本日 11 人 - 昨日 217 人 - 累計 165691 人
  • 記事検索

RSS
こんにちは。
大倉山 バーナー症候群ケア
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回はバーナー症候群のお話し。

アメフト、ラグビー、レスリングなどの相手と激しく接触する
コンタクトスポーツで多いケガがあります。

バーナー症候群
と呼ばれるケガです。

コンタクトスポーツで相手と接触した際に、
首が強く横方向に曲げられる、
伸ばされたりしたとき、
首、肩~手に向かって電気が走る、焼け付くような痛み、
しびれと脱力を訴えます。

これは、バーナーに焼かれるような症状であることからバーナー症候群とも言われています。

首が反らされたとき、反らされた側の神経に症状が出る場合と、
その反対側に症状が出る場合とがあります。

たとえば、首が右後側方に反らされ、右側の肩や腕に症状が
現れることがあります。

この場合には、右側の神経根が、周囲の骨と
衝突して起こると考えられます。
また、首が同じように右後側方に反らされているのに、
左側に症状が現れる場合には、
神経根が引っ張られることで症状が現れていると考えられます。

バーナー症候群は神経根が刺激されて起こりますが、
神経根が明らかな傷はできていません。
そのため、一時的な症状しか現れないのです。

肘の内側を机の角などにぶつけると、
前腕から手の内側がしびれることがありますよね。
これと同じようなものなのです。

しびれ、感覚の異常、筋力の低下などの症状が現れます。
ただし、これらは一時的なもので、数分から1時間以内で回復します。

損傷を受けた神経の支配領域に、麻痺が起こり、
感覚や運動の異常が生じます。
どこに異常が生じているかによって、
何番目の頚部神経根が損傷を受けたのかを
推測することができます。

一時的な症状に終わり、そのまま回復するようであれば、

バーナー症候群と判断します。

この場合、診断のために特に検査を追加する必要はありません。

翌日以降も、痛み、脱力、感覚の低下、しびれなどの症状が残る場合、
あるいは、首を後側方に反らせると肩や腕にしびれやひびく痛みがある場合には、バーナー症候群ではない可能性が考えられます。

このような場合、頚部の椎間板ヘルニアなどの診断のために神経の症状や画像をきちんと検査する必要があります。

レスリングを学生のころからされていて
バーナー症候群によくなってしまう患者さんの声を頂きました。

メッセージをありがとうございました。

IMG_0003

Q どんな症状がお困りで来院されましたか?

首の痛み

Q 体調が回復して一番良かったこと、嬉しかったことはありましたか?

レスリングが出来た


Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

治療だけでなくトレーニングの方法や自宅でのケア等わかりやすく教えてくれるので助かっています。
 
 
  田口遼平 男性 20代 

※「免責事項」上記は全て利用者様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

本当の原因を知りたい方はぜひ
当院の鍼灸治療をお試しください!

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

つわりの悩み

2018年06月16日
こんにちは。
大倉山 妊婦治療
スタイル鍼灸整骨院
佐々木です。

今回は、つわりの悩みというお話。

スタイル鍼灸整骨院では、現在

つわりでお悩みの妊婦さんを数名施術しています。

つわりは我慢しかない!

と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

生活習慣を変えるあげるだけで症状が楽になることもあります。


ひどいつわりや長期間のつわりは、
妊婦さんにかなりストレスがかかりまくりですが、
赤ちゃんにとっても負担が大きいかもしれません。


IMG
つわりの症状がよくなり、出産前に旅行やお出かけなど
夫婦の時間を楽しめるお手伝いができよかったです。



つわり症状といえば、


・ 胃のむかつき・不快感
・ 食欲不振
・ 空腹になると起こるムカムカ
・食べないと気持ち悪い…が、食べても気持ち悪い
・吐き気
・嘔吐
・ 唾液の質が変わる
・ 口の中が気持ち悪い・ネバネバする
・ 味覚異常

が多いですね。


西洋医学では、『妊娠嘔吐』と『妊娠悪阻』と分類します。

『妊娠嘔吐』・・一般的に、食欲不振・嘔吐などの通常のつわり症状をといいます。

『妊娠悪阻』・・あまりにもひどくなり著しい体重減少や脱水症状を起こし重症化した状態。
この場合病院にて点滴、時には入院などの医療処置を施されます。

「つわり」は、病気と診断されることもなく、残念ながら、我慢、我慢のように言われてしまいますね。

病的にひどく、点滴や入院などを要するほどの症状なのか、確かにつらいけどそこまではない。

そしてこの、「確かにつらいけどそこまでは重症ではない』と。
病気じゃないと言われても、でも、すごくきついですよね。妻の「つわり」を見て、かなりきつそうでした。そこで、婦人科が得意な女性の先生にアドバイスしていただき、「つわり」治療をしました。

「病気ではないけど、カラダがつらい、しんどい」

こういう症状こそ、鍼灸治療が最適!

当院は、単なる「つわり症状」としてではなく、
つわり症状の原因を体質・食生活やライフスタイル、
家系までさかのぼって、診断・鍼灸を行います。

つわりの体質・食生活やライフスタイル、家系や特徴を分析し、原因をしっかりとケアすれば
つわりを改善できます。

なので、つわりは軽減させることが可能な症状なのです。


妊婦さんがつらいと感じる症状を、我慢するのではなく、、
つわりの症状を楽にしていくことを試してみませんか?

つわりは我慢しなくてもよくなりますよ!!


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 股関節ケア
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木です。

今回は股関節の違和感のお話。

ランニングやウォーキングだけでなく
生活していると、

股関節回りの痛い。
股関節に違和感がでる
ということがあります。

股関節まわりのストレッチはコツがいります。

自己流のストレッチではなかなか伸ばすことは難しいです。


・股関節痛初期の特徴は??

