる。
・鍼灸は「治す力」をつくる、もしくは上げる。
というと分かりやすいでしょうか。。

同じ「治す」ことなんですが、
カラダのどこにアプローチするのかの違いということ。


そして、キーワードは「回復力」です。


まずはマッサージの効果。
痛みがあるところの古く機能しなくなった筋肉の繊維を切って、回復を促すことで症状を改善するのがマッサージの効果です。
「治すきっかけ」を作った上で、ご飯を食べたり、寝ることによってカラダが治っていきます。
マッサージを受けてすぐよくなって、その後も症状が出ない方もいますが、それはかなり回復力の高い方です。


では次に鍼灸の効果。
ヒトには「自然治癒力」という回復力が備わっています。
この「自然治癒力」を強くするのが鍼灸の効果です。
しかし、様々な要因で回復力は落ちてしまいます。例えば

・血液の循環不全
・糖代謝異常
・免疫低下
・内臓の機能低下
・カラダ(特に骨盤や内臓)の冷え
・自律神経の乱れ
・カラダの軸のずれ   などなど

カラダを回復する力が落ちていると、
症状の改善に時間がかかったり、
症状が戻りやすかったり、
治りにくくなったりします。

こうなるとカラダをまるごと治療することになりますよね。
こんなときは鍼灸で回復力を上げると効果的。

よくあるのは「病巣感染による関節痛」
(病巣感染についての記事です→お腹の扁桃腺の役割

このような症状の方にマッサージを施しても、免疫力が上がってこないと回復できないので、治るまで時間がかかってしまいます。

このケースでは筋肉よりも関節に入ったウイルス・細菌が痛みを誘発しているので、免疫力を上げるとその痛みも軽減されます。
免疫が下がっているのが、カラダの回復力低下を招いている、ということです。


マッサージも鍼灸もカラダを治すことは変わりはないのですが、カラダのどこにアプローチするのかが違うということです。


当院では症状・カラダの状態を診て最短で治る方法をおススメしています。
「鍼はちょっと苦手…」
という方にも手技による施術や「刺さない鍼」による施術もご用意していますので、是非一度ご相談ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
失敗しない治療院選びのコツ (07月28日)
大倉山 病院へ行っても 異常なしのお悩み (07月20日)
子供のケガ対応整骨院 (07月03日)
大倉山 鍼灸が初めての方 (06月26日)
鍼灸が初めての方 (05月22日)
来院される際のお願い (05月21日)
来院される際のお願い (04月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):