本日 93 人 - 昨日 149 人 - 累計 127189 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ぎっくり腰の予防法

こんにちは。
大倉山 ぎっくり腰ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はぎっくり腰の予防法のお話。

今日は涼しくなりましたが、カラダが冷えていることに気が付いてない方がけっこう多いです。じめじめお天気ですが冷たいものをがぶがぶしていると
ぎっくり腰になりやすいです。

ぎっくり腰を予防する方法

1 おしりの骨の仙骨を温める。
腰に違和感を感じたら、
ドライヤー、シャワーを使い、おしり周りとお腹をしっかり温めましょう。

2 薄着をしない。
じめじめお天気でついつい薄着になりがちですが、特に寝るときは一枚タオルケットや夏ふとんなどかけましょう。首にタオルを首に巻いて寝るのもアリ。

3 温かいものを食べる、飲む。
冷たい飲み物にすっかり脳が慣れて欲しくなりますよね。
冷たいのがおいしく感じるかもしれませんが、
お腹はそろそろ温かいものを欲しがっていますよー!

4 物を持つときは腹筋に力を入れて持つ。
腹筋は筋肉のコルセットなので、物を持つ、抱っこする、下の物を拾うなどのときは
グッと腹筋に力をいれましょう!

生活に支障でたり、家族や職場の方に迷惑をかける前に、予防することが大切ですよ!!

もし、ぎっくり腰になってしまったら、当院の鍼灸をお試しください!
早く治るために全力サポートしますよー!

毎日が嬉しくなる新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


関連記事
ぎっくり腰はクセになる? (10月13日)
大倉山綱島 ぎっくり腰になる理由 (09月29日)
大倉山 ぎっくり腰の予防法 (07月06日)
大倉山新横浜 ぎっくり腰はクセになる? (06月09日)
大倉山綱島 ぎっくり腰にならない草むしりのやり方 (05月13日)
大倉山菊名 ギックリ腰 (05月06日)
大倉山新横浜 ぎっくり腰になる理由 (04月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):