本日 180 人 - 昨日 195 人 - 累計 179155 人
  • 記事検索

RSS

暑くてもカラダは冷えている

こんにちは。
横浜市港北区大倉山 冷え性ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、暑くてもカラダは冷えているのお話。

最近は暑いのか、涼しいのかよくわからないお天気ですね。

この時期からはクーラー対策が必要になりますね。
お店によっては異常に冷えている場所もあるので注意が必要です。

気温が温かいとカラダが冷えていることに気が付きません。

腰痛で来院されて、足とお腹が冷えていることに気が付くことが多いです。

足やお腹が冷えてる方の多くは、腰痛や腰が重かったり、便秘や更年期の婦人科のお悩みがあったり、自律神経の不調をお持ちです。

足が冷えてる場合、ふくらはぎの問題もありますが、骨盤の中が冷えてることがあります。

おへその下のお腹や腰やおしりが冷えてる方は
骨盤内が冷えてるかもしれません。

骨盤内の血液がうまく巡っていないと足の血行も悪くなります。
足が冷えているから足を揉んでも、残念ながらまた冷え性を繰り返します。

冷え性と腰痛がある場合の解消方法

1 温かいものを飲みお腹を冷やさない
2 シャワーで腰とおなかを1分温める習慣をつける
3 ホッカイロでお腹とおしりの仙骨を温める
4 五本指の靴下をはく
5 甘いものやパンなど小麦系を控える 


骨盤内を温めると冷え性の改善と腰痛の改善とダブルの効果がありますのでおすすめです。

それでも冷え性と腰痛が改善しない場合は当院の鍼灸治療をお試しください。冷えてる骨盤をポカポカにしますよ~!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
冷え性を悪化させているのは食べ物? (06月11日)
大倉山綱島 冷え性の原因は瘀血(おけつ) (04月19日)
大倉山新横浜 冷えのぼせ (03月24日)
大倉山綱島 冷え性と食べ物の関係 (12月29日)
冷え性の原因は (12月19日)
大倉山 冷え性と腰痛 (07月06日)
冷え性の原因は瘀血(おけつ) (03月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):