本日 34 人 - 昨日 182 人 - 累計 115903 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

耳の閉塞感と腰痛のつながり

こんにちは。
大倉山 耳鼻科ケア
スタイル鍼灸整骨院 佐々木です。


今回は耳の閉塞感と腰痛のつながりのお話。

腰痛で来院されて、お話を聞くと、耳鳴りや耳の閉塞感もある。という方けっこう多いです。

耳と腰は鍼灸医学では同じグループに入ります。
腎という経絡のチームメイトが腰と耳です。

当院は腰痛のお悩みでも、カラダまるごと解決しますので、当然、耳の閉塞感にもアプローチします。

耳の閉塞感って何?

・耳がつまった感じ
・耳がふさがったような不快感
・何となく音が聞きづらい
・薄い膜を通して音を聞いているような聞こえにくさがある

といった訴えもよくあります。

こうした症状を「耳の閉塞感」といい、
耳鼻科領域ではその原因の多くは、中耳や内耳にあると考えられています。

最も多いのが中耳の障害ですが、その代表的なものが、風邪に伴う中耳の内圧の変化です。かぜをひいて鼻が詰まると、耳管が塞がれて、中耳に空気が送られなくなります。そのため、中耳の内圧が低下し、鼓膜が中耳の方に引っ張られて、音がこもって聞こえるようになるのです。この場合は、鼻づまりが治れば、耳閉塞感も自然によくなります。

そのほか、急性中耳炎の初期や滲出性中耳炎、耳管の病気などでも耳閉塞感が起こり、聞こえにくくなることがあります。

内耳の障害では、メニエール病などが耳閉塞感の原因になります。メニエール病の場合は、低音域の難聴と耳閉塞感が起こってきます。聴神経腫瘍の初期にも耳閉塞感が現れることがあります。

また、鼓膜に小さな孔が開いた場合にも、耳閉塞感が現れます。

耳閉塞感は、難聴と密接な関係がありますが、日常会話とは関係のない低音域だけが傷害されている場合は、耳閉塞感だけが自覚され、難聴はなかなか自覚されません。しかし、耳閉塞感がある場合は、難聴の可能性も疑ってかかることが必要になります。

鍼灸医学の耳に関係する経絡は?

耳と関係が深い臓腑が下記の肝・腎・脾になります。
耳の不調は3つの臓腑の働きのいずれかが乱れて起こると考えています。


耳と最も関係が深いのは肝だと考えています。中医学でいう肝は肝臓機能の働きだけではなく、自律神経の働きを調整して全身の血液循環をコントロールしています。血流や筋肉の働きも管理していますから更年期の問題や肩こり等も肝が関わってきます。目の使いすぎ、神経の使いすぎ、ストレス、寝不足、過労等は肝を消耗させる事になります。結果 として自律神経の働きが乱れ、脳や内耳の方へ十分血液が循環しなくなり、耳の症状を起こします。


「腎は耳に竅を開く」といわれ、耳は腎とも深く関係が有ります。東洋医学でいう腎は泌尿器だけでなく、内分泌(ホルモン)系、免疫系、生殖能力、骨や歯、耳、髪、腰、ノド等と関係しています。発育・成長・老化と関係していますので、年をとる毎に腎の機能は低下していきます。いわゆる「腎虚」と呼ばれる状態です。腎虚になると骨や歯は弱くなり、尿の出方、生殖能力も弱ってきます。そして耳の症状も起こりやすくなります。


水毒症状の代表としてめまいや難聴が起こる事が有ります。油っこい食べ物、甘い物の食べ過ぎ、冷たい物の飲み過ぎ等が消化器系の働きを弱め、胃内停水といって、胃の中で水がポチャポチャした状態になります。こういう状態を水毒といってカラダの中の水分代謝が悪くなります。例えば内耳の水ぶくれ等で耳の症状も起こりやすくなります。


耳に症状があってもオーダーメイドの施術が必要になる理由が上記の考えがあるからです。

当初耳鼻科にて検査投薬を受けましたが改善せず、放っておく方が多いです。耳の閉塞感に慣れて気にしないようにしているなどのお話を聞きますね。

当院では腰痛の症状をよくしつつ、耳の閉塞感もケアしていきます。
首の緊張やコリが柔らかくなるだけで、つまり感がよくなることもけっこうあります。

カラダはつながっているので、不調のある一部分だけを手当てしてもすぐに不調の症状が戻ってしまします。
 
なので、腰痛の症状であっても、カラダまるごと根本解決の施術を行います。
耳がつらいから耳に直接刺激しなくても、おなかや首を緩め、腰・背中に手当するだけで耳のケアをすることができます。

今まで、もんだり・押したり・ボキッとしたりしてもまた、繰り返す慢性化・長期化した症状でお困りの方、施術後の帰り道でスッキリ軽くなったカラダを実感できますよ~!

つらい症状でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ当院の鍼灸をお試しください!
鍼の刺激が苦手な方は、痛くしない刺さない器具で施術しますので、安心してくださいね。
ご不明な点は気軽にお問い合わせください。

毎日が嬉しくなる健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
t2‘ (09月19日)
t7 (09月13日)
t6 (08月21日)
コレステロール (08月17日)
ブルーライトが目に及ぼす影響とは? (08月15日)
口呼吸していませんか? (08月14日)
1 (08月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):