本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

カラダを冷やすと不調になる

こんにちは。
大倉山 冷え性ケア
大倉山駅近く スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はカラダを冷やすと不調になるのお話。

まだまだ残暑が厳しいですね。
冷たい飲み物が欲しくなりますが、
冷たい飲み物ばかり飲んでいると
知らないうちに不調になる可能性があります。
また
「お腹を出しているわけでもないし、冷えることはしていない」
と思っている方多いです。

よく患者さんの中で、自覚はなくても触診すると、
お腹が冷たい方がいます。

腸が冷たくなるといろいろな不調がカラダのあちこちにでやすくなる。

・腸が冷えると免疫力が落ちる
     すると
免疫力が落ちて病気になりやすいカラダになる

免疫力も低下するので風邪を引きやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなってしまいます。

・ちゃんとご飯を食べているのに残念ながら栄養素がうまく吸収されない

腸の中はだいたい体温より高めの40度ぐらいの温度を保っています。それは、消化酵素が40度ぐらいで活発に働くためです。

腸が冷えると消化酵素の働きが悪くなるので、せっかくご飯を食べても栄養素をしっかりと腸が吸収してくれなくなります。
栄養素が吸収されないと、内蔵の動きや筋肉の動きが悪くなるんです。

・血行が悪くなり悪玉菌増加で肌がボロボロ老いてくる

腸が冷えると体の内側から冷えてしまうので、血流が悪化します。それだけではなく血行の悪さで腸の動きが悪くなり、腸活をしても悪玉菌が増えてしまいます。

この悪玉菌から発生した有害物質が血流にのって全身にめぐると、血液が酸素を上手に運んでくれなくなり肌のターンオーバーにも影響を与えます。

あまり腸の冷えと肌荒れは関係ないように感じますが、腸が冷えるとカラダ全体が冷えてしまうので巡りが悪くなり肌トラブルという現象で出てきます。
代謝が落ちて太りやすい体になり、病気に繋がる

腸は冷えてくると、どんどん動きが鈍くなります。いわゆる代謝が落ちるというのが、この症状です。基礎代謝が落ちると、今までと同じ生活をしていても太りやすくなります。体重が増えると高血圧や糖尿病といった病気に繋がることもあります。

腸内を冷やすとカラダにいいことはありません。
逆に、腸内を温めてあげるとカラダにいいことばかりです。

冷え解消に効果のある食材の見分け方

カラダを温めるかどうかの食材を見分けるポイントが、いくつかあります。

1.北の寒い地域で採れるものや冬が旬の食材、
2.白いものより黒いもの、
3.葉野菜より根菜類、
4.柔らかものもより硬いもの
5.塩分の多いもの

等がカラダを温めます。

なので、柔らかくて白いパンはカラダを冷やします。
白砂糖はカラダを冷やすので、菓子パンは冷え性になるための食べ物と言ってもいいかもしれません。


スタイル鍼灸整骨院では、腸内の冷えはもちろん、骨盤、手や足などカラダの冷えをよくする鍼灸が得意としています。

冷え性でお困りの方はぜひ当院の鍼灸をお試しください。

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
冷え性を悪化させているのは食べ物? (06月11日)
大倉山綱島 冷え性の原因は瘀血(おけつ) (04月19日)
大倉山新横浜 冷えのぼせ (03月24日)
大倉山綱島 冷え性と食べ物の関係 (12月29日)
冷え性の原因は (12月19日)
大倉山 冷え性と腰痛 (07月06日)
冷え性の原因は瘀血(おけつ) (03月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):