本日 124 人 - 昨日 188 人 - 累計 159736 人
  • 記事検索

RSS

膝に水がたまったら

こんにちは。
大倉山 膝ケア
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は膝に水がたまったらのお話。

当院には膝に痛みがあり、水が溜まるという方もよく来院されます。

例えば
・注射で水を抜くと楽になる。
・水を抜くと楽になるが、またすぐに溜まる。
・水を抜いても痛みは変わらない。

水を抜くと楽になるというのは良いのですが、あとの二つは良い傾向とは言えませんよね。。

そもそもなぜ水が溜まるのか。

膝に限らず、関節(特に下半身)は摩擦の多い箇所です。

・骨と腱・靭帯。
・関節の骨と骨。
・関節の骨と関節を包んでいる膜(これを関節包と言います)。
・骨と関節の緩衝材(半月板など)

これらの箇所で摩擦が生じて熱が発生すると、関節にある細胞から水(滑液)が出ます。
この滑液が関節内に溜まることを「水が溜まる」と言います。

火事に例えると、
火事が炎症、消防車が滑液を出す細胞、

そして消防車から放出される水が滑液。

火事(関節の炎症)が起こり→消防車(滑液を出す細胞)に要請が出て→消防車が水(滑液)で消火する。


ここで分かることは
「水が溜まる」ことが悪いのではなく、

「摩擦」による炎症が痛みの正体
ということです。

摩擦を起こす要因は
・筋肉の硬化
・血液循環が良くない
・動かし方のクセ
・関節や腱を弱らせる要因(免疫低下、糖の過剰摂取など)

これらの要因を治していくと、摩擦も少なくなり、痛みも軽減します。

そして中でも多いのが

筋肉の硬化

そのため、普段からストレッチをして筋肉の柔軟性を保つと痛みの軽減だけでなく、予防にもなるのでおススメです。

水を抜くのが怖い…
水を抜いても良くならない…
水が溜まらないようにケアしたい

という方は一度当院にご相談下さい。


本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山綱島 膝に水がたまる理由は (04月23日)
大倉山 膝の外側が痛い (03月08日)
しゃがむと膝が痛い (02月26日)
膝に水がたまるわけ (02月09日)
大倉山新横浜 半月板でお悩みの方 (02月04日)
大倉山新横浜 膝を曲げると痛い (01月19日)
大倉山綱島 しゃがむと膝が痛い (12月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):