立ち上がる時、歩き始めの1歩など、

動き初めに痛みを感じやすいのが特徴です。

これを、

「初動作痛」「始動痛」

ともいいます。

動き始めてしまうと痛みが薄らぐため、

「あれ。。気のせいかな?」

とスルーしがちですが、
だんだんに痛みを感じるタイミングが増え、
痛みが続くようになります。

痛みが股関節に限定されないのも、
股関節痛初期にはよくあります。


膝や太ももに鈍痛を感じ、腰痛もあるので、
坐骨神経痛と間違うことも少なくありません。
症状の進行とともに、股関節に痛みが集中してきます。

・股関節痛が疑われる症状は?

頭痛・肩こり・下肢のむくみと冷えなど、
股関節以外の不調と重なるケースがあります。

痛みの感じ方でいえば、

左右どちらかの足に体重をかけた時、

歩き始めや立ち上がり、

階段の上り下り


が強く痛みます。

股関節を動かすと

ポキポキ音が鳴ったり、

ゴリゴリと骨がずれるような鈍い音がする

異音も



股関節痛の初期症状です。

知らず知らずのうちに片足を引きずって歩く、
立ち姿勢が傾いているのも、股関節痛が原因かもしれません。

これらの初期症状に加え、
運動不足、筋肉の衰え、妊娠・出産、急激な体重の増加
といった股関節痛の原因に思い当たることがあれば、
専門機関の受診をお勧めします。

放置すると痛みで股関節をかばい、
余計に股関節の可動域が狭く、固まってしまいます。

近くに専門機関がなくお困りの方はぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

股関節回りの痛みの根本の原因に対して、しっかり手当てします。

帰り道にカラダが軽く、歩くことが楽になることがわかります!

IMG

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 鍼灸が得意
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。

今回は足底筋膜炎についてのお話し。

まずは一般的に足底筋膜炎になってしまうと
どんな症状が出るのかを見てみましょう。

1.初動作(動きはじめの一歩目)が痛い
2.歩行・走行時に足の裏やかかとが痛くなってくる
3.足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
4.立ちっぱなしでいると痛くなってくる
5.しびれてくる感じがする
6.足の裏や指の付け根に違和感がある
7.足の裏を押すと痛い



先日、バスケをしている高校生が
足底筋膜炎(左人差し指の下)の症状で来院されました。

練習がハードだったらしく、バスケの動きだけでなく、
つま先立ちや歩行でも痛みもあり、患部を押すと痛みがありました。

先ほどの項目に当てはまる症状がいくつかみられます。


足底筋膜炎の主な原因は
筋肉の硬化
です。


走ったり、ジャンプしたり、急にストップしたり…。

動きがハードだと足の筋肉にはかなりの疲労が蓄積され、
筋肉も硬化します。

足底筋膜炎は筋肉の硬化によって腱が引っ張られて、
骨を引きはがすような力がかかることにより痛みが出ます。


であれば、硬化した筋肉をほぐせば痛みは軽減するのですが、
また練習すると痛みがぶり返してしまいます。

つまりは、
ほぐしても痛めている筋肉は回復していない、
ということです。


足底筋膜炎になりやすい人の共通点であり、もう一つの原因は長時間の肉体疲労による免疫低下です。


まずは
低下した免疫力を上げること
が大事。


先ほどの高校生の患者さんも免疫の治療が主で、自宅ではゴルフボールを踏んでもらい、足裏の筋肉を緩めてもらうようにしました。

3回施術し、ハードに練習してもほとんど良くなったようです。


肉体的な疲労は筋肉の硬化を招くだけでなく、
カラダ全体の免疫力を低下させ、様々な症状が出るようになります。

足底だけ治療しても良くならない、という方は一度当院にご相談下さい。


新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959


トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

こんにちは。
大倉山 婦人科対応鍼灸院
スタイル鍼灸整骨院
栗原です。


今回は、顔がのぼせる原因は?のお話し。

顔が赤くなりやすい、顔から汗がよく出る、でも足は冷たい…。

当院に来られる患者さんにもとても多い症状のひとつです。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こるとされていますが、

なぜホルモンバランスが乱れると「のぼせる」のでしょうか??
th_2015821mn-24


それはお腹から足が冷えているため。


のぼせているから足が冷える、ではなくて

足が冷えているからのぼせる、

と考えてください。

11.10atsumeki245
本来カラダは重力があるために血液は下へ下へと下がろうとします。

「頭寒足熱」
という言葉がありますよね。

これは血液が下がったために起こるカラダのあるべき状態と言えます。


しかし、お腹から足が冷えている

・お腹の血液が渋滞する
・足へと血液が回らなくなる
・上半身に血液が溜まりやすくなる


という順に頭寒足熱とは逆の状態になってしまいます。

この状態を東洋医学では「心腎不交」といいます。


カラダは暑く感じますが、よくお腹を温めるようにしてください。

食べ物や飲み物、服装などもお腹を冷やさないようにしましょう。

すると

お腹の渋滞が解消し、足に血液が回り、上半身の血液が下がっていきます。

また、のぼせだけでなく、頭痛や耳鳴り、めまい、首や肩こり、動悸なども「心腎不交」による症状の可能性があります。


まずはお腹を温める!!
そこから試してみましょう。

それでも改善しにくいときは当院にご相談ください。

th_2015821mn-335

新しい健康スタイルを一緒にみつけませんか?
お電話でご予約ください。
スタイル鍼灸整骨院

045-859-9959



トップページ
初めての方へ
患者さんの声
施術料金

次の5件 >>