本日 85 人 - 昨日 188 人 - 累計 159697 人
  • 記事検索

RSS

雪道を歩くコツ

こんにちは。
大倉山 肩こりケア

スタイル鍼灸整骨院の佐々木です。


今朝は雪が積もり雪かきしました。

今回は雪道を歩くコツのお話。
地元は雪が多いので、転ぶことはほとんどありませんが、横浜で勤務しているころは、雪道で転んで、
・手首を打った
・手首を捻った
・腰をぶつけた
・胸を打った
など、打撲や骨折の多いことに驚きました。

雪道の歩く時のコツ!

1 歩幅を小さくする。
歩幅が大きいと足を高く上げるので、重心が大きく不安定になるので転倒しやすくなります。なので滑りやすいところでは、小さな歩幅で歩くと安定します。

細い道を歩くときは、自然と足が閉じ気味になりますが、20センチ前後は常に開けておくと良いと思います。

2 足の裏全体をつけて歩く
雪道を歩くときは、重心を前におき、できるだけ足の裏全体を地面につけて歩くと安定します。

つるつるした面になっている場合は

小さな歩幅で、足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方がいいと思います。
ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いているとつまづきやすくなるため、軽く足を浮かせてつまづきにくくすると転倒しにくくなります。

道路の表面に雪の残っている「すり足」では歩きづらい所では
足の裏全体を路面につけ、小さな歩幅でそろそろと歩くことをおすすめします。

3 急がず焦らずゆっくり歩く

急いでいる時はついつい普段の歩き方になりがちですから、雪が降ったら、時間や気持ち、歩く場所に余裕を持ちましょう。

スマホ歩きは普段もですが危険です。

雪道での危険地帯。

・つるつる路面
・路面が斜めになっているところ
・横断歩道(車や人の往来で踏み固められ、つるつるしている)
・地下鉄駅や地下道からの出口付近(踏み固められているうえに段差もある)
・車の出入りのある歩道(バスやタクシーの乗降場所、住宅や店舗の駐車場の入り口、ガソリンスタンドなどが危険)
・店の入り口(履いてきた靴の裏自体が氷のようにつるつるになっているため店のタイルなどで滑ります)
・日陰(視界が悪い、氷が融けずにつるつるになっている)

雪道を歩くときは、焦らずのんびり手をだして歩くことが大切です。

もし雪道を歩いて転んだ、ぶつけた、ひねったでケガをした時はご相談ください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
大倉山菊名 GW前に交通事故の備え (04月27日)
関節を鳴らすのは良い?悪い? (04月26日)
大倉山新横浜 産後の頭痛の対応法 (04月16日)
春は肝臓の季節 (04月10日)
枕が合わない原因は?? (04月07日)
大倉山新横浜 花粉対策 (03月30日)
1 (03月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):