本日 177 人 - 昨日 213 人 - 累計 178510 人
  • 記事検索

RSS

寒くなると自律神経が乱れる

こんにちは。
大倉山 自律神経を整える
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

朝晩の冷え込みが厳しくなっているので、風邪に気を付けましょう。

今回は、寒くなると自律神経が乱れるのお話。

寒さによって自律神経は乱れます。
室内と室外の気温差、朝晩と昼間の気温差、温度の変化に自律神経は敏感です。



では、自律神経とはカラダにどんな働きをしているのでしょうか?

自律神経には、交感神経と副交感神経2つの神経があり、
シーソーのようにどちらかの神経が強く(優位)に働くと傾き、
またその逆に傾いたりしながらカラダのシステムの維持をしています。

カラダが活動状態になっていくと・・・シーソーが交感神経側に傾きます。

その時の反応は・・・

呼吸が速くなる、心臓の動きが速くなる、血管が収縮する、血圧が上がる、胃腸の働きを抑える、膀胱が広がる、子宮が収縮
など。

カラダがリラックス状態になっていくと・・・シーソーが副交感神経側に傾きます。
その時の反応は・・・

呼吸が遅くなる、心臓の動きが遅くなる、血管が広がる、血圧が下がる、胃腸の働きを活発にする、膀胱が収縮する、子宮が広がる
など。

リラックスしたいのに、シーソーが副交感神経側に傾いて(優位になって)くれない、シャキッとしたいのに、カラダが重だるい=天秤が交感神経側に傾いて(優位になって)くれない、
このようにバランスをうまく取れなくなることで、
様々な症状(不定愁訴)に悩まされるようになってしまいます。

自律神経は、たまに乱れてカラダのシステムを狂うことがあります。

システムが狂ってしまう状態が、自律神経失調症といわれるものです。

自律神経のバランスがうまく取れなくなる自律神経失調症は、
カラダにいろんな症状がでて、調子が悪くなります。

カラダの自然な反応を利用した鍼灸

鍼治療の最大の特徴は、カラダの内側に直接アプローチできるということです。
これは、マッサージや整体・カイロでは、絶対にできません。
逆に、鍼治療は怖いと敬遠されてしまう一番の理由でもあります。
しかし、そこにこそ鍼治療が自律神経のバランスを整える秘密があります。

当然ですが、鍼の施術ではカラダに針が入ります。カラダにとって鍼は異物です。
異物が入るとその異物を出そうと自律神経がシステムを作動させ、副交感神経が優位になり、免疫システムが働き出し、血流も良くなります。

副交感神経が優位になるとき、シーソーは上下に揺れますが、この揺れを続けることによって、ちょうど良いバランスの位置まで天秤が戻っていくのです。

当院では、交感神経が高ぶっているポイントに施術をしますので、より効果的に自律神経のバランスを整えることが出来ます。

お一人おひとりの症状に合った施術プランを組み立て、鍼灸でカラダを正常な状態に戻すお手伝いをいたします。

薬を使わない、副作用のない、カラダにやさしい鍼灸が当院の特徴です。

自律神経の乱れでお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸をお試しください。

悩むよりも専門家にお電話ください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
梅雨の頭痛とめまい (06月10日)
大倉山新横浜 息苦しさとめまい (06月04日)
大倉山 スマホが目に及ぼす影響とは? (05月23日)
大倉山菊名 めまい (05月08日)
大倉山菊名 帯状疱疹 (05月06日)
大倉山新横浜 季節の変わり目の不調 (04月05日)
大倉山新横浜 めまいがする (04月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):