本日 140 人 - 昨日 152 人 - 累計 116713 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

コレステロールとの付き合い方

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

横浜市は台風の影響で雨に風が強くなってきました。


今回はコレステロールとの付き合い方のお話し。


前回に引き続きコレステロールのお話し。

外部からの生成が多くなると同時に

・中性脂肪
・中性脂肪からコレステロールになるまでの代謝物質
・回収しきれなかったLDL

も増えてしまいます。

これらが糖化・酸化して血管壁にコブをつくります。
コブが出来ると血圧が上がり、血管の運動性は鈍くなり、
血流も悪くなります。


そしてもう一つ大事なのは

中性脂肪からコレステロールに代謝する酵素・ホルモンのはたらきです。

このはたらきが鈍くなると、コブを作る代謝物質が増えてしまいます。


酵素、ホルモンのはたらきが鈍くなる原因は


・脂質を多く摂取することが頻繁になり、
酵素とホルモンが疲弊して、機能しなくなる。
 状態としては糖尿病のインスリンに似ているかもしれません。

・酵素、ホルモンを出す膵臓への負担が多い。


などが考えられます。

では、

どうしたら動脈硬化などの疾病を予防できるのか。

・酵素やホルモンのはたらきを維持する
言い換えればカラダの糖化・酸化を防ぐということです。
糖分、動物性脂質・たんぱく質の摂り過ぎに注意しましょう。

・善玉コレステロールを増やすために、腸内環境を良くする
バランス良く食事をしたり、お腹を冷やさないようにしましょう。

・食物繊維を多く摂る
食物繊維は余分なコレステロールを胆汁酸と結合させて、便として排出させます。
また腸内では糖・脂質の吸収を抑制して高中性脂肪血症の改善にもなります。


・運動する
中性脂肪やその間の代謝物質は筋肉や脂肪組織に運ばれます。
脂質はエネルギー源としてとても優秀なので、運動すると多くのエネルギーを生み出して消費できます。


コレステロールと仲良く付き合いましょう。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
失敗しない治療院選びのコツ (07月28日)
大倉山 病院へ行っても 異常なしのお悩み (07月20日)
子供のケガ対応整骨院 (07月03日)
大倉山 鍼灸が初めての方 (06月26日)
鍼灸が初めての方 (05月22日)
来院される際のお願い (05月21日)
来院される際のお願い (04月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):