本日 120 人 - 昨日 146 人 - 累計 127799 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

熱中症予防

こんにちは
大倉山 肩こり腰痛ケア
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は熱中症についてのお話。

まだまだ暑い日が続き、外出するときは注意が必要ですよね。

熱中症とは、カラダに熱が溜まり、それを放出できない状態です。
予防や熱中症になってしまったら、水分補給と塩分補給。それとリンパ(首回り、脇の下、足の付け根)を冷やして、涼しいところで休むことです。

ではなんで熱中症になってしまうのか。

その原因のほとんどは環境によるものです。
たとえば
炎天下での仕事・スポーツ、蒸し暑い室内での仕事、日差しの強い部屋での生活…。
でも、なかなか避けられるものではないですよね。。

もう一つの原因が体調不良によるものです。
寝不足、食欲不振、疲れやすい…などなど。
熱中症にならないようにするには、日々の体調を整えることが効果的です。

そして、夏の体調不良になる共通の原因は「夏冷えによる低体温」です。
低体温になると自律神経が乱れ、カラダの様々な機能が正常に働かなくなります。
その結果、寝不足、食欲不振、疲れやすいなどの症状が出てきます。

日中は体温も気温も上がっているので、冷たいものを摂ってもある程度は大丈夫です。
でも朝や夜には気温は高いですが、体温は下がっています。
このようなときに冷たいものを摂るとカラダは冷えてしまいます。
ここで冷たいものを摂ると低体温になりやすく、体調不良になるという悪循環になってしまいます。

大事なことは、朝晩はカラダの中は冷えないようにすることです。
冷たいものを摂った後でも冷えないように温かいものを摂るようにしてください。

カラダの中を冷やさず、体調を整えてこの夏を乗り切りましょう。

また、このような体調不良になってしまったら、当院にご相談下さい。
こういった症状でも鍼灸は良く効きます。
是非お試しください。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
本格的鍼灸 スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金


関連記事
内臓の炎症とツボ (09月09日)
大倉山新横浜 内臓の炎症とツボ (07月19日)
大倉山 胃のむかつき (05月25日)
大倉山 骨折が早くよくなる鍼灸 (03月30日)
大倉山新横浜 鍼灸の効果は何?? (03月14日)
卵巣は腎のツボと深い関係がある (02月18日)
寒くなると古傷が痛い (11月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):